データがたとえオフラインであっても、インサイトは常に有効

今日の顧客は、あらゆる場所に接点を求めます。電子メールをチェックし、Web サイトを閲覧し、実店舗に訪問し、カスタマーサービスに連絡します。Analytics Data Workbenchを使用すれば、オンライン、オフラインを問わず、あらゆるチャネルをまたいでカスタマージャーニー全体を把握できます。さらに、収益向上のために必要なインサイトも得られます。これらをすべて、使いやすいひとつのインターフェイスで実現できます。
顧客の全体像を把握
オンラインおよびオフラインのあらゆるデータを統合して、カスタマージャーニーの全体像をつかみ、クロスセルのチャンスを高めます。
予測データインサイト
あらゆるデータに対して高度な予測分析を実施し、マーケティング全体の改善に必要なインサイトを取得します。
リアルタイムの高度分析
単一データセット内にある数10テラバイトに上るデータに対して無制限に処理、分析、調査、レポーティングを実行し、解答を迅速に見つけます。

Analytics Data Workbenchで実現できること

顧客の傾向モデリング

コンバージョンに至る可能性の最も高い顧客を定義します。その結果、訪問者の行動を予測し、キャンペーンの成功率を最大化します。

オーディエンスのクラスタリング

大量のデータを同時に分析して訪問者を分類し、より詳細なターゲティングやパーソナライズのために対象者を特定します。

相関分析

標準の相関式を使用して、大規模なデータセットの傾向と関連性を特定することにより、データをすばやく分析し、時系列な変化を明らかにします。

データのセグメント化

無制限のセグメンテーションとフィルタリングの機能を使用して、有意義なインサイトを見つけます。

エンゲージメントのスコア評価

顧客に期待するアクションを決定し、購入サイクルの鍵となるタイミングで顧客の行動に働きかけます。

顧客離脱分析

顧客を購入行動から離脱させているアクションを見つけ出すことで、購入行動に影響する要因をより詳しく理解します。

新たなインサイトを発見し、ビジネスの新しい方向を見つける


Dellはデータを詳細に関連付け、実行可能なインサイトを獲得し、セグメントに特化したエクスペリエンスを実現しました。



Computer Science Corpは顧客向けのコンテンツを最適化し、ターゲティングして、月々のマーケティングリードを倍増させました。

顧客の現在を把握するだけでなく未来も予測

アドビはGartner社の2016年デジタルマーケティング分析分野のMagic Quadrantでリーダーに選ばれました。
 

マーケティング成果を高めるために

セグメント化のベストプラクティスに関するユースケースをご覧ください。