About Adobe Press Room Press Releases
For Immediate Release

アドビ システムズ社、ADOBE CREATIVE SUITE 4 PRODUCTION PREMIUMを発表

検索可能な映像コンテンツを制作できる革新的機能を搭載したクロスプラットフォームの映像制作のための統合製品

【2008年11月11日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:クレイグ ティーゲル(Craig Tegel))は本日、「ADOBE® CREATIVE SUITE® 4 PRODUCTION PREMIUM(アドビ クリエイティブ スイート 4 プロダクション プレミアム)」および各構成製品提供が、2008年12月中旬から、アドビストアおよび全国のアドビ製品取り扱い企業を通じて開始されると発表しました。アドビストアでは本日より予約受付を開始します。

Adobe Creative Suite 4 Production Premiumは、放送、Web、モバイルやBlu-rayなど、さまざまメディアに配信できるハイレベルなビデオ、オーディオ、そしてインタラクティブメディアを制作できるプロフェッショナルな統合映像制作ソリューションです。ビデオ、オーディオ、デザイン、そしてインタラクティブコンテンツ制作用の主要ツールの最新バージョンを1つに統合し、より高度な連携を実現しました。Adobe After Effects® CS4、Adobe Premiere® Pro CS4、Adobe Encore® CS4、Adobe Photoshop® CS4 Extended、Adobe Illustrator® CS4、Adobe Flash® CS4 Professional、Adobe Soundbooth® CS4と、今回初めてインテル®ベースのMacintoshをネイティブでサポートしたAdobe OnLocation™ CS4で構成されています。インテル ®ベースのMacintosh版と、Microsoft® Windows® XPおよびWindows Vista®に対応したWindows版の両方を同時に提供開始します。

アドビ システムズ社クリエイティブ ソリューション ビジネスユニット担当シニア バイス プレジデントのジョン ロイアコノ(John Loiacono)は、「Adobe Creative Suite 4 Production Premiumには、検索可能な映像コンテンツを制作できる新機能が搭載されています。すべてのメディア制作に関わるプロフェッショナルの皆様に、新たな展望を広げることができる製品です。世界が注目するコンテンツを制作し、ネット上で公開して、埋め込んだメタデータに基づいて的確にターゲットを絞ったリッチメディア広告を掲載する、そのような状況を想像してみてください。インタラクティブメディアを新たな枠組みの中で生かし、まったく新しいやり方で、独創的なコンテンツを制作して公開し、そこから収益を上げることが可能になります」と述べています。

オンライン配信用の優れたコンテンツを短時間で制作可能
Adobe Creative Suite 4 Production Premiumには、プロフェッショナルな映像制作に役立つ個性的な機能が満載です。Adobe Premiere Pro CS4とAdobe Soundbooth CS4に新しく搭載された強力なスピーチ検索機能で、動画の中の会話や発言の内容をテキスト化し、メタデータとして保存ならびに検索できます。撮影された膨大なビデオクリップから必要な素材を検索する時や、荒編集の際、話者の言葉をベースに編集点を見つけるプロセスを大幅に短縮したり、アーカイブから必要な素材を簡単に検索できるようになります。また、オンラインで公開するビデオコンテンツを検索可能なものにすることができます。これらの機能は、XMPメタデータへの対応により実現するもので、円滑な制作ワークフローを構築することが可能になります。オンラインコンテンツの視聴者にとっては動画の利用や検索方法の選択肢が増え、コンテンツ制作者にとっては、コンテンツの管理や収益化に関して新たな可能性が広がります。また、After Effects CS4では、Adobe Flash CS4とのワークフローが強化されており魅力的なインタラクティブコンテンツの制作で威力を発揮します。

AVCHDを含む主要なテープレスカメラフォーマットをネイティブにサポートし、高品質なHD映像を作成
Adobe Creative Suite 4 Production Premiumでは、映画やテレビ番組制作向けの機能も強化されています。テープレスカメラで撮影された素材の編集とワークフローにおいては、業界トップクラスの効率性をクロスプラットフォームで実現しました。編集作業では、P2、XDCAM EX、XDCAM HD、ならびに待望のAVCHDフォーマットをネイティブに扱うことができます。コーデックやファイル形式の変換は一切不要です。迅速なワークフローを実現し、カメラで撮影したそのままの内容を忠実に扱うことができます。Adobe OnLocation CS4には、DV、HDV、DVCPROHDの素材をディスクに直接取り込む機能や、ロケ現場でクリップの注釈やメタデータの編集を行う強力な機能が搭載されています。さらに、Adobe Premiere Pro CS4との連携で、円滑な編集ワークフローを実現できます。最終出力の段階では、大小それぞれの画面に応じた強力なワークフローがあり、フィルム、DVD、Webビデオ、Blu-ray、そしてモバイル機器に対応した出力が可能です。

Disney Online社のテクノロジー担当バイス プレジデントであるエリック フリーマン(Eric Freeman)氏は、「Disney Onlineは、ディズニー社が持つ世界屈指のコンテンツと先進の技術を融合して、視聴者の心に残る上質の体験を作り上げています。当社では、コンテンツの制作や公開において、アドビ システムズ社のソリューションを大いに活用しています。今後は、Adobe Creative Suite 4に搭載された新機能を生かすことで、さらに進化したコンテンツを提供できるものと考えています」と述べています。

Creative Suite 4でクリエイティブなワークフローを実現
Adobe Creative Suite 4ファミリー製品には、Adobe Creative Suite Design Premium/Standard、Adobe Creative Suite Web Premium/Standard、Adobe Creative Suite Production Premium、Adobe Creative Suite 4 Master Collectionがあります(別途リリース参照)。オンライン上のサービスへのアクセス機能も搭載されており、デザイナーや開発者がオンラインで共同作業を進めやすくなっています。Acrobat.comのサービスであるAdobe ConnectNowは、InDesign CS4、Illustrator CS4、Photoshop CS4 Extended、Flash CS4 Professional、Dreamweaver CS4、Fireworks™ CS4、Acrobat® 9 Proからアクセスでき、無償で3人までの同僚あるいは顧客とリアルタイムでコラボレーションできます。また、Adobe Kuler™には、InDesign CS4、Illustrator CS4、Photoshop CS4、Flash CS4 Professional、Fireworks CS4からアクセスできるようになり、デザイナー同士で独自のカラーパターンを共有できます。その他にも、Adobeコミュニティヘルプ(技術的な疑問への回答が得られるリソース)、リソースセンター(Soundboothのスコアファイルや、サウンドエフェクト、その他のメディアやリソースをダウンロード可能)、Adobe Bridge Home(ヒント、チュートリアル、ニュース、アイデアなどを集めたカスタマイズ可能なリソース)などのオンラインリソースがあります。Adobe Device Central CS4では、Creative Suite 4の各製品でデザインしたモバイル コンテンツを簡単に検証できます。主要メーカーのモバイル機器のプロファイルが450種類以上登録された、検索可能なライブラリが用意されており、プロファイルは随時更新されます。

アドビストア提供価格(送料別)

ADOBE CREATIVE SUITE 4 PRODUCTION PREMIUM(Windows 版/Macintosh版)
■通常版 261,450 円 (本体価格 249,000 円)
■アップグレード版「A」
Adobe Creative Suite 3.xからのアップグレード 98,700円 (本体価格94,000円)
アップグレード対象ユーザーは、Adobe Creative Suite 3.x Master Collection日本語版、Adobe Creative Suite 3.x Design Standard日本語版、Adobe Creative Suite 3.x Design Premium日本語版、Adobe Creative Suite 3 Web Standard日本語版、Adobe Creative Suite 3.x Web Premium日本語版、Adobe Creative Suite 3 Production Premium日本語版の正規登録ユーザー
■アップグレード版「B」
Adobe Creative Suite 3より前のバージョンからのアップグレード:
2009年6月30日までの発売記念価格 98,700 円 (本体価格 94,000 円)
2009年7月1日以降の価格 143,850 円 (本体価格 137,000 円)
アップグレード対象ユーザーは、Adobe Creative Suite Production Studio Premium日本語版、Adobe Creative Suite Production Studio Standard日本語版、Adobe Video Bundle日本語版の正規登録ユーザー
■アップグレード版「C」
単体製品からのアップグレード(特別提供) 176,400円 ( 本体価格 168,000 円)
アップグレード対象ユーザーは、Adobe PremiereおよびAdobe Premiere Proのすべてのバージョンの日本語版、Adobe After Effects 6.x/7.0/CS3/CS4Professional日本語版、Adobe After Effects 6.x/7.0 Standard日本語版、Adobe Photoshop CS/CS2/CS3/CS4日本語版、Adobe Photoshop CS3/CS4 Extended日本語版、Adobe Illustrator CS/CS2/CS3/CS4日本語版、Macromedia Flash MX Professional 2004日本語版、Macromedia Flash Professional 8日本語版、Adobe Flash CS3/CS4 Professional日本語版、Macromedia Flash MX 2004日本語版、Macromedia Flash Basic 8日本語版、Video Collectionに含まれるAfter Effects 6.x、Photoshop CS/CS2、Premiere Proの日本語版の正規登録ユーザー
■アカデミック版 98,175円 (本体価格93,500円)
※ ビデオ製品はOSのクロスアップグレードも可能です。
構成製品:Adobe After Effects CS4 日本語版、Adobe Premiere Pro CS4日本語版、Adobe Flash CS4 Professional日本語版、Adobe Photoshop CS4 Extended日本語版、Adobe Illustrator CS4日本語版、Adobe Soundbooth CS4日本語版、Adobe Encore CS4日本語版、Adobe OnLocationCS4 日本語版

Creative Suite 3製品からの無償アップグレードについて
2008年11月11日(Creative Suite 4正式発表日)以降にCreative Suite 3製品(全Suiteならびに単体製品を含む)をご購入いただいた方々は、無償でCreative Suite 4製品にアップグレードができます。詳しい情報はアドビのWebサイト(http://www.adobe.com/jp/special/didyouknow/)でご覧いただけます。

必要システム構成

ADOBE CREATIVE SUITE 4 PRODUCTION PREMIUM(Windows版/Macintosh版)
Macintosh版

  • インテルマルチコアプロセッサ
  • Mac OS X v10.4.11-10.5.4 日本語版
  • 2GB 以上の RAM を推奨(複数のコンポーネントを使用するときは追加の RAM が必要)
  • 20.6GB 以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(大文字と小文字が区別されるファイルシステムを使用している場合や、フ ラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • 1,280×900 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ、および OpenGL 2.0 対応のグラフィックカード
  • GPUを利用する一部の機能では Shader Model 3.0 対応のグラフィックカードが必要
  • DV/HDV 用には 7,200RPM 以上のハードディスク、HD 用には RAID 0 でストライピングされたディスクアレイ(SCSI ディスクサブシステムを推奨)
  • DVD-ROM ドライブ(DVD 作成には SuperDrive が必要)
  • Blu-ray ディスクの作成には記録対応Blu-ray ドライブが必要
  • Core Audio対応のサウンドカード
  • QuickTime機能を利用するために QuickTime 7.4.5 日本語版
  • 付随するサービスのためにブロードバンドインターネット接続

Windows版

  • 2GHz以上(HDV再生には3.4GHz以上、HD再生には 2.8GHz 以上かつデュアル構成)のプロセッサ※を搭載したパーソナルコンピュータ
  • Microsoft® Windows XP(Service Pack 2)日本語版(Service Pack 3 を推奨)、またはWindows Vista Home Premium、Business、Ultimate、Enterprise(Service Pack 1)日本語版(Windows XP 32-bit版およびWindows Vista 32-bit版/64-bit版で動作可能※)
  • 2GB 以上のRAMを推奨(複数のコンポーネントを使用するときは追加のRAMが必要)
  • 16.3GB以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(フラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • 1,280×900以上の画面解像度をサポートするディスプレイ、およびOpen GL 2.0対応のグラフィックカード
  • GPU を利用する一部の機能ではShader Model 3.0対応のグラフィックカードが必要
  • DV/HDV 用には7,200RPM以上のハードディスク、HD用にはRAID 0でストライピングされたディスクアレイ(SCSIディスクサブシステムを推奨)
  • SD/HD ワークフローには、キャプチャおよびテープへの書き出し用にアドビ認定のカード
  • DVおよびHDVキャプチャ、テープへの書き出し、DVデバイスへの伝送用に、OHCI準拠IEEE 1394ポート
  • DVD-ROMドライブ(DVD 作成には記録対応DVDドライブが必要)
  • Blu-rayディスクの作成には記録対応Blu-rayドライブが必要
  • Microsoft WDMまたはASIO対応のオーディオインタフェース
  • QuickTime機能を利用するためにQuickTime 7.4.5 日本語版
  • 付随するサービスのためにブロードバンドインターネット接続

※ AMD プロセッサを搭載したシステムではSSE2対応が必須
※ Photoshop Extended は Windows Vista 64-bit版をネイティブにサポート。Adobe Premiere Pro、After Effects、Soundbooth、 Encore、Adobe OnLocationはWindows Vista 64-bit版でも動作します。

ビデオハードウェアの互換性および詳細な必要システム構成については、http://www.adobe.com/jp/products/creativesuite/production/systemreqs をご覧ください。

アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザーの、アイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトhttp://www.adobe.com/jpに掲載されています。