すべての顧客の満足を勝ち得る

ダイナミッククリエイティブ最適化を活用すれば、リアルタイムにパーソナライズされる柔軟なクリエイティブを使用してターゲットオーディエンスにリーチし、ユーザーのエンゲージメント、コンバージョン率、一貫したエクスペリエンスの質を向上できます。

際立つ俊敏性

消費者の期待に応える高度にパーソナライズされたエクスペリエンスを実現するには、手間とコストと時間がかかります。この課題に応えるのが、ダイナミッククリエイティブです。ダイナミッククリエイティブを活用すれば、サイトでの行動、顧客やパートナーのデータ、3rdパーティの統計情報をもとにリアルタイムにクリエイティブをパーソナライズして、顧客にターゲティングできます。
 


「以前のディスプレイベンダーと比較すると、Adobe Media Managerの導入によってROAは106%向上しています」
— Latanya Hodges、シニアインタラクティブマーケティングマネージャー、Redbox

ダイナミッククリエイティブ最適化の機能

Adobe Experience Cloudとの統合

PeopleコアサービスやAdobe Experience Cloudのオーディエンスセグメントとの統合により、自動広告取引(プログラマティック)と広告エクスペリエンスのパーソナライゼーションが促進されます。

強力なキャンペーンオプション

オーディエンスの一人ひとりに最適なクリエイティブを提供するダイナミッククリエイティブは、多様なタイプおよびマーケティングファネルのキャンペーンで力を発揮します。例えば、リターゲティングやロイヤルティのプログラム、顧客開拓や認知度向上のキャンペーンなどでも活用できます。

オーディエンスのターゲティング機能

Webサイトの訪問者、パートナー、3rdパーティ、位置情報のデータを活用して、顧客一人ひとりに魅力的なエクスペリエンスを提供できます。高度なパーソナライゼーションを実現するには、Adobe Analytics、Adobe Audience Manager、Adobe Media Managerのオーディエンスセグメントを使用します。

柔軟性に富むクリエイティブ

レイアウトをカスタマイズすれば、広告エクスペリエンスでさらにブランドを強調することができます。フィードにもとづくリターゲティングやアルゴリズムを取り入れた最適化により、様々なタイプのデバイスに最適なクリエイティブを配信できます。

インサイトと最適化

クリエイティブ、オファー、商品、メディア、オーディエンスに関する詳細なレポートを生成して、各広告の成果を把握できます。その結果にもとづいて最適化を実施すれば、広告掲載の目標を達成できます。クリエイティブの最適化は、アルゴリズムを使用して自動的に実行することもできます。

 

多様化する広告運用の未来


消費者にとって適切な体験を届けるために、
広告取引のあるべき姿とステップを解説します。
 

ビジネスの問題を解決する方法を紹介します。

自動広告取引と広告配信のベストプラクティスをご覧ください。