About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
アドビ システムズ、
手軽に写真編集と個性的な作品づくりができる
Adobe Photoshop Elements 5.0を発表

すぐれた販売実績を誇るパーソナルユーザ向け画像編集ソフトウェア
写真の楽しみ方をひろげるクリエイティブな見せ方が可能に

【2006年9月12日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ギャレット イルグ(Garrett J. Ilg))は、パーソナルユーザ向け画像編集ソフトウェアの最新版「Adobe® Photoshop® Elements® (アドビ フォトショップ エレメンツ)5.0」(Windows®版)の日本語版の提供が、2006年11月上旬からアドビストア(http://www.adobe.com/jp/store/)および全国のアドビ製品取り扱い企業を通じて開始されると発表しました。アドビストアでは本日より予約受付を開始します。

アドビストアでは、Adobe Photoshop Elements 5.0をいち早く活用していただくために、同日本語版 製品版およびアップグレード版を予約期間中にお申し込みいただき、ご購入いただいた方に、製品発売開始(11月上旬予定)と同時にインプレスジャパンから発売予定の「できるPhotoshop Elements 5.0 Windows版 特別版」(24ページ 4色:B5変型版)をプレゼントいたします。詳細は下記キャンペーンページをご参照ください。
http://www.adobe.com/jp/store/psepre/

Photoshop Elements 5.0は、Adobe Photoshop® CS2をベースとした編集機能とパーソナル向けの使いやすいインターフェイスを備え、画像の編集、管理、作品作りを楽しくプロ並みに行うことができるソフトウェアです。

Adobe Photoshop Elements 5.0の主な新機能

高度な写真編集機能
本来は高度な技術と経験が必要とされるカラー、ライティング、露光量などの調整や、補正についても、直感的な操作で、写真のクオリティを簡単に向上させることができます。

・カラーカーブの微調整
カラーカーブの補正機能を使うと、カラーや明るさ、コントラストの微調整を、スライダーを使って簡単に行うことができます。

・レンズ補正
カメラレンズの特性により写真の縁に生じる周辺光量の不足や、「樽型」、「糸巻き型」の歪曲を容易に補正することができます。

・多様なモノクロ写真効果
カラー写真を、表現力豊かなモノクロ写真に変化させることができます。

さらに楽しく写真を活用するための機能
写真を自由にアレンジし、インターネットでの公開から、写真集やカードの作成まで、さまざまな個性的な作品を、短時間で制作することができます。

・テーマ別レイアウト
プロがデザインしたテーマ別のレイアウトを利用することができるほか、レイアウトを自分の好みにカスタマイズすることが可能です。

・マルチページドキュメントの作成と保存
フォトアルバムやスクラップブックを作品メニューから作成すれば、複数ページにわたる「マルチページドキュメント」として、1つのファイルにまとめて保存することができます。

・豊富な写真フレームテンプレート
あらかじめ用意された100種以上のフレームを利用して、写真を演出することができます。フレームには、伝統的なものから、エレガントなもの、前衛的なデザインまで各種取り揃えられています。

・ドラッグ&ドロップで写真を簡単にレイアウト
レイアウトへの写真の取り込み、サイズ変更、移動などは全てドラッグ&ドロップで簡単に操作することができます。

・楽しいミニムービーを作成
フリップブック機能で複数の写真をクレイアニメ風に再生することができます。

・オンラインサービスにアクセス
Adobe Photoshop Servicesを利用することにより、写真や作品のWeb公開、写真のプリント注文を、すべてPhotoshop Elementsから実行できます。インタラクティブなAdobe Flash®をベースとしたフォトギャラリーを公開することができるオンラインシェアサービスAdobe Photoshop Showcaseを使えば、無料で写真を共有することができるほか、さらに高機能なサービスにアップグレードすることもできます。例えば、雪が降る冬の景色などアニメーションテンプレートを使った写真の演出、回転など写真を自由に動かしたり、オンライン上でスクラップブックとして公開することもできます。また、ワンクリックでピクチャリングオンラインのプリンティングサービス(http://onlinelab.jp/index.html)を利用し、新しい写真レイアウト機能を使って自分だけのフォトアルバムを制作、注文することもできます。

アドビ システムズ社は、パーソナルユーザ向けデジタルビデオ編集・DVD制作ソフトウェア「Adobe® Premiere® Elements®(アドビ プレミア エレメンツ)3.0」(Windows版)の日本語版、および「Adobe Photoshop Elements 5.0 plus Adobe Premiere Elements 3.0」(Windows版)の日本語版を同時発表しました。(同製品のリリースをご参照ください)

アドビ システムズ社は、16年の実績を持つPhotoshopのコアテクノロジーを採用した、さまざまなニーズに応じた製品ラインアップを提供することにより、ユーザに対しより品質の高い作品の制作や創造性の発揮を促し、デジタル写真やビデオのより高度な整理、加工、出力を実現する先進のテクノロジーと機能をもたらします。

製品の詳細については以下のWebサイトをご参照ください。

Adobe Photoshop Elements 5.0(Windows版)
http://www.adobe.com/jp/products/photoshopelwin/index.html

Adobe Premiere Elements 3.0(Windows版)
http://www.adobe.com/jp/products/premiereel/index.html

Adobe Photoshop Elements 5.0 plus Adobe Premiere Elements 3.0(Windows版)
http://www.adobe.com/jp/products/psprelements/index.html

アドビストア提供価格(送料別)
Adobe Photoshop Elements 5.0(Windows版)

■ 通常版 パッケージ製品   14,490円 (本体価格 13,800円)
■ 通常版 ダウンロード価格   9,600円  
■ 乗換え・アップグレード版 パッケージ製品   10,290円 (本体価格 9,800円)
■ 乗換え・アップグレード版 ダウンロード価格   6,600円  
■ アカデミック版   7,140円 (本体価格 6,800円)
       

※ 乗換え・アップグレード版の対象ユーザは、Photoshop® Album®、Photoshop Elements、
Photoshop LE、PhotoDeluxe、Paint Shop™ シリーズ、Corel®Draw®/Painter™、Microsoft® Digital Image Products、Paintgraphic®、PhotoImpact®、ACD®See™、蔵衛門シリーズ、
デジカメ de!! シリーズ、デジカメの達人、その他デジタル画像編集ソフト日本語版の正規登録ユーザ。

必要システム構成
Adobe Photoshop Elements 5.0(Windows版)

インテル® Pentium® 4、またはCentrino®クラスのプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ(1.3GHz以上を推奨)
Microsoft Windows® XP Home、Professional Edition日本語版、または Media Center Edition日本語版(Service Pack 2)
256 MB以上のRAM(512 MB以上を推奨)
1.5 GB以上の空き容量のあるハードディスク
16 bitのカラー表示が可能なディスプレイ、ビデオカード
1,024 × 768以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
CD-ROMドライブ
Microsoft DirectX 9対応のディスプレイドライバ

対応ファイルフォーマット
JPEG、TIFF、PSD、PDF、BMP、GIFおよびその他のファイルフォーマット

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザのアイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.com/jpに掲載されています。