発展を続けるAdobe Analyticsの新機能

Adobe Analyticsでは、新機能をリリースと同時にいつでもご利用いただけます。最新機能の詳細をご覧ください。

2016年秋リリース

フロー分析

Webサイトやモバイルアプリでの顧客の動きを可視化します。このデータに主要な指標を適用すれば、ユーザーの行動をさらに詳細に分析し、コンテンツやフローの改善に役立てることができます。共通の行動パターンを特定し、ユーザーのコホートから動的なオーディエンスセグメントを作成することもできます。

フォールアウト分析

ユーザーエクスペリエンスのステップのドラッグ&ドロップや並べ替えを簡単に実行できるので、ユーザーが離脱した箇所や次に進んだ箇所を容易に把握できます。ある時点における複数のセグメントを比較し、その相違点を分析することも可能です。また、コンバージョンファネルのセグメントビルダーを使用して、いずれかのステージでフォールアウトするユーザーのオーディエンスセグメントを作成し、リマーケティングやパーソナライゼーションに役立てることができます。

インテリジェントアラート

異常値検出のアルゴリズムにより、誤検出を防ぎつつ、企業のデータにもとづいてアラートが送信されます。アラートは、電子メールまたはSMSで配信されます。アラートには、自動生成されたAnalysis Workspaceプロジェクトへのリンクが含まれます。これらのリンクでは、関連するすべての異常値の詳細を参照できます。

Analysis Workspaceスタータープロジェクト

Analysis Workspaceの新しいスタータープロジェクトは、初めてAnalysis Workspaceを使用するユーザーがツールに慣れるまでサポートすることを目的としています。このプロジェクトでは、Webやモバイルアプリの分析に使用できる一般的な項目や、業界別のテンプレートがあらかじめ用意されています。

異常値検出と貢献度分析の拡張

異常値検出と貢献度分析で使用されるアルゴリズムに改良が加えられ、前年比分析、祝日の検出、週末と週日の特定などの機能が追加されました。また、時間、週、月の単位もサポートされるようになりました。

新しい時間ディメンション

新しい動的時間セグメントを使用すると、周期的な日付範囲を含むセグメントを構築して、進行中のキャンペーンやイベントに関するデータを分析できます。また、Analysis Workspaceの新しい時間比較機能では、日付範囲を含む列を指定して、同じ日付のデータを比較(前年比など)できるようになりました。

カスタムヒストグラム

Analysis Workspaceの新しいヒストグラムビジュアライゼーションでは、顧客の行動の分布を簡単にすばやくグラフにすることができます。この機能により、外れ値を容易に特定できるので、平均データではなく適切なソースにもとづいて、マーケティングや商品の開発を進めることができます。

セグメント管理の機能向上

複数のリクエストを編集できるこの新機能では、ターゲットとなるリクエストブロックのすべてのセグメントを追加、削除、置換できます。この機能により、複数のリクエストでセグメントを管理および編集することが容易になります。

ユーザーとグループの管理機能の拡張

ユーザーとグループの管理機能が拡張され、Adobe Analyticsの管理者はユーザーごとにアクセス権限を指定したり、あらかじめ定義されているグループ(すべてのレポートアクセスなど)を編集したりできるようになりました。さらに、Adobe Experience Cloudの管理者は、Admin ConsoleでExperience Cloudユーザーを作成し、アクセス権限を付与することができます。

2016年春リリース

アクティビティマップ

それぞれのページやエクスペリエンスの最も有益な要素をリアルタイムで示すコンテクスト情報を通して、データをよりよく理解することができます。アクティビティマップは、サイトのページにトラフィック情報やコンバージョンを重ね合わせて表示することで、分析に役立つ高度で視覚的なインテリジェンスを提供します。

オーディエンスの共有

Adobe Audience Managerのオーディエンスも含め、あらゆるExperience CloudのオーディエンスをAdobe Analyticsで共有することができます。Analytics内で、3rdパーティの広告データ、統計データ、サイコグラフィックデータを1stパーティのデータと組み合わせると、オーディエンス発見を強化し、コンテンツと広告のパーソナライゼーションを向上させるインサイトを得ることができます。

仮想レポートスイート

仮想レポートスイートは、ユーザーのデータのサブセットへのアクセスを制限することができます。この機能により、データ管理におけるプライバシーとアクセスコントロールを向上させ、エンドユーザーは、より関連性がある、パーソナライズされた分析を行うことができます。

Analysis Workspaceのアップデート

Analysis WorkspaceレポートをPDFファイルやCSV形式ファイルでダウンロードおよびスケジュールすることができます。

Facebookのインスタント記事とGoogle AMPのサポート

アドビは、FacebookおよびGoogleと提携してインスタント記事とAccelerated Mobile Pages(AMP)の測定をサポートします。これは、コンテンツの読み込みに時間がかかる、オーディエンスのエンゲージメントを十分に把握できないなど、モバイルのWebエクスペリエンスに影響する問題を解決するためです。インスタント記事とAMPのどちらもコンテンツを迅速に表示し、より優れたモバイルWebエクスペリエンスの提供を可能にします。

セグメントIQ

セグメントIQは、すべての指標やディメンションを自動分析し、2つのセグメントの行動を比較して、大きな統計的差異を検出します。この比較分析により、どのセグメントがなぜ自社のビジネスにとって重要なのかを把握できるため、効率的に顧客を獲得し、コンバージョンを促進することができます。

2015年秋リリース

Analysis Workspace

柔軟性のあるデータビューや複数のシェイプツールを利用して迅速に分析を行い、質問の答えをすばやく得ることができます。データ要素やツールをアナリスト以外のユーザー向けに整理し、組織内でのユーザーの役割に応じて適切なデータが表示されるようにすることも可能です。これにより、あらゆるユーザーがデータの発見に取り組みやすくなります。

コホート分析

共通の特性を持つ利用者のグループを長期にわたり比較することで、顧客エンゲージメントに対する理解が深まります。初回購入、サインアップ日、商品の注文など、特定のアクティビティにもとづいてユーザーグループを作成し、これらのグループを長期にわたり追跡することで、各グループがどのようなやり取りを続けているかを把握します。

フェデレーテッド分析

フェデレーテッド分析機能により、リアルタイムでの動画データの共有を自動化および効率化し、動画データを標準化された形式で最適な利用者に送信できます。データを共有する際は、データを動画再生中にどのように共有するかを個別の動画レベルまでコントロールできます。データ受信者は、定義済みのトリガーにもとづいて、データの送信先(指定されたレポートスイート)を指定できます。

オーバーザトップ(OTT)分析

Adobe Analyticsは、OTT IP接続型デバイスであるRoku、Apple TV、ChromecastおよびXbox One向けに、ビデオとアプリの両方に関する標準化された測定基準を提供します。これらのデバイスを測定して、コンテンツエンゲージメントの全体像を把握できます。また、OTTが視聴者の行動にどのような影響を与えるかを理解し、広告の収益化につなげることができます。

Quality of Experience(QoE)指標

ビデオの品質が、エンゲージメントや再生時間、インプレッション数、視聴されるビデオの数に与える影響を把握できます。バッファリング、ビットレート、エラー、質の悪いエクスペリエンスによる視聴者の離脱といったデータを収集することで、顧客がビデオをどのように利用しているかをより詳しく把握できます。このようなQoEインサイトを活かして、視聴者エンゲージメントの向上を図ることができます。

プッシュメッセージ

Adobe Analytics for Mobile Appsを使用して、パーソナライズされたプッシュ通知を送信し、顧客に働きかけることができます。プッシュメッセージの作成、テスト、管理、レポートをひとつのワークフローで実現できます。データ収集機能を使用して、成功と発見に関する適切な指標を追跡し、それにもとづいて、実際に関連性のあるメッセージを送信すべきタイミングを判断できます。メッセージタイプごとに用意されている事前作成済みのテンプレートを使用でき、各種モバイルデバイスでどのように表示されるかをプレビューできます。

モバイルアプリの取得追跡を強化

モバイルアプリに関しては、サードパーティのデータを利用してアトリビューションや成功イベントを把握することで、モバイルアプリの取得およびダウンロードアクティビティをより正確に、手軽に測定できます。ダイナミックURLを作成し、アフィリエイトトラフィックに関するデータをレポート用に収集できます。

検索指標のアップデート

LinkTrackヒットで生成されるデータを含めることによって、「検索」指標の精度が高まりました。最初の訪問アクションが検索のときは、検索指標が任意の単位に分けられます。

タイムスタンプデータ

タイムスタンプ付きのモバイルデータとタイムスタンプのないブラウザーからのライブデータをひとつのレポートスイートに統合します。このアップデートによって、レポートスイートを変更せずに、モバイルアプリにオフラインデータのサポートを追加できるようになります。

2015年春リリース

貢献度分析

指標が変化した理由はどこにあるのかを探し求めて長時間を費やす必要はなくなりました。貢献度分析は、トレンドデータや異常値の変化の「原因」すなわち貢献要因をインテリジェントに特定します。何百ものレポートを自動的に比較検証し、統計的に関連が認められる結論を導き出すことができるため、大幅な時間の節約にもつながります。

顧客属性(エンタープライズデータ)

顧客属性を活用すると、説明データとオンラインの行動データを組み合わせて、より多くの情報を顧客分析から引き出し、新しい顧客セグメントを開拓できます。CRMシステムや、その他のオンラインまたはオフラインエンタープライズデータソースからデータを取り込むことも可能です。

業界最先端の新しいモバイルアプリ分析機能

モバイルアプリに対する顧客の関わり方を把握しやすくなりました。コホート分析を使用して、新規利用者とリピーターを比較し、それぞれの関心やニーズに合わせてアプリをカスタマイズできます。セグメンテーションと比較を使用して、新規利用者と獲得済み利用者の定着率を測定できます。

フリーフォーム分析

フリーフォーム分析は、コンポーネントのパーツ(ディメンション、セグメント、日付範囲、指標)からカスタム分析プロジェクトをリアルタイムで、直観的かつ視覚的に作成できる新しいワークスペースです。企業はデータを安全に取り扱い、思考スピードと同じ速さでインサイトを明らかにできます。

report builderのサポート

report builderのスケジューリングプロセスを改良し、サーバーのメモリ不足などのエラーに対応できるようにしました。さらに、安全なスケジュール機能を採り入れて、エラーの可能性が高いワークブックが誤って送信されることのないようにしました。

パーソナライズされたサイト概要ダッシュボード

Reports & Analyticsのランディングエクスペリエンスがパーソナライズされ、最もよく見るレポートがダッシュボードに動的に表示されるようになりました。

eVarとイベントの追加

Adobe Analyticsでは、合計100個のeVarと1,000個のイベントを利用できます。Adobe Analytics Premiumでは、合計 250個のeVar(と1,000個のイベント)を利用できます。

2014年秋リリース

ナビゲーションの改良

最もよく使用する機能へのアクセスを容易にするために、お気に入りリスト、よく表示するリスト、レポート履歴が作成されました。キーボード対応のナビゲーションが導入され、矢印キーとナビゲーションホットキーを使用して容易にメニューを操作できます。また、検索機能が強化され、厳密なスペリングの一致が求められなくなるとともに、検索結果にレポート名だけでなくレポートの詳細とパンくずリストが表示されるようになりました。これは、「フォールアウト」レポートのように、レポート名がカテゴリーに使われている場合に役立ちます。

アプリ内メッセージ

利用者のアクション、特性または位置情報にもとづいてリアルタイムで配信されるアプリ内メッセージを制作、管理、レポートできます。モバイルアプリ分析には、全画面バナー、警告、ローカル通知など、複数のメッセージタイプに合わせて事前作成されたテンプレートも用意されています。このメッセージをアプリに配信するために、アプリをアップデートしたり、アプリストアにアプリを送信したりする必要はありません。

アルゴリズムによるアトリビューション

詳細な統計と機械学習を活用して、コンバージョンまでのカスタマージャーニーにおける各マーケティング接点の影響を明らかにします。アナリストは、この計量経済学的モデルを使用して、漸進的上昇を分析することにより、最も影響が大きかったマーケティング接点を容易に特定できます。さらに、ルールベースモデルを使用して、特定のキャンペーンの影響が他より大きかった理由や、様々なキャンペーンをどのように組み合わせれば成功に近づくかを分析できます。

コード図による視覚化

アナリストはコード図を利用して、関係の強度を視覚的に分析できます。コード図は、様々な要素の相関関係を視覚的に示し、相関行列よりもすばやく関係を視覚化できます。

回帰分析とトレンドライン

新しいトレンドラインをグラフに重ねて、視覚的かつ容易にデータを解釈できます。アナリストは、視覚的なグラフに対する回帰分析を行うことで、what-ifシナリオ(訪問数が一定のレベルまで増加した場合、収益に対してどのような影響があるかなど)を実行できます。

レイテンシーテーブル

レイテンシーテーブルは、ターゲットイベント前後の期間とそれに関連するあらゆるアクティビティを測定して、購入などのイベントの前後に顧客が行うアクティビティについてのインサイトをもたらします。レイテンシーテーブルの基準として、日数以外の測定基準(訪問数など)を指定できるようになりました。これにより、カスタマージャーニーを時間ではなくアクションによって理解することが可能になります。

クラスタリング

大規模な環境を持つ顧客の場合は、K-means++クラスタリングを使用することで、よりすばやく結果を入手し、各クラスターのオーディエンス規模のバランスをとるための代替手法を見つけることができます。

セグメントの書き出し機能のアップデート

ExcelやRなどの外部システム向けのデータ書き出しを容易にするために、CSVおよびTSV形式の新しいヘッダーを選択できるようになりました。

変換パフォーマンスの向上

変換段階での処理の高速化によって、処理時間が最大50%短縮されました。これにより、新しいデータをシステムに読み込んだ後に、データセット全体に対するクエリをより高速に実行できます。

2014年春リリース

リアルタイム分析

デジタルアセットとキャンペーンアクティビティから流し込まれるマーケティングデータにリアルタイムでアクセスし、関心を持たれているイベントにすばやく反応できます。このデータは非常にきめ細かく、収集後すぐに利用可能になります。また、あらゆるカスタム変数と、1ヒットあたり300変数以上に及ぶ標準変数を利用して、トレンドデータと要因の相関関係をリアルタイムに把握できます。サイトのタグ付けをやり直す必要はありません。

統合セグメントビルダー

より正確に、よりすばやくオーディエンスを発見し、分析します。ディメンションやイベント、さらにはその他のセグメントをドラッグ&ドロップするだけで、探し求めている正確なセグメント定義を作成できます。ブロックを積み上げるようにセグメントを作成するので、質問して答えを得るために複雑なセグメントを毎回作成し直す必要はありません。セグメントビルダーは、Adobe Analyticsのあらゆる機能やAdobe Experience Cloudの他のソリューションと完全に統合されています。

セグメント管理

セグメントの作成、編集、削除、タグ付け、共有、承認を実行できます。一度に複数のセグメントに対してアクションを実行できるので、時間が大幅に短縮されます。すべてのセグメントはレポートスイート間で共通して使用できるので、あらゆるプロパティで同じセグメントを何回も作成する必要はありません。また、すべてのユーザーが必要なセグメントにアクセスできるようにするために、セグメントを他のユーザーと個人、グループ、組織レベルで共有できます。Analyticsにもとづくターゲティングを行うためにセグメントを発行したり、お気に入りとしてマークしたりすることもできます。

ディメンションと指標の説明

あらゆるカスタムディメンションと指標(prop/eVar/イベント)に簡単な説明を追加できるようになりました。ディメンションが説明付きでWeb UIに表示されるので、何が表示されているかを容易に理解できます。これは、特にアナリスト以外のユーザーがレポートの内容をより深く理解するために役立ちます。

report builderへのダッシュボードとブックマークの読み込み

report builderには、Excelユーザー向けに多くの機能が追加されています。Reports & Analyticsで作成したブックマークとダッシュボードレポートレットを読み込めるようになったほか、パスやフォールアウトのリクエストも作成できるようになりました。これにより、Web上のAdobe AnalyticsとExcelでの分析をシームレスに連携、統合することが可能になります。

report builderのマクロサポート

日付とセグメントを操作するためのインタラクティブなコントロールと、スケジュール済みのワークブックの機能を拡張するためのマクロのサポートが追加されました。また、ワークブックを保護して受取人がリクエストを編集できないようにしたり、アナリストがワークブック設定の整合性を維持しながら、より実用的でインタラクティブなユーザー用ワークブックを作成することもできます。最後に、オフライン作業を選択し、より効率的に作業するためにリクエストを一時停止することもできます。

新しいOSタイプレポート

このレポートでは、レポートを簡略化するために、既存の「オペレーティングシステム」レポート内の項目をより上位レベルのカテゴリーにまとめています。

AnalyticsとTargetの連携

Adobe Targetのアクティビティとキャンペーンの分析に役立つセグメントをAdobe Analyticsで作成し、そのセグメントをAdobe Target内で活用して、テストにおける上昇率や信頼性などのレポートを生成することができます。テストを実行したり、アクティビティを作成する前に、Target内でセグメントを作成しておく必要はありません。Targetでは、標準的なキャンペーンの入口および出口指標に加えて、Analyticsのトラフィック、コンバージョン、パスに関するあらゆる指標を使用できるので、アクティビティがダウンストリームに与える影響をより詳細に分析できます。

フローチャート

オーディエンスの特性とエンゲージメントをツリー形式のグラフで評価し、特定の結果に対する潜在的な関係を表します。例えば、マーケターは最も可能性の高い顧客の判断を予測して、顧客に商品やサービスの購入、ビデオの視聴、その他のアクションを行わせるための取り組みをすることができます。顧客のデジタルジャーニーを予測する際には、地域、性別、購入履歴などの特性が考慮されます。

密度の可視化

密度の可視化機能では、ディメンションと指標を選択して、指標の大きさが上位の要素を面グラフで表示できます。要素は左上から右下に向かって、最も大きなものから最も小さなものへと並べられ、要素の相対的な大きさの比較が示されます。この可視化機能は、トレンド分析と比較分析をサポートしています。

ファインダー

ファインダーは新しい可視化機能で、分析に使用可能なあらゆるディメンション、指標、フィルターがここにまとめられ、ここから利用できます。項目を現在のグラフに直接ドラッグすることも、ファインダーから新しいグラフを直接開くこともできます。ファインダーを使用すると、分析の実行に必要な項目をすばやく使用でき、見つけ出すのも容易になります。メニューから項目を探す手間がなくなり、分析の実行と調査により多くの時間を費やせるようになります。

標準レポートタイプ

新しいワークスペースメニューの下に追加されたオプションとして、一般的なレポートにもとづいてフォーマットされたレポートテンプレートがあります。これらのレポートは、レポートや分析の出発点となり、即時に価値を見つけてそれを新しいエクスペリエンスに取り入れるのに役立ちます。

3D散布図

オーディエンスクラスタリング機能の最新リリースに含まれる3D散布図を使用すると、様々な指標や属性の位置関係を空間的に把握し、相関関係をすばやく可視化できます。

ルールベースのアトリビューションモデリング

最も影響のあるマーケティングチャネルとカスタマージャーニーをすみやかに特定するために、アドビは標準のルールベースのアトリビューションモデリングを提供しています。いくつかの事前作成済みモデルを使用してマーケティング接点を評価し、マーケティング施策とコンバージョンとの関係を新しい観点で捉えることができます。また、様々なウェイトの割り当てが与える影響を動的に分析して、カスタマージャーニー全体にわたるマーケティングチャネルの影響を全体的に把握できます。

モバイルアプリ取得分析

事前ダウンロードのアクティビティとアプリ使用状況データとを統合して、モバイルアプリのキャンペーンの成果を正確に把握できます。つまり、モバイルアプリのダウンロードをキャンペーンに結び付け、そのキャンペーンをアプリダウンロード後の多様なユーザー行動と関連付けて、ユーザーの生涯価値についての詳細なインサイトを導くことができます。