作成日

16 March 2008

RIA開発を支援するための本ActionScriptリファレンスには、アドビテクノロジープラットフォームランタイム(Adobe Flash Player、Adobe AIRおよびAdobe FlexフレームワークAPI)のすべてのネイティブActionScript APIに関するリファレンス資料がアルファベット順で掲載されています。このガイドは、APIリファレンスとしてはもちろん、これらのランタイムで利用可能なActionScript APIを習得するためのツールとしても利用できます。

ガイドのダウンロード:

アドビテクノロジープラットフォームには、2つの主要ランタイム環境が含まれます(図1参照)。Flash Playerはブラウザベース、そしてAdobe AIRはデスクトップベースのランタイム環境です。Adobe AIRはFlash Playerを基に開発されています。したがってAdobe AIRではFlash Player APIを利用できますが、一方のFlash PlayerではAdobe AIR APIを利用することができません。 また、FlexフレームワークはFlash Player APIを基に開発されているので、FlexフレームワークはFlash PlayerとAdobe AIRの両方で実行することができます。 ただし、Flex APIの一部はAIR APIを利用していることから、Adobe AIRのみで実行できます。

本ガイドの使い方

クラス名またはインターフェイス名を基準にガイドのページをめくり、必要なアイテムを見つけます。クラスはすべてアルファベット順に記載されています。

各エントリには、そのアイテムに関する完全なAPIリファレンスが含まれ、各アイテムの名前、種別(クラスまたはインターフェイス)、パッケージ名、スーパークラス、実装されたインターフェイスはもちろん、静的なプロパティ、インスタンスプロパティおよびメソッドが含まれた完全なAPIリスティングも記載されています(図2参照)。

次のステップ

特定のAPIについて、さらに詳しい情報が必要な場合は、リファレンスガイド内に記載された当該アイテムのサブクラスのAPIを参照するか、以下のオンラインドキュメンテーションを参照してください。

本リファレンスガイドに対するご意見・ご要望および本ドキュメント内の誤表記の指摘は、Mike Chambersのブログにフィードバックを投稿(英語)するかたちでお寄せください。