ADC MEETUPは、Adobe Developer Connection(ADC)と連動する開発者向けイベントだ。11月12日に行われた第3回目のテーマは「MAX RETWEET」。10月のAdobe MAX 2011で発表された新しいサービスやツールの情報が伝えられたほか、実際に参加した開発者によって、現地でキャッチしたFlashやHTMLの最新技術動向などの解説が行われた。

実施されたセッションは、General Sessionに加えて、HTMLトラック3セッション、Flashトラック3セッションの計7セッション。ADCではその全てのセッションの模様をスライドを交えながら紹介する。

SESSION1では、MAX 2011のGeneral Sessionで発表されたCreative Cloudや、HTMLとFlashテクノロジーの最新情報の紹介が行われた。スペシャルゲストによるパフォーマンスやデモもによって参加者を圧倒する場面も見られ、Flash/HTMLの可能性を印象づけるセッションとなった。

1 Creative Cloudを構成する3つの要素とは

開始の合図と同時に会場が暗転し、ステージ脇に設置されたドラムが鳴り響いた。スクリーンに映し出されたのは雷神のイラスト。電子打楽器奏者のMASAKing氏が叩くドラムと連動して、スクリーンの雷神が太鼓を打ち鳴らす。このパフォーマンスはAdobe AIR Contest 2011で最優秀賞を獲得した「V-Drums Friend Jam」を利用して行われたものだ。ローランド社とサイトフォーディー社によって共同開発された同AIRアプリは、「V-Drums」シリーズの電子ドラムとPCを接続して演奏結果の採点や練習時間の記録などを行うことができる。得点や演奏時間によってインターネット上でのランキングに参加したり、Twitterで演奏結果をつぶやくことができるなど、ドラム演奏にコミュニケーションの要素を巧みに取り入れている点が大きな特徴だ

迫力ある冒頭パフォーマンスの後は、アドビ システムズの西山正一氏と轟啓介氏が登壇し、まず西山氏からMAX 2011のGeneral Sessionにおける発表内容の紹介が行われた。西山氏によれば、今年の発表のメイントピックは2つあるという。その1つ目が新しいクラウドサービス「Adobe Creative Cloud」である。Creative Cloudは大きく分けて次の3つの要素から構成される。

  • Creative Services
  • Creative Apps
  • Creative Community

Creative Servicesは、クラウド技術をベースとして提供されるサービス群である。タブレット向けアプリケーション「Touch Apps」とのデータ同期機能を備えた20GBのクラウドストレージや、電子出版サービス(Digital Publishing Service Single Edition)、Business CatalystによるWebサイトの構築・管理、TypeKitによるWebフォントサービスなどが提供される。

Creative Appsは、クラウドストレージを介してデータ同期などの連携機能を利用することができるアプリケーション群を指す。具体的にはAdobe Master Collectionに含まれる全ツール、後述する「Adobe Edge」と「Adobe Muse」、そして新たに発表された「Adobe Touch Apps」などが、Creative Cloudのアカウントのもとで利用できるようになる。Touch AppsはAdobeから提供されるタブレット向けアプリケーションの総称で、MAXの時点では次の7種類が発表され、本稿執筆時点ではAndroid向けに Ideas/Photoshop Touch/Collage/Debut/Kuler/Protoが、iOS向けにIdeasCarouselが販売されている。

  • Adobe Ideas - スタイラスペンや指先を使ってスムーズな描線の描画が行えるベクトルベースの描画ツール
  • Adobe Photoshop Touch - タブレット向けにカスタマイズされたPhotoshopアプリ。タッチジェスチャーを使った編集やレイヤーの3D表示などが行える
  • Adobe Carousel - クラウドベースで写真の管理や編集を行う写真共有ツール
  • Adobe Collage - 画像やテキストなどのCreative Suiteの成果物を取り込んで、1枚のイメージボートに統合するツール
  • Adobe Debut - Creative Suiteで作成した成果物をクラウドから取り込んでプレゼンテーションするためのツール。フィードバックを受け取ってその場で書き込んでいくことができる
  • Adobe Kular - カラーテーマ(配色パターン)を作成したり、コミュニティで公開されているKulerテーマを使って様々な色の組み合わせを試すことができるツール
  • Adobe Proto - Webサイトやモバイルアプリケーション向けUIのワイヤーフレームやプロトタイプを作成するためのツール

Touch Appsについては、西山氏によって実機のデモが紹介されたほか、会場に展示ブースが設けられ、実際に触って試すことができるようになっていた。

Creative Cloudを構成する3つ目の要素、「Creative Community」は、アイデアやクリエイティビティの共有など、ユーザ同士のコミュニケーションをサポートするサービスが提供されるという。ただし、Communityについてはまだ検討中の部分が多く、詳細は未定とのことだ。

ADC MEETUPでは、Creative Cloudの日本向けの提供価格も発表された。年間契約の場合で、個人ユーザは月額5,000円、グループ契約では月額7,500円となっており、この他に月単位での利用価格も設定する予定があるという。ただし、当面の間は従来通りのパッケージ販売も継続するとのことだ。これまでパッケージ単位での販売を採用してきたアドビが、Creative Cloudをきっかけにサブスクリプション型の価格モデルへのシフトに乗り出したのはなぜだろうか。西山氏は次のように説明した。

「背景には、従来のやり方では、開発サイクルのペースが世の中の進化に追いついて行けないという事情があります。いち早くトレンドに対応するためには、もっと早いペースでのアップデートを行っていかなくてはならない。そのためにはサブスクリプションによる提供の方が適しているという判断に至ったということです」

2 HTMLに対するアドビの取り組み

MAX 2011における2つ目の大きなトピック、それはFlashとHTMLに対するアドビの取り組みに関する話題だ。Flashは言うまでもないが、同社ではHTML5についても積極的なサポートを表明している。この取り組みについては、同社の岩本崇氏がデモを交えた紹介を行った。

まず、アドビではHTML5に関連する2つの新しいツールを開発中であり、それぞれプレビュー版/ベータ版が公開されている。1つはアニメーションオーサリングツール「Adobe Edge」、もう1つはコードを書かずにHTML5対応のWebサイトを構築できる「Adobe Muse」だ。

ツールの提供だけでなく、HTML/CSSに関する標準化に対してもアドビは積極的なコミットを行っているという。その一例として、岩本氏はCSSに関する2つの技術を紹介した。「CSS Regions」は、テキストの複雑な回り込みをシンプルな記述で表現するためのもの。画像の形に合わせた回り込みや、画面サイズに合わせた自動調整などが可能で、DTPのような自由なレイアウトを実現できるという。一方 「CSS Shaders」は、画像や動画を含むコンテンツに対して、折り畳んだり、折り曲げたり、めくったりといった、紙のようなエフェクトを可能にするものだ。

これらのツールについてはHTMLトラックのSESSION2「Adobe new tools : Introduction of Edge, Muse and Proto」でも詳しく紹介されたので、そちらのレポートも参照していただきたい。

上記の他に、MAX 2011会期中にはCSS3をサポートするFireworksの拡張機能「Adobe Fireworks CSS3 Mobile Pack」のプレビュー1も公開された。この拡張機能をインストールすれば、jQuery MobileのアイコンやテーマのスタイルをFireworks上で編集することができるようになる。それに加えて、選択したオブジェクトのCSSプロパティ情報を自動で取得し、CSSコードを出力できるという機能もある。

MAX 2011での大きな発表の1つには、アドビによる「PhoneGap」の提供元であるNitobi Software社の買収があった。PhoneGapは、HTML/CSS/JavaScriptを使って、AndroidやiOS、BlackBerryなどのモバイルデバイス向けネイティブアプリを構築することができるオープンソースのフレームワークである。このPhoneGapとアドビの各種ツールとの連携がどういう形で実現するのかも気になるところだが、この日に岩本氏が紹介したのは、すでに実現済みのサービス「PhoneGap Build」だ。

PhoneGap Buildは、PhoneGapによるネイティブアプリの構築機能を、Webサービスとして提供するもの。HTML/CSS/JavaScriptのコードをアップロードすると、自動で各プラットフォーム向けのアプリをダウンロード可能な形で生成してくれる。PhoneGapを使ったアプリ開発については、「Design Tips & Development with jQuery Mobile and PhoneGap」のレポートも参照して欲しい。

3 Flashは終わらない

続いて、轟氏によってFlashに対するアドビの取り組みについて紹介された。同氏からは、まずモバイルブラウザー向けのFlash Platform開発の中止に関する説明があった。まず注意しなければならないのは、今回開発の中止が発表されたのはモバイル版Webブラウザー向けのFlash Playerだけであり、デスクトップ版のFlash Playerや、モバイル版を含むAdobe AIRの開発は今後も継続されるという点だ。決してFlashテクノロジーへの投資をやめたわけではない。

ではなぜ、このような決断に至ったのか。轟氏の説明では、Flashテクノロジーの利用状況を分析した結果、モバイル端末向けに最適化されたFlashの使われ方としてはネイティブアプリ、つまりAIRに集中していることが明らかになったとのこと。そこで、限られた開発リソースをAIRに集中するための苦肉の策として、モバイルブラウザー向けFlash Playerからの引き上げという結果になったという。

この決断によってFlashの進化は終わってしまうのだろうか。答えは「NO」だと轟氏は強調する。ここで登場したゲストスピーカーが、それを強く感じさせるデモを披露してくれた。壇上に上がったのはスクウェア・エニックス社コーポレート・エグゼクティブの橋本真司氏と、オンライン事業部ディレクターの小林吉彦氏の2名。この2名が紹介されたのは、Flash Player 11で追加された新機能「Stage3D」と関係している。Stage3Dは、GPUのハードウェアアクセラレーターを利用した高性能なレンダリングアーキテクチャである(詳細はFlashトラックのSESSION2「Stage3D の利用で広がるFlashの表現と可能性」へ)。

橋本氏によれば、スクウェア・エニックスで運営している会員サイト「Square Enix Members」向けに開発中の新しいサービスが、このStage3Dを活用することで初めて可能になったのだという。Square Enix Membersでは、ユーザが自分の3Dアバターを作成し、人気ゲームの衣装を着せるなどして楽しむことができる。同社が計画しているのは、このアバターを使ってWebブラウザーから参加できるユーザ参加型の3Dゲームである。

ユーザは自分のアバターをゲーム世界で動かし、ソーシャルゲームのように友人のアバターなどと協力しながら敵モンスターと戦うことができる。相手はファイナルファンタジーやダーククロニクルなどといった有名ゲームタイトルで登場する人気モンスター。この日、世界で初めて披露されたこの新サービスのデモでは、バハムートと戦うシーンが紹介された。このバハムートはコンシューマ向けソフトの3Dモデルそのものを取り込んで描画しているという。

この新サービスは2012年春頃に公開が予定されている。小林氏によれば、3Dアバターを活用するこのようなアイデアは以前からあったが、Webブラウザー上の3Dグラフィックス描画で満足な性能を得られなかったのだという。それが今回、合計2万以上のポリゴンを安定して描画できるStage3Dによって初めて実現した。「グラフィック性能の向上によって、ブラウザーゲームとコンシューマゲームの融合が可能になった」と小林氏は語る。今回披露されたのはデスクトップ版Webブラウザーでのデモだったが、Adobe AIRによるモバイルアプリも提供する予定とのことである。

4 Adobe AIR、そしてFlexにも新展開

さて、冒頭のドラムパフォーマンスで会場を沸かせた影の立役者「Adobe AIR」だが、MAX 2011会期中には最新版となるAIR 3がリリースされている。轟氏は、その新機能からメイントピックとなる「Captive Runtime」と「Native Extensions」の2つを紹介した(詳細はFlashトラックのSESSION3「AIR3の新機能:Captive Runtime + Native Extensions」へ)。

なお、Flash Player 11/AIR 3については、ADC MEETUPが行われた11月12日にそれぞれ後継版であるFlash Player 11.1、AIR 3.1がリリースされている。

最後に轟氏は、Flex SDKの今後について説明した。まず、次期バージョンとなるFlex 4.6 SDKおよびFlex Framework 4.6は、11月29日(米国時間)のリリースが予定されている。4.6では、新しいコンポーネントの追加や、コンパイラのパフォーマンスの向上、モバイル対応の強化などが行われているとのこと(詳細はFlashトラックのSESSION4「What's new in Flex 4.6 SDK」へ)。

なお、アドビのFlexチームは、公式ブログの11月12日付けエントリーにて、Flex Frameworkが今後非営利のオープンソース団体に寄贈されることを発表している(提供先の候補はApache Software Foundationであることが後日明らかにされた)。とはいえ、これはアドビがFlexから手を引くことを意味しているわけではない、と轟氏は説明する。今後もアドビの開発チームはFlexの開発に積極的にコミットしていくとのことである。アドビのFlexチームとオープンソース開発者とのコミュニケーション手段としては「Spoon Project」のような試みもあるので、これらの動向にも注目しておくとよいだろう。

関連記事

ADC MEETUP ROUND03 レポート