About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release
アドビ システムズ社、
2種類のADOBE PHOTOSHOP CS3の提供を発表


PHOTOSHOP CS3とPHOTOSHOP CS3 EXTENDEDが
デジタルイメージングの限界を拡大


【2007年5月8日】


アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ギャレット イルグ(Garrett J. Ilg))は本日、プロフェッショナル向けデジタル画像処理のソリューションとして「Adobe® Photoshop® CS3(アドビ フォトショップ CS3)」(Windows®版/Macintosh®版)および「Adobe Photoshop CS3 Extended(アドビ フォトショップ CS3 エクステンデッド)」(Windows版/Macintosh版)の2種類のPhotoshopの提供が、2007年6月下旬から、アドビストア(http://www.adobe.com/jp/store/)および全国のアドビ製品取り扱い企業を通じて開始されると発表しました。アドビストアでは本日より予約受付を開始します。

Photoshop CS3はメジャーアップグレードであり、デザイナやフォトグラファーの編集作業と生産性に新たな革新性をもたらします。また、Photoshopファミリー製品群には新しくPhotoshop CS3 Extendedが加わったことにより、画像に関わるすべてのプロフェッショナルはデジタルイメージングの新たな局面で、Photoshop CS3のすべての機能を活用できると共に、3D、モーショングラフィック、画像測定、および分析のための画期的なツールを利用できます。Photoshop CS3 Extendedはデジタル画像処理の境界を拡げ、建築、エンジニアリング、医療および科学分野のプロフェッショナルのためのワークフローを簡素化します。

Photoshop CS3とPhotoshop CS3 Extendedはそれぞれ独立したアプリケーションおよびアドビ システムズ社が同じく本日発表したAdobe Creative Suite® 3(別途リリース参照)の構成製品として提供されます。これらのソフトウェアはPowerPC®とインテル®プロセッサ搭載Macintoshを対象としたユニバーサルバイナリ対応アプリケーションとして提供されるほか、Microsoft® Windows XPとWindows Vista™の両方もサポートします。両製品は、最新のMacintoshおよびWindows上で優れた性能を発揮するように最適化されています。

アドビ システムズ社 プラットフォーム事業部担当シニア バイスプレジデント兼チーフ ソフトウェア アーキテクトであるケビン リンチ(Kevin Lynch)は「今年は当社がPhotoshopの新境地を開いた年といえるでしょう。新製品によって、デザイナやフォトグラファーの可能性をひろげるとともに、新しく搭載された強力な機能もクリエイターが準拠すべき業界標準技術を基盤としています。Photoshop CS3とPhotoshop CS3 Extendedは新しいタイプのクロスメディア分野のクリエイターを対象としているほか、建築家、科学者、医師などの業務をさらに広げるために提供されています」と述べています。

デザイナやデジタルフォトグラファー向けのPhotoshop CS3新機能

Photoshop CS3のベータテストを通じて、本製品がデザイナやフォトグラファーにとって不可欠のツールになることが確認されました。最先端のコンポジショニング作成のための新しい機能を使用すれば、デザイナは複数のPhotoshopレイヤーや画像の内容の類似性に基づいてそれらを整列させることができます。これによって複数のレイヤーの詳細情報を迅速に分析したり、移動、回転、またはワープによりレイヤーを完全に揃えることが可能です。またレイヤー合成機能では色や明暗をスムーズにブレンドすることが可能となるため最適な結果を得ることができます。

最新バージョンのCamera Rawは150種類を超えるRAWフォーマット、JPEG、およびTIFFファイルをサポートし、Adobe Photoshop Lightroom®との互換性を持ち、また補助光効果やごみの除去などの新しい機能が搭載さているためフォトグラファーは、RAW画像をさらに高速に、かつ優れた品質を維持したまま変換処理を行うことができます。

Photoshop CS3 Extendedでは画像分析、3D、およびモーションをサポート

Photoshop CS3 ExtendedにはPhotoshop CS3のすべての機能が搭載されているほか、3Dおよび映像制作のワークフロー、アニメーション、および高度な画像分析に対応しています。汎用性の高い3Dフォーマットがサポートされているため、クリエイターは3Dモデル上でテクスチャ編集を行ったり、表現豊かな3Dコンテンツを2Dコンポジションに組み込むことができます。強化されたVanishing Point(バニッシングポイント)を使用すれば、パース内でのオブジェクトの測定やVanishing Pointを3Dモデルに書き出すことができます。映像制作のポストプロダクション分野のユーザ向けにはビデオファイルをフレームごとに編集することができるビデオフォーマットとレイヤーのサポートが追加されました。作成したビデオはFlash®を含む多様なフォーマットに書き出すことができます。さらに、製造業や医療などの業界向けの機能として、計測ツールは画像内のさまざまなオブジェクトを測定し、スケールマーカーはどの画像にもスケールグラフィックを追加することができるほか、カウントツールは画像内のオブジェクトの個数をクリックしながら数えることができます。

Electronic Arts Sports社 シニアエンバイアロンメントアーティストであるマイケル カサリーノ(Michael Casalino)氏は「市場に出回っているビデオゲームの98%はPhotoshopで作成されていると見込まれます。Photoshop CS3とPhotoshop CS3 Extendedは、3Dコンテンツを画像編集ワークフローにシームレスに組み込むことのできるなど、新しい3D編集ツールが搭載されたことにより、クリエイターにとってますます不可欠なソフトウェアになるでしょう」と述べています。

Photoshop CS3とAdobe Creative Suite 3に新しく加わったAdobe Device Central CS3(別途リリース参照)は、モバイル機器向けのコンテンツを開発するクリエイターの生産性を向上します。

Adobe Photoshopファミリー製品

アドビ システムズ社ではデジタルイメージングに関する幅広いニーズに対応し、それぞれに最適なPhotoshopを提供しています。Photoshop CS3とPhotoshop CS3 ExtendedはPhotoshopファミリー製品の中心となる製品です。この製品ラインアップにはプロフェッショナル フォトグラファーに強力かつ効率的なデジタルイメージングソリューションを提供するAdobe Photoshop Lightroomや、写真愛好家が写真の編集と共有を行うことができるAdobe Photoshop Elements®、デジタル写真の初心者のニーズに合ったAdobe Photoshop Album Mini(無償ダウンロード版)が含まれます。

アドビストア提供価格(送料別)
ADOBE PHOTOSHOP CS3日本語版(Windows版/Macintosh版)

■ 通常版   100,000円 (本体価格 95,239円)
■ アップグレード版※1   26,000円 (本体価格 24,762円)
■ 特別提供版※2   85,000円 (本体価格 80,953円)

※1 アップグレード版の対象ユーザは、Adobe Photoshop 7.0/CS/CS2日本語版の正規登録ユーザ
※2 特別提供版の対象ユーザは、Adobe Photoshop Elements日本語版のパッケージ版の正規登録ユーザ


ADOBE PHOTOSHOP CS3 EXTENDED日本語版(Windows版/Macintosh版)
■ 通常版   140,800円 (本体価格134,096円)
■ アップグレード版※1   48,000円 (本体価格 45,715円)
■ アカデミック版   41,800円 (本体価格 39,810円)
■ 特別提供版※2   127,000円 (本体価格 120,953円)

※1 アップグレード版の対象ユーザは、Adobe Photoshop 7.0/CS/CS2日本語版の正規登録ユーザ
※2 特別提供版の対象ユーザは、Adobe Photoshop Elements日本語版のパッケージ版の正規登録ユーザ


必要システム構成
Macintosh版
・ PowerPC G4、G5、またはインテル プロセッサ
・ Mac OS® X v.10.4.8日本語版
・ 512MB 以上の RAM(1GB以上を推奨)
・ 64MB 以上の VRAM
・ 2GB 以上の空き容量のあるハードディスク(インストール時には追加の空き容量が必要)
・ 1,024 x 768 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
・ DVD-ROM ドライブ
・ マルチメディア機能を利用するために QuickTime® 7.1 日本語版
・ プロダクトアクティベーション(ライセンス認証)のためにインターネット接続または電話回線
・ Adobe Stock Photos※3や付随するサービスのためにブロードバンドインターネット接続

Windows版
・ インテル Pentium® 4、インテル Centrino®、インテル Xeon®、またはインテル Core™ Duoクラスのプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ
・ Microsoft Windows XP(Service Pack 2)日本語版、または Windows Vista Home Premium、Business、Ultimate 日本語版
・ 512MB 以上の RAM(1GB以上を推奨)
・ 64MB 以上の VRAM
・ 1GB 以上の空き容量のあるハードディスク(インストール時には追加の空き容量が必要)
・ 1,024 x 768 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
・ DVD-ROM ドライブ
・ マルチメディア機能を利用するためにQuickTime 7.1 日本語版
・ プロダクトアクティベーション(ライセンス認証)のためにインターネット接続または 電話回線
・ Adobe Stock Photos※3や付随するサービスのためにブロードバンドインターネット接続

※3 Adobe Stock Photos、Acrobat® Connect™など各種オンラインサービスは、国、地域、言語、通貨に
より限定されている場合があります。サービスのご利用可能状況は、変更されることがあります。オンラインサービスのご利用には、別の契約条件が適用され、別途料金がかかる場合があります。詳しくは、http://www.adobe.com/jp をご覧ください。ユーザガイド(Adobe PDF形式)は製品版に同梱されていますが、印刷されたユーザガイドは別売になります。


アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザの、アイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.com/jpに掲載されています。