About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
アドビ システムズ 株式会社が
デジタルフォトおよびデジタルイメージングの新境地を開く
Adobe Photoshop CS2 日本語版を発表


新機能Vanishing Point(バニッシング ポイント)やCamera Rawワークフローの大幅な機能強化、 カスタマイズ可能なメニュー、スマートオブジェクトのサポートなど、
画期的なアップグレードを実現

【2005年6月7日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 幹)は本日、デジタル画像編集のプロフェッショナルスタンダードであるAdobe® Photoshop®の最新版「Adobe Photoshop CS2 日本語版」を発表しました。同製品は、単体のソフトウェアとして、また同日発表のAdobe Creative Suite 2 日本語版(詳細はAdobe Creative Suite 2 日本語版発表プレスリリースをご参照ください)の主要構成製品としても提供され、デジタルフォトおよびクリエイティブ制作のプロセス全体に、新しい次元の高い処理能力、緻密さ、そして制御性をもたらします。

Adobe Photoshop CS2 日本語版はMacintosh®版およびWindows®版ともに、2005年7月上旬より、アドビストア(http://www.adobe.co.jp/store/)および全国のアドビ製品取扱い会社を通じて購入することができます。アドビストアでは、Adobe Photoshop CS2 日本語版の予約受付を本日より開始します。 また、アドビストアでのダウンロード販売も7月上旬から開始予定です。

アドビストア提供価格(税込み、送料別)
Adobe Photoshop CS2 日本語版 (Macintosh版/Windows版)

■ 通常版 92,400円 (本体価格 88,000円)
■ アップグレード版※ 26,250円 (本体価格 25,000円)
■ アカデミック版 41,790円 (本体価格 39,800円)
※ アップグレード版購入対象者は、Adobe Photoshop 日本語版登録ユーザであり、Adobe Photoshop LE、 Photoshop Elements®、Photoshop Album®のユーザは対象外となります。

なお、大規模な導入をお考えの方にお得なアドビライセンスプログラムをご用意しております。詳細はwww.adobe.co.jp/aooをご参照ください。

また、アドビ システムズ 株式会社は写真、デザイナ、クリエイター、および映像分野のプロフェッショナル向けイベント「Adobe Photoshop World」を2005年11月9日(水)‾ 10日(木)に品川プリンスホテル メインバンケットにて開催します。同イベントは、Adobe Photoshopのユーザに、同製品の先進的な活用方法を、国内外のスピーカーによるセッションを通して共有することを目的としています。米国および欧州で開催されているユーザイベントと同等の内容が披露される予定です。アドビ システムズ 株式会社は、同イベントが、ユーザのスキルアップに役立つ情報共有の場であることに加え、ユーザ同士の交流の場となることを期待しており、今後も定期的に開催していく予定です。

アドビ システムズ社 デジタルイメージングおよびビデオ製品担当上級副社長 ブライアン ラムキン(Bryan Lamkin)は次のように述べています。「Adobe Photoshop CS2の強力な機能は、よりシンプルなワークフローを実現し、フォトグラファーやクリエイティブ プロフェッショナルがすばらしいイメージを自由に生み出す環境を提供します。デジタル一眼レフの出荷台数は、全世界で今年中に400万台に達すると予想されており、さらに多くのフォトグラファーが、デジタル暗室としてAdobe Photoshop CS2を活用していただけるものと期待しています」

デジタル フォトグラファーやグラフィックおよび
ビデオ分野のプロフェッショナル向けの先進ツール

Adobe Photoshop CS2は、汚れ、赤目、ノイズ、ぶれやレンズによるゆがみなどの、様々な写真によく見られる問題を処理する高度な機能と、直感的な操作性を兼ね備えたツールを数多く取り揃えました。画質を損なうことなく、画像やベクトルイラストレーションの拡大・縮小・変形ができるスマートオブジェクトもサポートしています。

映画や放送、ビデオ分野のプロフェッショナルからの要望を受け、Adobe Photoshop CS2では、3Dレンダリングや高度な画像合成に適した32bit HDR(ハイダイナミックレンジ)の非圧縮画像の制作および編集をサポートしました。新たに直接出力できる機能が搭載され、IEEE1394(FireWire、iLink)経由でテレビモニターでプレビューを確認することができるようになりました。

Adobe Photoshop CS2のVanishing Point(バニッシング ポイント)や画像のワープといった新しいツールを使って、ユーザは創造性の限界を試すことができます。Vanishing Pointは、遠近感を保ったまま、オブジェクト画像の複製、ペイント、変形が可能で、従来必要とされていた手間ばかりかかるグラフィックや写真のレタッチ作業の負荷が大幅に削減されます。画像のワープは製品パッケージ制作などのワークフローを一新するツールで、既に搭載されているプリセットを選択するかカスタムコントロールポイントをドラッグするだけで画像を折りたたんだり引き伸ばしたり、引っ張ったり、ひねりを加え、巻きつけたりして、望みの形状にすることができます。

イメージング ワークフローを加速するAdobe Bridgeと新しいCamera Raw機能
Adobe Photoshop CS2を使って、かつてないほど簡単にデジタル写真や画像を見つけて作業することができます。高い人気を誇るファイルブラウザは、Adobe Bridgeとしてその価値を高め、生産性を向上させ、イメージを膨らませ、ひらめきを得るためのハブとなります。マルチビューのファイルブラウジングとAdobe Creative Suite 2の構成製品すべてにわたってのスムーズな統合を提供します。Adobe BridgeからはAdobe Stock Photosにもアクセス可能です。これは新しいストックフォト提供サービスで、トップクラスのストックフォト プロバイダ5社が提供する、レイアウトやデザインで使用できる高画質のロイヤリティフリーの画像に一度にアクセスすることができます(詳細はAdobe Stock Photos発表プレスリリースをご参照ください)。 また、Adobe Photoshop CS2では、ソフトウェア内から直接オンラインフォトサービス「Adobe Photoshop Services(アドビ フォトショップ サービス)Powered by 百年プリント@コニカミノルタ」にアクセスすることができるため、例えばプロおよびハイアマチュア向けの高品質プリントなど、写真をはじめあらゆる制作物をオンラインでプリント注文を行うことができます。

新しいCamera Raw 3.0ワークフローでは、複数のRAWファイルの設定を同時に変更することができます。また、RAWファイルをJPEGやTIFF、DNG、PSDに変換するバッチ処理も、Adobe Photoshop自体を立ち上げることなく、バックグラウンドで行うことができるようになりました。画質を損なうことなく切り抜きや角度補正も可能で、簡単な操作でRAWファイルから最終出力の準備を行うことができます。

Adobe Photoshopには豊富なインタフェイスがありますが、特定の作業に必要な機能を簡単に探せるように、タスクベースのメニューのプリセットが用意されています。これはよく使う項目をハイライト表示にするなど、ユーザがプリセットをカスタマイズすることができる機能です。今回は新たに、ファイルの保存や印刷などのアクションに付随して自動的に実行される、イベントベースのスクリプティングや作業時間短縮を実現できるオペレーションをユーザ自身が定義することができるようになりました。ファイルに含まれる数多くのレイヤーを一度に選択し、操作できる複数レイヤーの管理機能も用意されており、編集を今まで以上に素早く行うことができます。

必要システム構成

Macintosh版

・ PowerPC® G3、G4、またはG5 プロセッサ ※
・ Mac OS® X v.10.2.8 ‾10.4 日本語版(10.3.4 ‾10.4を推奨)
・ 320 MB以上のRAM(384 MB以上を推奨)
・ 950 MB以上の空き容量のあるハードディスク(Adobe Photoshop CS2 のみ起動する場合。Adobe ImageReady® CS2、Adobe Bridgeを起動する場合、追加で450 MB以上の空き容量のあるハードディスク)
・ 1024 × 768 以上の解像度をサポートするディスプレイ
・ 16bit以上のカラー表示が可能なディスプレイ、ビデオカード
・ CD-ROMドライブ
・ プロダクトアクティベーション(ライセンス認証)のためにインターネット接続または電話回線
・ Adobe Stock Photosや付随するサービスのためにブロードバンドインターネット接続
※ PowerPC G5にはMac OS X 10.3以上が必要です

Windows版
・ インテル® Xeon™、Xeon Dual、Centrino™、Pentium® III または4クラスのプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ
・ Microsoft® Windows 2000(Service Pack 4)日本語版、またはWindows XP(Service Pack 1、2)日本語版
・ 320 MB以上のRAM(384 MB以上を推奨)
・ 700 MB以上の空き容量のあるハードディスク(Adobe Photoshop CS2のみ起動する場合。Adobe ImageReady CS2、Adobe Bridgeを起動する場合、追加で50 MB以上の空き容量のあるハード ディスク)
・ 1024× 768 以上の解像度をサポートするディスプレイ
・ 16bit以上のカラー表示が可能なディスプレイ、ビデオカード
・ CD-ROMドライブ
・ プロダクトアクティベーション(ライセンス認証)のためにインターネット接続または 電話回線
・ Adobe Stock Photosや付随するサービスのためにブロードバンドインターネット接続

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、効果的で信頼性の高いデジタルコンテンツを製作、管理、配信するためのソフトウェア ソリューションを提供する世界有数の企業です。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.co.jp/でご覧いただけます。