アドビについて ニュースルーム

プレスリリース

2011年10月4日
アドビ システムズ 株式会社

アドビ システムズ社、クリエイティブ作業を再定義するAdobe Touch Appsを発表

アドビ システムズ社の主要な取り組みであるAdobe Creative Cloudの一環を構成する、6つの新しいTablet Apps

【2011年10月4日】

米国カリフォルニア州ロサンゼルス発(2011年10月3日)Adobe Systems Incorporated(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下 アドビ システムズ社)は本日、Adobe® MAX 2011カンファレンスにおいて、AndroidタブレットとApple iPad向けに設計され、すべてのユーザーがいつでもどこでもアイデアを形にし、作品を見せることのできる、6種類の直感的なタッチスクリーン用アプリケーション、Adobe Touch Appsファミリー< http://tv.adobe.com/show/adobe-touch-apps (英語のみ)>を発表しました。Adobe Creative Suite®<http://www.adobe.com/jp/products/creativesuite.html >に影響を受けたこれらのアプリケーションでは、プロフェッショナルレベルのクリエイティビティを多数のタブレットユーザーにもたらします。これらのアプリケーションは、画像の編集、ラフアイデアからイメージボードの作成、ウェブサイト・モバイルアプリケーションのプロトタイプ作成、完成した作品のプレゼンテーションまで、クリエイティブプロセスのさまざまな分野の作業をカバーしています。これらのアプリケーションには、Photoshop®の高いクリエイティブと画像編集機能が初めてタブレット機に搭載される、Adobe Photoshop Touch<http://www.adobe.com/go/pstouch (英語のみ)>も含まれて登場します。

Adobe Touch Appsは、アドビ システムズ社が同じく本日発表した主要な取り組みであるAdobe Creative Cloud<http://www.adobe.com/products/creativecloud.html (英語のみ)>(別途リリースをご覧ください)の基本的要素であるとともに、独立したアプリケーションとしても近日提供が開始されます。クリエイティビティの世界的中心となるAdobe Creative Cloudでは、多数のユーザーがデスクトップアプリケーションとタブレットアプリケーションを利用し、必要不可欠なクリエイティブサービスを見つけ出し、最高の作品を共有することができます。Adobe Touch Appsで作成したファイルはさまざまなデバイス上で共有および表示し、またAdobe Creative Suiteに送信してさらに加工することができるなど、Creative Cloudに関するアドビ システムズ社のビジョンを実現する大きな要素となっています。次世代タブレットのいくつかではスタイラスペンが主要機能として採用されると予想されるため、Adobe Touch Appsは指先とスタイラスペンのいずれの操作にも対応するよう設計されています。

アドビ システムズ社のCTO(最高技術責任者)であるケビン リンチ(Kevin Lynch)は「Adobe Touch Appsによって、すべてのタブレットユーザーは、インパクトのあるクリエイティブな表現力を手に入れることができます。今後は、アドビ システムズ社が持つ画像処理技術をタブレットデバイスでも利用できるようになりますが、Photoshop Touchなどの最新アプリケーションは、タッチインターフェイスがクリエイティブ作業にもたらす可能性を示すと同時に、今後タブレットが、ユーザーの制作活動に不可欠な役割を果たすものになることを示唆するものでもあります」と述べています。

Adobe Touch Appsがクリエイティブ作業を再定義

人々が日常生活にタブレットを取り入れることを想定し、新しいAdobe Touch Appsファミリーは、ユーザーがデスクトップやラップトップのコンピューターから解放され、タブレットデバイス上でクリエイティブ作業を行えるよう支援します(対応機器については、以下をご参照ください)。新しいTouch Appsは以下のアプリケーションから構成されています。

•Adobe Photoshop Touch< http://www.adobe.com/go/pstouch (英語のみ)>では、タブレット向けにカスタム開発されたアプリケーションを通じ、Photoshopのコア機能を使った画像の編集が可能です。指を使った簡単なジェスチャーにより、複数の写真を組み合わせてレイヤー化された画像を作成したり、人気の編集機能を活用したり、プロ級のエフェクトを適用することができます。タブレット専用機能のScribble Selectツールを使い、保持する部分や破棄する部分を大雑把に選択するだけで、画像中のオブジェクトを簡単に抽出できます。Adobe PhotoshopのRefine Edgeテクノロジーにより、写真の一部を選択する際には、髪の毛のようなソフトエッジが選択しづらい要素も容易に取得できます。さらに、FacebookおよびGoogle Searchとの連携により、画像の検索、作品の共有、コメントの表示などを簡単に行えます。Adobe Creative Cloudの要素のひとつである同期機能を使用すれば、Adobe Photoshop内でファイルを開くことができます。

•Adobe Collage< http://www.adobe.com/go/collage (英語のみ)>では、アイデアのイメージ、図、テキスト、Creative Suiteのファイルを斬新なイメージボードに統合することができ、クリエイティブプロフェッショナルがアイデアやコンセプトをとらえ、さらに洗練された作品にすることを支援します。このアプリケーションの機能には、画像読み込み、描画のためのカスタマイズ可能な4タイプのペン、テキスト追加、カラースキーム適用が含まれます。キャンバスのサイズにはほぼ制限がなく、必要に応じてデザイン資産を加える拡張性を備えています。作成したファイルは共有または送信することでAdobe Photoshopからアクセスすることができます。

•Adobe Debut< http://www.adobe.com/go/debut (英語のみ)>により、クライアントや他の関係者へのプレゼンテーションを事実上、どこにいても行えるようになります。Adobe Debutでは、PhotoshopのレイヤーやIllustrator®のアートボードなどのCreative Suiteファイルをタブレット対応バージョンとしてすばやく開き、タブレット上で簡単に美しく表示することができます。フィードバックを求める場合には、マークアップペンツールを使って作品の上にメモや図を追加できます。

•Adobe Ideas< http://www.adobe.com/jp/joc/design/guides/ideas/index.html >は簡単に習得できるベクトルベースの描画ツールです。スタイラスペンか指先を使い、どのズームレベルでもスムーズな描線が表示できます。空白のキャンバスから描画を始め、カラーテーマの選択や、個別レイヤーとしてコントロール可能なタブレット対応の画像ファイルを追加することが可能です。完成した作品には IllustratorまたはPhotoshopから容易にアクセス可能です。

•Adobe Kuler< http://www.adobe.com/go/kuler_app (英語のみ)> を使用することで、カラーテーマの生成を容易に行え、どのようなデザインプロジェクトにもインスピレーションをもたらすことができます。クリエイティブコミュニティを通じて、多数のKulerテーマを取得することができ、さまざまな色の組み合わせを試したり発見したりすることができます。テーマのレーティングやコメント機能によってコミュニティへのソーシャルな関わりがさらに強化され、完成したテーマはカラースウォッチとしてAdobe Creative Suiteプロジェクトに書き出せます。

•Adobe Proto< http://www.adobe.com/go/proto (英語のみ)>では、ウェブサイトやモバイルアプリケーション向けの双方向ワイヤフレームとプロトタイプをタブレット上で開発できます。タッチベースのインターフェイスを使用してアイデアをチームやクライアントに伝え、全員で共有することができます。デザインコンセプトの表現、ウェブサイト構成の説明、あるいは双方向のデモンストレーションは、ジェスチャーを使ってすぐに行えます。ワイヤフレームやプロトタイプは業界標準規格のHTML、CSS、JavaScriptとして書き出すことができ、一般的なブラウザーを通じて直ちにレビューや承認を行えます。

Adobe Touch Appsは、Adobe Carousel< http://www.adobe.com/products/carousel.html (英語のみ)>の提供開始をさらに勢いづけるものです。Adobe Carouselは、タブレットやスマートフォン、デスクトップからフォトライブラリ全体にアクセス可能な唯一の写真ソリューションであり、容量制限の問題や手作業での面倒な同期作業を心配する必要はありません。どこにいてもすべての写真を楽しめるだけでなく、Adobe Photoshop Lightroom®< http://www.adobe.com/jp/products/photoshoplightroom/ >と同じ強力な写真処理技術によって、こうした写真を最高の見栄えにすることもできます。

価格と提供予定

Adobe Touch Appsは2011年11月にAndroid向けの提供が開始されます。iOS機器の対応ついては、2012年早々に発表をする予定です。iPad向けのAdobe Ideasはすでに提供が開始されています。導入価格はそれぞれのアプリケーションごとに9.99ドルとなっています。それぞれのAdobe Touch Appの価格にはAdobe Creative Cloudのファイル表示、共有、送信機能の利用が含まれています。Adobe Creative Cloudの料金設定と、アプリケーション、サービス、コミュニティ関連の拡張機能に関する詳細は2011年11月初旬に発表の予定です。

参考リンク集

•Adobe Touch Appsによる開発方法
http://tv.adobe.com/watch/adobe-touch-apps/how-will-you-create-with-adobe-touch-apps/ (英語のみ)>

•Adobe Touch Appファミリー< http://tv.adobe.com/show/adobe-touch-apps (英語のみ)>

•Adobe Collageのご紹介
http://tv.adobe.com/watch/adobe-touch-apps/introducing-adobe-collage/ (英語のみ)>

•Adobe Debutのご紹介
http://tv.adobe.com/watch/adobe-touch-apps/introducing-adobe-debut/ (英語のみ)>

•Adobe Ideasのご紹介
http://tv.adobe.com/watch/adobe-touch-apps/introducing-adobe-ideas/ (英語のみ)>

•Adobe Kulerのご紹介
http://tv.adobe.com/watch/adobe-touch-apps/introducing-adobe-kuler/ (英語のみ)>

•Adobe Protoのご紹介
http://tv.adobe.com/watch/adobe-touch-apps/introducing-adobe-proto/ (英語のみ)>

•ラッセル ブラウン氏と共にAdobe Photoshop Touchを初体験
http://tv.adobe.com/watch/adobe-touch-apps/first-look-at-adobe-photoshop-touch-with-russell-brown/ (英語のみ)>

•Adobe Touch Appsと「カフェ」ロゴ
http://tv.adobe.com/watch/adobe-touch-apps/adobe-touch-apps-and-caf-logo/ (英語のみ)>
―Adobe Touch Appsを使用し、カフェのロゴデザインの立案、制作、共有を素早く行える様子をご覧いただけます。

•Adobe Touch Appsと「シティビルボード」
http://tv.adobe.com/watch/adobe-touch-apps/adobe-touch-apps-and-city-billboard/ (英語のみ)>
―Adobe Photoshop TouchとAdobe Collageがあれば、インスピレーションがひらめいたその場所で、お手持ちのタブレットを使用し、プロフェッショナルデザインの立案・制作を素早く行うことが可能です。

アドビ システムズ 社について

アドビ システムズ 社は、世界を動かすデジタル体験を提供します。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

Adobe, the Adobe logo, Creative Suite, Photoshop, Illustrator and Lightroom are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

© 2011 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved.