同じセグメントは2つとありません。わずかな違いを識別します

顧客データの処理も難題ですが、そこから有意義なインサイトを得ることはさらに困難です。Adobe AnalyticsのセグメントIQがあらゆるデータの意味を理解し、特別な設定なしで顧客セグメント間の差異をすばやく容易に判断します。
インサイトにもとづいて迅速に対処
2つのセグメントをほんの数分で比較して、異なるオーディエンスが、類似したチャネルでどのようなインタラクションを生み出しているかを調べます。
価値の高い新規顧客を獲得
一方のセグメントのパフォーマンスがもう片方のセグメントより高い理由がわかり次第、ただちに価値の高い顧客を新しいセグメントにします。
セグメントの重複を除外
複数のセグメントに分類されている顧客を特定します。無駄な広告支出を削減し、より一貫性のあるメッセージを提供します。

Adobe AnalyticsのセグメントIQで実現できること

オーディエンスをセグメント化

オーディエンスセグメント間の意味のある実用的な差異が見つかるので、最も価値のある顧客を識別できます。

さらに深く分析

ディメンションやセグメントといった上位の指標の統計的な差異を判別し、それぞれのオーディエンスを特徴づける鍵となる特性を明らかにします。

ビッグデータを活用

アルゴリズムを使用して、アクセス可能な一つひとつの指標やディメンションの分析を自動化します。
 

顧客の現在を把握するだけでなく未来も予測

アドビはGartner社の2016年デジタルマーケティング分析分野のMagic Quadrantでリーダーに選ばれました。
 

マーケティング成果を高めるために

セグメント化のベストプラクティスに関するユースケースをご覧ください。