的確なタイミングで顧客にリーチ

データポイントではない、「顔のある」顧客

現代社会では高度なパーソナライズが求められており、戦略的なマーケターはデータだけでなく顧客一人ひとりを識別し、管理しています。Audience Managerならば、顧客ごとの購買経路を複数のスクリーンやデバイスにまたがって追跡することができます。顧客一人ひとりに魅力的なエクスペリエンスを提供し、関係を深めることで、ロイヤルティの強化と収益の拡大を実現できます。

個人情報を含まない1stパーティデータとCRMデータを取り込み

オーディエンスの統合的な匿名プロファイルを構築

2ndパーティと3rdパーティのデータを使用して顧客理解を深める

チャネル横断的にリーチを拡大し、頻度をコントロールして、シームレスなメッセージを配信

あらゆるデータを集約

顧客分析データやCRMデータなど、あらゆる1stパーティデータをひとつの顧客プロファイルに取り込み、整理します。このプロファイルには、不必要な個人情報はいっさい含まれません。

顧客の全体像を把握して大きな成果を

プロファイルを結合して、様々なデバイスにまたがる顧客アクティビティを統合します。顧客の全体像を把握して、より魅力的なエクスペリエンスを提供し、チャネル横断的なメッセージを届けることができます。

データソースが増えても管理はシンプルなまま

1stパーティのID管理機能に2ndパーティデータを組み合わせます。Adobe Device Co-Opを利用すれば、他の企業と情報を共有し、顧客がどの接点を利用した場合でもAudience Manager内から顧客を識別できるようになります。これにより、デバイス追跡に要する時間が短縮され、より多くの時間をエクスペリエンスの最適化に費やせるようになります。

カスタマージャーニーを明確化

アドビのデバイスグラフを使用すると、顧客が企業とやり取りする際にどのデバイスをいつ使用しているかがわかります。この情報は、オーディエンスへのリーチを拡大し、頻度をコントロールし、効果的で一貫性のあるエクスペリエンスを様々な顧客接点にまたがって提供するために役立ちます。

データ管理をひとつ上のレベルへ

アドビはデータ管理ソリューションの分野で業界をリードする存在と評価されています。Forresterの新しい調査レポート「Forrester Wave:第4四半期のデータ管理プラットフォーム」をお読みください。

マーケティング成果を高めるために