インサイトをアクションに

まず顧客データの統合からスタート

顧客データは組織にとって最も価値ある資産です。統合された顧客データは、長期的なビジネスの成功につながるエクスペリエンスを構築するための青写真になります。しかし、今日の顧客データはかつてないほど大量のデータソースから生まれるため、そこから意味のある情報を導き出すことが難しい場合があります。データ管理機能は、コンプライアンスを維持したまま、データを整理し収益化するのに役立ちます。

1st、2nd、3rdパーティからのデータを整理して顧客の全体像を構築

データをメディアやパートナーに販売して新たな収益源に

業界標準やポリシーに対するコンプライアンスを維持

Adobe Analyticsの統合によって外部ベンダーへの依存を回避

顧客をかつてないほど深く理解

1stパーティのあらゆる顧客データを集めて一元管理します。それに2ndパーティや3rdパーティのデータを組み合わせて顧客の全体像を構築することで、最適化されたエクスペリエンスを提供できます。

オーディエンスを販売して収益を向上

Audience Marketplaceで自社の顧客データをバイヤーやパートナーのコミュニティに販売し、新しい収入源とすることができます。

コンプライアンスをコントロール

自社とデータパートナーのコンプライアンスを維持するために、グローバルなプライバシー標準やパートナーシップ契約、ビジネスポリシーを遵守するためのルールを設定できます。また、個人情報を含まない1stパーティデータを収集できます。

インサイトをすばやくエンゲージメントに生かす

AnalyticsとAudience Managerを統合することで、3rdパーティのCookieやベンダーを利用する必要がなくなり、市場投入までの時間をかつてないほど短縮できます。

データ管理をひとつ上のレベルへ

アドビはデータ管理ソリューションの分野で業界をリードする存在と評価されています。Forresterの新しい調査レポート「Forrester Wave:第4四半期のデータ管理プラットフォーム」をお読みください。

マーケティング成果を高めるために