Adobe Analytics Premium:Attribution

貢献度を正確に評価

あらゆるマーケティングチャネルをひとつの場所で監視し、それぞれの貢献度をコンバージョンごとに正確に評価できます。このインサイトにもとづいて、リソースの投下先や路線変更のタイミングを正確に判断できます。
 
Predictive Intelligence
チャネルの識別
Webやメール、モバイルなどのマーケティングチャネルを評価して、どのチャネルが有益かを判断できます。
顧客の全体像の分析
予算のアカウンタビリティ
マーケティング予算の一つひとつの支出項目について、どのようにして、いつ、どこで成否が分かれたかを特定できます。
クロスチャネルアトリビューション
顧客中心の判断
インサイトにもとづく顧客中心の判断をすることで、静的アトリビューションモデルを超える成果を期待できます。

Analytics Premium:Attributionの機能

ルールベースのアトリビューション
ラストクリックや、スターター/プレイヤー/クローザーといった基本的なルールベースのアトリビューションモデルを活用することで、最も効果的なマーケティング接点や経緯を容易に把握できます。
アルゴリズムによるアトリビューション
高度な統計機能と機械学習により、コンバージョンにいたるまでのそれぞれのマーケティング接点の効果を評価し、実際にビジネスで高い成果を上げている接点を見極めることができます。
相関関係ビューとクロスチャネルビュー
相関関係ビューとクロスチャネルビューにより、静的アトリビューションモデルでは得られなかった包括的な顧客インサイトを入手できます。
マルチチャネルの行動履歴を分析
顧客の現在の行動と、ネットでの過去の行動を結び付けることで、長期にわたる顧客行動を理解できます。


アトリビューション機能

単なるアトリビューションと一線を画す
統合型アトリビューション

Analytics Premium:Attributionがもたらす可能性の背景には、Adobe Experience CloudとAdobe Analyticsがあります。マーケティング活動を評価し、必要な対策をとることができます。様々な顧客セグメントが各種キャンペーンにどのように反応するかを可視化できます。

顧客の現在を把握するだけでなく未来も予測

アドビはGartner社の2016年デジタルマーケティング分析分野のMagic Quadrantでリーダーに選ばれました。

マーケティング成果を高めるために

Adobe Analyticsのベストプラクティスに関するユースケースをご覧ください。