大和 陽

大和はFlex/Javaを利用したRIA開発のプロフェッショナルとしてシステムのアーキテクチャ設計から構築までを行っております。彼は Flexによるクライアントサイドのプログラミングのみならず、サーバーサイドのJava技術やSeasar2をはじめとする各種フレームワークにも精通 しており、RIAとはクライアントサイドだけでなくシステムの全体最適が重要であることを業務やコミュニティ活動を通じて表現しています。