About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
アドビ システムズ社、
ADOBE PHOTOSHOP LIGHTROOMを発表


新しいデジタルイメージング ソリューション、
50万人を超えるフォトグラファーの支援をうけて誕生


【2007年1月30日】


アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ギャレット イルグ(Garrett J. Ilg))は、新しいデジタルイメージング ソリューションである「ADOBE® PHOTOSHOP® LIGHTROOM® (アドビ フォトショップ ライトルーム)」(Windows®/Macintosh® ハイブリッド版)の日本語版の提供が、2007年3月23日(金)からアドビストア(http://www.adobe.com/jp/store/)および全国のアドビ製品取り扱い企業を通じて開始されると発表しました。アドビストアでは本日より予約受付を開始します。

PHOTOSHOP LIGHTROOMは大量のデジタル画像の読み込み、選択、現像、公開までを効率的に行うことを可能にします。これによりプロフェッショナル フォトグラファーは、コンピュータに使う時間を減らし、レンズを覗く時間を増やすことができます。過去12カ月間にわたって行われたパブリックベータ プログラムには50万人を超えるフォトグラファーが参加し、その結果、PHOTOSHOP LIGHTROOM にはデジタルフォトグラフィのワークフローをシームレスかつシンプルにする革新的な各種機能が搭載されています。フォトグラファー コミュニティの貢献に敬意を表し、アドビストアにおいて7月5日(木)まで、PHOTOSHOP LIGHTROOMを提供開始記念キャンペーン版として、23,100円(本体価格22,000円)で提供されます。その後の通常版のアドビストア提供価格は、33,600円(本体価格32,000円)になります。

アドビ システムズ社クリエイティブ ソリューション ビジネスユニット担当シニア バイス プレジデントのジョン ロイアコノ(John Loiacono)は「プロフェッショナル フォトグラファーがソフトウェアの開発に携わるということはとても珍しいことですが、我々はそれを実現できたことを大変嬉しく思います。画像の閲覧から評価、時間を節約する編集機能にいたるまで、フォトグラファーの皆様から支援をうけて開発しました。これはコラボレーションによる開発であり、貴重なフィードバックなどの、プロフェッショナル向けデジタルイメージング ソリューションの開発に協力いただいたフォトグラファーの皆様に、心から感謝しています」と述べています。

LIGHTROOMの特徴

PHOTOSHOP LIGHTROOMは、パブリックベータ4.1からさらに機能強化が行われており、スライドショー、プリント、Webのモジュールが改良されていると共に、それらを補完するライブラリモジュールと現像モジュールにも大幅な変更が追加されています。ライブラリモジュールにおいては、検索パネルを使えば、大量の写真からお気に入りの1枚を選び出すこともできるほか、写真の読み込みダイアログもファイルの取り扱いがさらに柔軟になり、効率的にファイル名の変更、フォルダへの配置先、非破壊画像処理としての現像設定などが自動的に行うことができます。新しく追加されたメタデータブラウザでは、重要な情報タグにすばやくアクセスできるとともに、カラーラベルやレーティングを使用して写真を選別することにより、写真を今までよりもさらに速く並べかえたり、探したりすることが可能です。現像モジュールでは、一連の編集作業をヒストリーパネルで記録し、スナップショットパネルで写真の編集状態を保存できるため、簡単に各写真の異なるバージョンを表示し、最適な画像を選ぶことができます。

そのほか、写真の色温度、露光量、トーンカーブ、ごみの除去などを、簡単かつ正確にコントロールすることができます。ここで加えた修正はメタデータによる指示セットとして保存され、オリジナルの写真データが変更されることはなくここでの修正作業は完全に非破壊的に行われます。

高品質のRAW処理

PHOTOSHOP LIGHTROOMは、最新のAdobe Camera Raw技術を採用しています。JPEGとTIFFはもちろん、RAWファイルについても140種類以上ものネイティブ フォーマットをサポートしており、RAW現像を1つのワークフローとして組み込んでいます。Nikon D40やD80、PENTAX K10Dといったデジタルカメラに対応しています。このため、最新カメラとLIGHTROOMを組みあわせて利用すれば、現在および将来にわたり、画像ファイルが正しく認識されます。画像ファイルを読み込む際は、ファイルのDigital Negative(DNG)フォーマットへの変換のほか、フォルダや日付によって名前やセグメントを変えることができます。DNGは、デジタルカメラで撮影されたRAWファイル用に新たに開発された、一般に公開された標準アーカイブ 形式であり、さまざまな機種のカメラで撮影されるRAWファイルのオープンスタンダードとして登場しました。DNGを使用することで、将来的にもRAWファイルを確実に読み取ることができるようになります。

米国の著名なソーシャルウェディングフォトグラファーであるデニス レジー(Denis Reggie)氏は、「LIGHTROOMはRAWファイルから様々な可能性を与えてくれます。編集結果を複製し、その結果を大量の同様な内容の写真に適用することをいとも簡単に行うことができます。フォトグラファーにとって、LIGHTROOMは見事に完成された製品であり、素晴らしい手段であるため、私のデジタルフォトグラフィーワークフローが完全にLIGHTROOMへ移行することになるでしょう」と述べています。

アドビストア提供価格(送料別)
ADOBE PHOTOSHOP LIGHTROOM 日本語版(Windows/Macintoshハイブリッド版)

■ 通常版   33,600円(本体価格32,000円)
■ 通常版ダウンロード価格   32,000円
■ 提供開始記念キャンペーン版   23,100円(本体価格22,000円)
■ 提供開始記念キャンペーン版 ダウンロード価格   22,000円
■ アカデミック版   11,340円(本体価格10,800円)

※ 提供開始記念キャンペーン版は製品提供予定日の3月23日(金)から7月5日(木)までの期間限定での提供となります。

必要システム構成
Macintosh
• PowerPC® G4、G5(1GHz以上)またはインテル Core™ Duoプロセッサ
• Mac OS X v.10.4 日本語版
• 768MB 以上の RAM(1GB 以上を推奨)
• 1GB 以上の空き容量のあるハードディスク
• 1,024 × 768 以上の解像度をサポートするディスプレイ
• CD-ROM ドライブ

Windows
• インテル® Pentium® 4 クラスのプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ
• Microsoft® Windows XP(Service Pack 2)日本語版
• 768MB 以上の RAM(1GB 以上を推奨)
• 1GB 以上の空き容量のあるハードディスク
• 1,024 × 768 以上の解像度をサポートするディスプレイ
• CD-ROM ドライブ

なお、PHOTOSHOP LIGHTROOMの発表に伴い、米国でのパブリックベータプログラムは正式に終了する予定です。英語版のLIGHTROOMパブリックベータ版をお使いのユーザは、プログラムが終了する2007年2月28日(水)(米国時間)まで利用することができます。なお、日本でのパブリックベータは、製品版の体験版が公開されるまで、アドビのWebサイトよりダウンロードが可能です。

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザの、アイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.com/jpに掲載されています。