デジタルノイズの中からオーディエンスを見つけ出す

優良顧客を重視

ビジネスを成長させるには得意客の存在が不可欠です。しかし、得意客と他の一般のサイト訪問者とを区別できなければ、得意客に特別な配慮をすることもできません。ルールベースのセグメント化機能を持つDMPがあれば、特に大切な顧客を識別し、その顧客のために最適化されたエクスペリエンスを提供できます。

オンラインとオフラインのデータを組み合わせて優良セグメントを作成

優良顧客に似た行動をする新規利用者を特定

多様な顧客接点やデバイスにまたがるターゲティングを展開

Adobe Experience Cloudによる統合機能を利用して連続性のある顧客エクスペリエンスを構築

既知のデータからオーディエンスセグメントを構築

まず、1stパーティデータの中で優良顧客を見出します。その優良顧客の特性を参考にして、まだ発見されていないオーディエンスを識別します。さらに、オンラインとオフラインのあらゆる顧客接点から得られたデータを加えて、詳細なオーディエンスセグメントを構築するためのインサイトを導き出します。

複数のソリューション間でオーディエンスを共有

Audience Managerは、他のAdobe Experience Cloudソリューションとシームレスに統合できます。そのため、Adobe Analytics、Target、Media Manager、Campaignにオーディエンスを読み込み、統合的なエンドツーエンドのエクスペリエンスを提供することが容易にできます。

Analyticsとの統合による効率的な分析

Audience Manager内から有望な見込み客を特定できます。アルゴリズムにもとづくセグメント化機能を備えたデータ管理プラットフォームを利用できるので、類似(look-alike)モデリングによる分析を社外に依頼する必要はありません。

あらゆるコンテクストで顧客を認識

利用者IDを様々なデバイスや顧客接点や認証状態をまたいで統合します。これにより、利用者がいつどのような形で企業とやり取りした場合でも個別に特定できます。

データ管理をひとつ上のレベルへ

アドビはデータ管理ソリューションの分野で業界をリードする存在と評価されています。Forresterの新しい調査レポート「Forrester Wave:第4四半期のデータ管理プラットフォーム」をお読みください。

マーケティング成果を高めるために