Adobe Analytics Premium: Predictive Intelligence

将来予測に必要なのは占いではなく
マーケティングツール

Predictive Intelligenceの革新的な機械学習とデータ視覚化機能によって、マーケティング活動の効果を可視化できます。また、「what if」シナリオで結果を予測し、予測スコアを利用して訪問者エンゲージメントの可能性を割り出すことができます。
 
 
Predictive Intelligence
リアルタイムデータにもとづく対応
リアルタイムイベントAPIを利用して、サイト訪問者の現在の利用状況を把握し、データにもとづいて各種イベントに適切な対応をすることができます。
顧客の全体像の分析
重要な情報を抽出
ビジネスの異常値に影響する主な要因を把握し、その影響度を測定します。
クロスチャネルアトリビューション
データサイエンスにもとづく将来予測
データマイニングや統計モデリングといった高度なデータサイエンスの手法を利用して、過去の成果を分析し、将来のマーケティング活動に活かします。

Analytics Premium: Predictive Intelligenceの機能

リアルタイム分析
サイト訪問者の現在の利用状況を把握します。リアルタイムイベントAPIを利用して、現在進行形のデータフィードを次のアクションにつなげます。ライブトラフィックを視覚化し、リマーケティングの方法をリアルタイムに改善します。
異常値検出
様々な指標の統計的に有意な増加または減少に注目し、異常値を特定します。重要な意味を持つ指標と、最も大きな成果を促進する戦略を特定します。
貢献度分析
トレンドデータと異常値から、「違いを生む違い」を特定します。大量のデータの中から、関連性のある要素を見出します。
傾向スコアリング
コンバージョン、離脱、反応の可能性が高い顧客を予測し、ターゲットにします。これにより、最大のインパクトを生むにはどこに時間を費やすべきかを判断できます。

顧客の現在を把握するだけでなく未来も予測

アドビはGartner社の2016年デジタルマーケティング分析分野のMagic Quadrantでリーダーに選ばれました。

マーケティング成果を高めるために

予測分析のベストプラクティスに関するユースケースをご覧ください。