アドビについて ニュースルーム

プレスリリース

2011年11月2日
アドビ システムズ 株式会社

アドビシステムズ社、
ビデオ広告の爆発的拡大を商機として捉え、Auditude社を買収

出版社やメディア企業は Auditude 社のプラットフォームを通じて
ビデオコンテンツの価値を最大限に引き出すことが可能に

【2011年11月2日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発(2011年11月1日)Adobe Systems Incorporated(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビシステムズ社)は本日、プレミアムビデオコンテンツのパブリッシャーやメディア企業を顧客とし、ビデオ広告管理と収益化技術のリーダーである非公開企業のAuditude Inc.を買収したと発表しました。Auditude社の買収によりアドビは総合的な映像ソリューションの提供が可能になり、すべてのIP対応機器にわたって高品質なビデオコンテンツを配信し、より優れた視聴体験を提供することができるようになります。これにより顧客企業の長期的ビジネス構築を支援する、制作、配信、収益化、および最適化までのシームレスなソリューションを提供します。

アドビ システムズ社デジタルメディア事業部門担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるデイビッドワドワニ(David Wadhwani)は、「プレミアムビデオコンテンツのパブリッシャーは優れたメディア体験を視聴者に提供するとともに、すべてのIP機器において自らのコンテンツの価値を最大限に引き出すことによりデジタルへの移行を商機に結び付けたいと望んでいます。今回の買収により、アドビはあらゆる場所でのデジタルビデオ体験のための映像コンテンツの制作、配信、分析、および収益化のための他社にはないプラットフォームを提供し、コンテンツパブリッシャーがワークフローの簡素化、消費者とのかかわりの強化、ニーズや動向に対する洞察や、売上の拡大を推進できるようになりました」と述べています。

Auditude社のソリューションは、オープンアーキテクチャーなプラットフォームから提供されるビデオ広告の管理と収益化をサポートすることで、視聴者からのロイヤルティ獲得と大手ブランドの広告出稿企業を惹き付けるうえで不可欠な要素である、高品質な、TVのような、またさまざまな機器に対応した広告体験をプレミアムコンテンツパブリッシャーとメディア企業が提供することを可能にします。Auditude社のプラットフォームが持つ業界をリードする機能には、コンテンツ管理およびその他のビデオ運用プラットフォームに容易に統合可能であること、優れたターゲティング機能、柔軟な広告プレースメントと広告商品の提供、直感的な営業著作権管理、差分的な広告需要へのアクセスとコントロール、および複数の機器にまたがった効率的なワークフローがあります。

Auditude社のCEOであるジェレミーヘルファンド(Jeremy Helfand)は、「アドビに加わることにより、トップクラスのメディア企業と出版社が自らのビデオコンテンツの価値を最大限に引き出すことを支援するという、当社のビジョンの実現がさらに加速します。アドビはビデオに関して深い経験とノウハウを持ち、両社の能力が合わさることによってお客様企業にさらに大きなメリットを提供できるようになります。アドビの一員として、従来は不可能であったプラットフォーム製品を出版社やメディア企業に提供し、お客様の元でこれまでになかった収益化の機会を生み出せることをうれしく思います」と述べています。

Auditude社の広告サーバープラットフォームは、Adobe® Flash® Media Server 4.5やAdobe Pass® をはじめとするアドビのビデオ技術に理想的な形で適合します。Flash Media Serverファミリーの製品は、Flash、HTML、およびネイティブアプリケーションを含む多様なプラットフォームにメディアを配信し、帯域幅コストを大きく削減すると共にネットワーク負荷を軽減する強力なプロトコル群から選択することができます。また業界をリードするTV EverywhereプラットフォームのAdobe Passを使用すれば、プレミアムコンテンツパブリッシャーは大規模な番組カタログをオンラインで安全に提供できます。Adobe Flash Media Server、Adobe Pass、およびAuditudeが組み合わさることにより、世界最大手のコンテンツ出版社、放送会社、およびブランドのために、ビデオのエンコーディングを1度だけ行い、そのコンテンツをさまざまなプラットフォームにオンデマンドで安全に配信し、また効率的に課金することのできる、最も包括的なソリューションが実現します。

アドビはまた、カスタマーインサイトを収集し、それを最大限に活用することのできる解析・最適化機能を統合した製品群から構成されたAdobe Digital Marketing SuiteにAuditudeを組み込む計画です。たとえばこの統合製品を通じ、お客様企業には最も効果的なマーケティングとコンテンツ配信戦略と広告プレースメントを見出し、またオンサイト、ビデオ、ディスプレイ、電子メール、ソーシャルメディア、モバイルなどさまざまな場面において適切で、カスタマイズされ、そして一貫した顧客体験を作り出すことが可能になります。この統合製品はアドビのお客様のマーケティングのROIと広告の収益率を最大限に高め、それらを通じて利益拡大をもたらします。

将来予測に基づく表明

このプレスリリースには1995年米国民事証券訴訟改革法 (Private Securities Litigation Reform Act of 1995) に定義する将来予測に基づく表明が含まれます。このような表明はリスク、不確かさ、およびその他の要因による影響を受け、これにはアドビシステムズ社がデジタルビデオ広告市場への対応に成功できること、およびAuditude社の技術をアドビシステムズ社が提供する他の製品やサービスに統合できることに伴うリスクと不確かさが含まれます。歴史的事実に関するもの以外のすべての表明は将来予測に基づく表明と見なされる場合があり、これにはアドビシステムズ社がデジタルビデオ広告およびその他のクラウドベースのクリエイティブサービス市場に対応できること、およびこの市場の成長と今回の買収から予想されるアドビシステムズ社にとってのその他のメリット、期待または確信を表すすべての表明、ならびに前述のすべての項目の前提となる事項に関するあらゆる表明が含まれます。このようなリスク、不確かさ、およびその他の要因、ならびにアドビシステムズ社の事業に伴う一般的なリスクにより、実際の結果は将来予測に基づく表明に記載されているものとは大きく相異する場合があります。このプレスリリースを読まれる方には、このような将来予測に基づく表明を判断の基盤としないようご注意申し上げます。将来予測に基づく表明はすべて現時点においてアドビシステムズ社に得られた情報に基づくものであり、そのすべてについてこの注意書きによる制限が課せられています。上記ならびにその他のリスクと不確かさの検証についてはアドビシステムズ社がSECに提出した資料をご覧ください。アドビシステムズ社はこのプレスリリースに含まれるものを含め、将来予測に基づく表明またはその他の表明を更新する義務を負いません。

アドビ システムズ 社について

アドビ システムズ 社は、世界を動かすデジタル体験を提供します。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

Adobe, the Adobe logo, Flash, Pass are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated, in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of thier respective owners.

© 2011 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved.