About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release

アドビ システムズ社、 ADOBE PHOTOSHOP CS4とADOBE PHOTOSHOP CS4 EXTENDEDを発表

強力な編集機能とクリエイティブな3Dツールを搭載したメジャーバージョンアップ

【2008年11月11日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:クレイグ ティーゲル、以下アドビ システムズ)は本日、「ADOBE® PHOTOSHOP® CS4(アドビ フォトショップ CS4)」(Windows®版/Macintosh®版)および「ADOBE PHOTOSHOP CS4 EXTENDED(アドビ フォトショップ CS4 エクステンデッド)」(Windows版/Macintosh版) の提供が、2008年12月中旬から、アドビストアおよび全国のアドビ製品取り扱い企業を通じて開始されると発表しました。アドビストアでは本日より予約受付を開始します。

業界標準のプロフェッショナル向けデジタル画像処理ソリューションであるPhotoshop CS4は、包括的なクリエイティブ機能の強化と円滑な操作性で、効率よく作業を進めることができます。最新のハードウェアのパワーを生かして画像処理の可能性を広げ、色調補正やマスキングなどの基本処理を迅速かつ柔軟に実行できます。また、Photoshop CS4 Extendedは、Photoshop CS4のすべての機能に加えて、高度なモーショングラフィック、大幅に強化された3D処理、正確な画像分析など、様々な拡張機能を備えています。Adobe Photoshop CS4とPhotoshop CS4 Extendedには、インテル®ベースおよびPowerPC®ベースのプロセッサに対応したMac OS® X版と、Microsoft® Windows XPおよびWindows Vista®に対応したWindows版があります。

Photoshop CS4およびPhotoshop CS4 Extendedは、単体製品として提供されるほか、Adobe Creative Suite® 4ファミリーの主要構成製品として提供されます。

アドビ システムズ社 デジタルイメージング プロフェッショナル製品部門プロダクトマネジメント担当バイス プレジデントであるケビン コナー(Kevin Connor)は、「Photoshopは、常に先進の機能を取り入れ、デジタル画像処理の可能性を拡大してきました。今回の最新バージョンも例外ではありません。毎日の画像処理作業を簡単かつ迅速に進め、思いのままにコントロールできるようにしたいというユーザーの要望を、最先端の画像処理技術で実現しています。Photoshop CS4は、プロフェッショナル、技術系ユーザー、ホームユーザーに広く利用されているワークフローをさらに円滑化することができます。アドビ システムズはPhotoshop CS4を通じてデジタル画像処理ソフトウェアの決定版となるスタンダードソリューションを提供します」と述べています。

包括的なクリエイティブ機能の強化と円滑な操作性
Photoshop CS4はコンテンツ作成をする上でこれまで不可能だったことを可能にする製品です。例えば、革新的な技術を用いた、新しいコンテンツ認識型の拡大縮小機能では、画像のサイズや縮尺の変更をマウスのドラッグだけで、変更したくない部分以外を自動的に拡大縮小することができます。また、強化されたレイヤーの自動整列と自動合成機能および360°パノラマ合成機能を使えば、被写界深度を拡大した画像を自動的に生成し、トーンやカラーに違和感のない360°のパノラマ画像を簡単に作成できます。

Adobe Bridge CS4は、画像ファイルの検索、プレビュー、管理の利便性を格段に向上できる強力なファイルブラウザです。起動してすぐに、Photoshop CS4で画像をすばやく開くことができます。ウィンドウの上部には、パスバーを使ったナビゲーションやワークスペースの選択ボタンが新たに加わり、目的の作業に応じて迅速に表示を切り替えられるようになりました。また、アイコンから操作できるカメラからの写真取り込み、視覚的なフォルダナビゲーション、大規模な画像グループの中からすばやく選択を行うためのレビューモードなどの機能も追加されました。

また、Photoshop CS4は、最新のGPU(グラフィックス プロセッシング ユニット)のパワーを生かし、圧倒的なパフォーマンスを実現します。滑らかなパンやズームを活用して、最も拡大した状態で画像を簡単に編集し、明瞭度も維持できます。画期的な新機能の「カンバスの回転」では、画像を非破壊で回転させ、任意の角度で作業を進められます。さらに、統一したアプリケーションフレーム、タブベースのインターフェイス、ドキュメントレイアウトの自動調整機能を持つパネルなど、煩雑になりがちな作業領域を簡素化し、高度なツールをすばやく使いこなして、アプリケーションを円滑に操作できます。

強力な3D機能を搭載
Photoshop CS4 Extendedには、Photoshop CS4のすべての新機能に加えて、3Dモデルを含む画像をこれまで以上に簡単に扱える機能が搭載されました。3Dモデルの表面に直接ペイントする機能、3Dモデルに写真などの2Dファイルを統合する機能、3Dオブジェクトをアニメーション化する機能など、様々な新機能を活用することで、ユーザーの創造性を余すところなく発揮できます。一から設計し直した3Dエンジンの搭載によりパフォーマンスも向上し、照明効果などのプロパティ編集が可能です。新しい高品質なレイトレーシング機能が搭載されたことで、レンダリングのリアリティ感も高まりました。ビデオ関連では、任意の3Dオブジェクトをビデオ表示に切り替えて、3Dオブジェクトやプロパティを簡単にアニメーション化することができます。また、単一キーのショートカットによって、基本的なモーショングラフィック編集の作業効率も向上しています。

トレーニング、シミュレーション、エンターテインメント市場向けのリアルタイムCG(コンピュータグラフィックス)アプリケーションの分野のリーディングカンパニーであるAechelon Technology社 データベースおよびモデリング担当エグゼクティブ バイス プレジデントであるルイ バルセナ(Luis Barcena)氏は、「Adobe Photoshop CS4 Extendedでは、3Dペイント機能が強化されています。3DのフライトシミュレーションモデルをPhotoshop上で直接ペイントでき、他の3Dペイント用ソフトウェアを使わずに済むため、作業にかかる貴重な時間を短縮できます。さらに、局所的な色調補正が可能なことから、複数の気候の画像を用いて、シミュレーション環境や地形データベースの色調補正やカラーバランスの変更を簡単に行えます。真に迫る圧倒的なリアリティを作り上げることができます」と述べています。

Photoshop CS4 Extendedでは、新たな用途への可能性も拡大しています。たとえば、医療業界向けの機能として、複数の医療用画像データ(DICOM)をひとつのファイルの中でレイヤーとして読み込んだものをボリュームレンダリングすることで、すべての角度から表示できる立体的なボリュームにまとめることができます。

進化と発展を続けるAdobe Photoshopファミリー製品
2008年は、Photoshopファミリー製品に数々の新製品が登場し、既存の全製品がバージョンアップしました。2008年1月にAdobe® Photoshop® Elements® 6 Macintosh版を発表しました。続いて春先にはPhotoshopファミリー製品の新たな方向性を打ち出すこととなったPhotoshop Expressを公開し、アドビ製品の中で初めて、無償のRIA(Rich Internet Application)として、誰でもデジタル写真をオンライン上で保存、整理、公開し、多彩な視覚的効果を加えることができるようになりました。7月には、プロフォトグラファー向け製品のメジャーバージョンアップ版となるAdobe Photoshop Lightroom® 2を発表。さらに、アマチュアカメラマン向けのPhotoshop Elements 7とAdobe® Premiere® Elements® 7の発表を経て、今回、プロフェッショナル向けのAdobe Photoshop CS4とAdobe Photoshop CS4 Extendedの発表にいたりました。

アドビストア提供価格(送料別)

ADOBE PHOTOSHOP CS4日本語版(Windows版/Macintosh版)
■通常版 99,750円 (本体価格 95,000円)
■アップグレード版※1 26,250円 (本体価格 25,000円)
■特別提供版※2 86,310円 (本体価格 82,200円)
※1 アップグレード版の対象ユーザーは、Adobe Photoshop CS/CS2/CS3日本語版、Video Collectionに含まれるAdobe Photoshop CS/CS2日本語版の正規登録ユーザー
※2 特別提供版の対象ユーザーは、Adobe Photoshop Elements(Windows版は4.0/5.0/6/7、Macintosh版は3.0/4.0/6)日本語版の正規登録ユーザー(アドビストアのみの取り扱い)

ADOBE PHOTOSHOP CS4 EXTENDED日本語版(Windows版/Macintosh版)
■通常版 140,700円 (本体価格134,000円)
■アップグレード版※3 48,300円 (本体価格 46,000円)
■アカデミック版 41,790円 (本体価格 39,800円)
■特別提供版※4 48,300円 (本体価格 46,000円)
■特別提供版※5 127,260円 (本体価格121,200円)
※3 アップグレード版の対象ユーザーは、Adobe Photoshop CS3 Extended日本語版の正規登録ユーザー
※4 特別提供版の対象ユーザーは、Adobe Photoshop CS/CS2/CS3/CS4*日本語版、Video Collectionに含まれるAdobe Photoshop CS/CS2日本語版の正規登録ユーザー(*Adobe Photoshop CS4日本語版からは、 アドビカスタマーサービスのみの取り扱い) 
※5 特別提供版の対象ユーザーは、Adobe Photoshop Elements(Windows版は4.0/5.0/6/7、Macintosh版は3.0/4.0/6)日本語版の正規登録ユーザー(アドビストアのみの取り扱い) 

必要システム構成
Macintosh版

  • PowerPC® G5、またはインテル® マルチコアプロセッサ
  • Mac OS X v10.4.11-10.5.4日本語版
  • 512MB以上のRAM(1GB以上を推奨)
    ※Photoshop CS4 Extendedの3D機能では1GB以上のRAMが必要
  • 2GB以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要
    (大文字と小文字が区別されるファイルシステムを使用している場合や、フラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • 1,024×768以上の画面解像度をサポートするディスプレイ(1,280×800以上を推奨)、および16-bit以上のビデオカード
  • GPUを利用する一部の機能ではShader Model 3.0とOpenGL 2.0対応のグラフィックカードが必要
  • DVD-ROMドライブ
  • マルチメディア機能を利用するためにQuickTime 7.2日本語版
  • 付随するサービスのためにブロードバンドインターネット接続

Windows版

  • 1.8GHz以上のプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ
  • Microsoft® Windows® XP(Service Pack 2)日本語版(Service Pack 3を推奨)、またはWindows Vista® Home Premium、Business、Ultimate、Enterprise(Service Pack 1)日本語版(Windows XP 32-bit版およびWindows Vista 32-bit版/64-bit版に対応)
  • 512MB以上のRAM(1GB以上を推奨)
    ※Photoshop CS4 Extendedの3D機能では1GB以上のRAMが必要
  • 2GB以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要 (フラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • 1,024×768以上の画面解像度をサポートするディスプレイ(1,280×800以上を推奨)、および16-bit以上のビデオカード
  • GPUを利用する一部の機能ではShader Model 3.0とOpenGL 2.0対応のグラフィックカードが必要
  • DVD-ROMドライブ
  • マルチメディア機能を利用するためにQuickTime 7.2日本語版
  • 付随するサービスのためにブロードバンドインターネット接続

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザーの、アイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.com/jpに掲載されています。