About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release

アドビ システムズ、 ADOBE PHOTOSHOP ELEMENTS 7を発表

使いやすさとAdobe Photoshopの編集機能を組み合わせた パーソナルユーザー向け写真編集ソフトウェアの新バージョン

【2008年8月26日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ギャレット イルグ(Garrett J. Ilg))は、パーソナルユーザー向け画像編集ソフトウェアの最新版「ADOBE® PHOTOSHOP® ELEMENTS®(アドビ フォトショップ エレメンツ)7」(Windows® 版)の日本語版の提供が、2008年10月中旬からアドビストアおよび全国のアドビ製品取り扱い企業を通じて開始されると発表しました。アドビストアでは本日より、全製品送料無料にて予約受付を開始します。

アドビストアやキャンペーン参加オンラインストア各社では、ADOBE PHOTOSHOP ELEMENTS 7、ADOBE® PREMIERE® ELEMENTS® 7(別途リリース参照)、これらのソフトウェアが1つのパッケージになったADOBE PHOTOSHOP ELEMENTS 7 & ADOBE PREMIERE ELEMENTS 7の製品版、乗換え・アップグレード版をご予約の上ご購入いただいた方の中から先着で合計3,000名様にアドビ特製レンズクリーニングペーパーをプレゼントするほか、抽選で50名様にアドビロゴ入りキューブ型ウッドスピーカーをプレゼントする「新製品発表記念キャンペーン」を8月26日(火)から10月9日(木)まで実施します。詳細は下記キャンペーンサイトをご参照ください。
http://www.adobe.com/jp/special/pepe7/

※その他、高級レストランで父親が料理を家族に振舞う「体験」や、乗馬1日「体験」などをプレゼントするキャンペーン「体験!魅せフォト、魅せビデオ」、および「年賀状キャンペーン」などの情報も上記サイトに掲載する予定です。

Photoshop Elements 7は、プロフェッショナル向けデジタル画像処理・加工を行うソフトウェアであるAdobe Photoshopの編集機能を活用し、写真をすばやく整理、補正、編集し、質の高い作品を他の人と披露することを可能にします。

アドビ システムズ社 コンシューマーおよびホステッドソリューション担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャのダグ マック(Doug Mack)は「Photoshop Elements 7を利用すれば、ユーザーは、自分自身の経験や感動をさらに効果的に表現することができるようになります。Photoshop Elements 7は編集機能と使いやすさの両方を実現しているため、初心者でも優れた作品を作り出すことができます」と述べています。

パワフルかつ直観的な編集テクニックにより完璧な写真を作成
Photoshop Elements 7では多数のテンプレートを利用することで、記憶に残る写真を効果的に作成することができます。画期的なPhotomerge™技術に基づいて開発され、今回搭載されたScene Cleaner機能は、旅行先で撮った写真に映り込んだ観光客など、不要な要素を簡単にブラシで消すことによって驚きの作品を作り上げます。同じく新機能のスマートブラシツールは、写真の特定の部位をなぞるだけでプロのテクニックを駆使した効果を加えることができ、光の補正や色表現、描画効果などを適用することができます。歯を白くしたり青空を明るくしたりするような一般的な編集作業は、クイック補正を利用すれば瞬時に行なうことができます。またAdobe Flash®技術に基づいて開発されたオンラインアルバムにより、これまで以上に豊かな表現を実現することができました。

Adobe Photoshopファミリー製品
アドビ システムズ社ではデジタルイメージングに関する幅広いニーズに対応し、それぞれに最適なPhotoshopを提供しています。Adobe Photoshop® CS3とAdobe Photoshop CS3 Extendedは、Photoshopファミリー製品の中心となる製品です。この製品ラインアップにはプロフェッショナル フォトグラファーに強力かつ効率的なデジタルイメージングソリューションを提供するAdobe Photoshop Lightroom®や、写真愛好家が写真の編集と共有を簡単に行うことができるAdobe Photoshop Elements、オンラインで写真を編集、共有する、スナップ写真中心のアマチュア フォトグラファー向けのAdobe Photoshop Express(英語版、ベータ版)が含まれます。

製品の詳細については以下のWebサイトをご参照ください。

アドビストア価格(税込、送料別)

ADOBE PHOTOSHOP ELEMENTS 7 日本語版(Windows版)

■ 通常版パッケージ製品 14,490円 (本体価格13,800円)
■ 通常版ダウンロード価格 13,800円
■ 乗換え・アップグレード版※1パッケージ製品 10,290円 (本体価格9,800円)
■ 乗換え・アップグレード版※1ダウンロード価格 9,800円
■ アカデミック版 7,140円 (本体価格6,800円)

※1 乗換え・アップグレード版の対象ユーザーは、Photoshop® Album®、Photoshop Elements、Photoshop LE、PhotoDeluxe、Corel PaintShop シリーズ、Corel®Draw®/Painter™、Microsoft® Digital Image Products、Paintgraphic®、PhotoImpact®、ACD®See™、蔵衛門シリーズ、デジカメ de!! シリーズ、デジカメの達人、その他デジタル画像編集ソフト日本語版の正規登録ユーザー。

ADOBE PREMIERE ELEMENTS 7 日本語版(Windows版)

■ 通常版 14,490円(本体価格13,800円)
■ 乗換え・アップグレード版※2 10,290円(本体価格9,800円)
■ アカデミック版 7,140円 (本体価格6,800円)

※2 乗換え・アップグレード版の対象ユーザーは、Premiere LE、Premiere Elements、Ulead VideoStudio®、PowerDirector™、PowerProducer™、その他デジタルビデオ編集ソフト日本語版の正規登録ユーザー。

ADOBE PHOTOSHOP ELEMENTS 7 & ADOBE PREMIERE ELEMENTS 7(Windows版)

■ 通常版 20,790円 (本体価格 19,800円)
■ 乗換え・アップグレード版※3 15,540円(本体価格 14,800円)
■ アカデミック版 10,290円 (本体価格 9,800円)

※3 乗換え・アップグレード版の対象ユーザーは、上記※1および※2にあげた全ての製品の正規登録ユーザーおよびPhotoshop Elements & Premiere Elements の日本語版正規登録ユーザー。


必要システム構成

ADOBE PHOTOSHOP ELEMENTS 7 日本語版(Windows版)

  • 2GHzクラスのプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ
  • Microsoft® Windows XP (Service Pack 2または3)日本語版、またはWindows Vista™日本語版
  • 1GB 以上のRAM
  • 1.5 GB 以上の空き容量のあるハードディスク
  • 16bit 以上のカラー表示が可能なディスプレイ、ビデオカード
  • 1,024×768 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
  • Microsoft DirectX 9 互換のディスプレイドライバ
  • CD-ROM ドライブ
  • オンラインユーザガイドの使用、Camera Rawプラグインのアップデートなどのインターネットベースのサービスの利用のために、インターネットへの接続と、Microsoft Internet Explorer 6 または7、およびMozilla Firefox 1.5 から2.x が必要

ご注意:

  • 上記必要システム構成は、本製品をインストールするための最低必要なシステム要件です。お使いのオペレーティング システムや環境などにより異なる場合がありますのでご注意ください。
  • 製品に関する注意事項や制限事項については、http://www.adobe.com/jpのホームページを必ずご覧ください。

ADOBE PREMIERE ELEMENTS 7 日本語版(Windows版)

  • SSE2 をサポートする1.8GHz 以上のプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ(HDVまたはBlu-ray には3GHz 以上のプロセッサ、AVCHD にはデュアルコアプロセッサが必要)
  • Microsoft Windows XP(Service Pack 2)日本語版、Windows Media Center 日本語版、またはWindows Vista ™日本語版
  • Windows XP の場合:512MB 以上のRAM(HDV、AVCHD、またはBlu-ray 用には2GB以上)
  • Windows Vista の場合:1GB 以上のRAM(HDV、AVCHD、またはBlu-ray 用には2GB以上)
  • 4.5 GB 以上の空き容量のあるハードディスク
  • 16bit 以上のカラー表示が可能なディスプレイ、ビデオカード
  • 1,024×768 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
  • Microsoft DirectX 9 または10 互換のサウンドドライバおよびディスプレイドライバ
  • DVD-ROM ドライブ(DVD に書き出す場合は対応DVD ライター、Blu-ray ディスクに書き出す場合にはBlu-ray ライターが必要)
  • Digital 8、DV、またはHDV ビデオカメラに接続するためのDV/i.LINK/FireWire/IEEE1394インターフェイス、またはDVUSB 互換のDV ビデオカメラに接続するためのインターフェイス(Media Downloader を使用する場合は対応する他のビデオ機器)
  • QuickTime® 7 日本語版
  • Web機能などを使用するには、インターネットの接続が必要
  • 一部のファイル形式(DVD、Blu-ray、MPEG-2、MPEG-4、H.264、Dolbyデジタルステレオなど)の読み込み/書き出しには、インターネット経由でライセンス認証を行う必要があります。ライセンス認証は、短時間で簡単に完了する無料の手続きです。3GP、3GP2、およびMPEG-4の読み込み/書き出しには、QuickTime日本語版が必要です。

ご注意:

  • 上記必要システム構成は、本製品をインストールするための最低必要なシステム要件です。お使いのオペレーティング システムや環境などにより異なる場合がありますのでご注意ください。
  • 製品に関する注意事項や制限事項については、http://www.adobe.com/jpのホームページを必ずご覧ください。

■ アドビ システムズについて

アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザのアイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.com/jp に掲載されています。