このホワイトペーパーのPDF版をダウンロード (PDF、224 KB)

このドキュメントでは、Adobe® Flash®ランタイムの概要と、Flashランタイムの開発のロードマップについて説明します。このドキュメントの主な目的は、Adobe Flash PlayerおよびAdobe® AIR®に組み込まれているFlashのコア機能の今後1年の見通しに関する、アドビの現在の方針と計画をお伝えすることです。

注意:このドキュメントに含まれる情報は現時点でのものであり、その内容は予告なく変更されることがあります。先の時期になるほど、ロードマップの詳細が変わりやすくなります。ここで取り上げている項目について計画が大幅に変更された場合は、このドキュメントの内容を適時更新します。このドキュメントの最新版は、adobe.com/go/flashplayer_roadmap_jpでいつでもご覧いただけます。

概要

過去10年間にわたりFlash PlayerとAdobe AIRは、豊富な機能を備え、表現力に富むコンテンツを様々なブラウザー、デスクトップおよび端末に配布するための一貫したプラットフォームとして、Webコンテンツの開発に重要な役割を果たしてきました。アニメーションを可能にするプラットフォームとして開発されたFlashランタイムは、あらゆる機能を備えた包括的なマルチメディアプラットフォームへと進化し、以前は不可能だったWeb体験を提供できるようにしました。

アドビは、今後Flashが特に適した市場として、ゲームとプレミアムビデオが存在すると考えています。一般的なモーショングラフィックスについては、今後もHTML5やCSS3といった、標準規格ベースのテクノロジーを用いた展開・配信がますます増えるものと思われますが、アドビは引き続き、Flashコンテンツがより多くのオペレーティングシステム上で視聴できるようにすることに注力していきます。

Flashランタイム

Flashランタイムとは、Flash PlayerとAdobe AIRからなる2つの主な実行環境を指しています。コアのマルチメディアテクノロジーのセットを基盤とするこれらのランタイムは、様々なブラウザー、オペレーティングシステムおよび端末で実行可能な、表現力に富むコンテンツやアプリケーションを作成および配布するための、一貫したプラットフォームです。

Flashランタイム向けのコンテンツは主にActionScript 3言語を使って開発され、SWFファイルとしてパッケージ化されるか、ネイティブフォーマットにコンパイルされます。これらのファイルにはFlashランタイム内で実行および表示するためのマルチメディアアセットとコードが収録されています。

SWFファイル形式の規格は一般公開されており、adobe.com/go/flashspecs_jpで確認することができます。

Flashランタイムコア

Flashランタイムコアには、個々のランタイム配布の基盤となる、基本APIおよび機能が含まれています。ランタイムの主な配布媒体はFlash PlayerブラウザープラグインとAdobe AIRであり、これらは個々の実行環境に固有の、追加のAPIおよび機能を提供します。

特に明記しない限り、このドキュメントで言及する機能は、Flashランタイムのコアで定義され、この機能が含まれるランタイム配布に適用されるものです。このドキュメントでいう「Flashランタイムコア」とは、ランタイム配布で共有される、このコアFlash機能のことです。

また、「Flashランタイム」とは、コアFlash機能を基盤とするランタイムのことです。これらのランタイムには、Flash Player(ブラウザープラグイン)とAdobe AIR(スタンドアロンアプリケーション)があります。

Adobe Flash Playerブラウザープラグイン

Adobe Flash PlayerはコアFlash機能を基盤として構築されたブラウザーベースのプラグインであり、様々なブラウザーおよびオペレーティングシステム上で、表現力に富むアプリケーション、コンテンツおよびビデオを、妥協のない品質で表示できるようにします。

ここで言う「Flash Player」および「Flash Playerブラウザープラグイン」とは、Flash Playerブラウザープラグインランタイムのことです。

Adobe AIR

Adobe AIRは、コアFlash機能を基盤として構築されたデスクトップおよびモバイル向けのランタイムであり、多様なパーソナルコンピューター、オペレーティングシステムおよびデバイス向けのスタンドアロンアプリケーションとして、Flashベースのコンテンツを作成および配布できるようにします。

Flashランタイムの歴史

Flash Playerは、シンプルなベクトルベースのグラフィックスやアニメーションを表示するための、ブラウザーベースのプラグインとして、1990年代後半にリリースされました。当時はアニメーションを直接ブラウザーに表示するのが困難だった頃で、アニメーションをWebに表示するための優れたクリエーティブメディアとして、すぐに高い評価を得るようになりました。

その後新しい機能がFlash Playerに追加されて、Flash Player内で可能な操作やWeb上で可能な操作が大幅に増えました。追加された機能には、以下のようなものがあります。

  • アニメーション
  • ベクトルベースのグラフィックス
  • オーディオ(MP3を含む)
  • ビデオ
  • マイクロフォンおよびWebカメラの使用
  • 低レベルのビットマップ操作
  • バイナリベースのソケット
  • 厳密に型指定された、クラスベースのプログラミング言語
  • ハードウェアアクセラレーションされた2Dコンテンツおよび3Dコンテンツ

新しい機能が追加されるにつれ、デザイナーや開発者がWeb用に新しいタイプのコンテンツを作成するようになり、ユーザーがFlash Playerをインストールして使用するのが一般的になりました。これが好循環を生み出しました。Flash Playerに備わった新しい機能によって、Webを介してほぼ世界中にコンテンツが提供できるようになったため、開発者たちは表現力に優れた新しいタイプのコンテンツを開発するようになりました。また、Web上で優れたコンテンツが提供されるようになったことを受けて、ユーザーは確実にFlash Playerをインストールするようになりました。

アドビは2008年に、コアFlashランタイム機能を備えたデスクトップランタイムをリリースしました。これがAdobe AIRであり、このランタイムによって、開発者やデザイナーはFlashベースのコンテンツをスタンドアロンアプリケーションとして作成できるようになりました。当初はデスクトップオペレーティングシステムのみが対象でしたが、今ではモバイル端末向けのネイティブアプリケーションにも対応するようになっています。

Flashランタイム戦略の焦点

ブラウザー市場での競争が激しくなるにつれ、ブラウザーのベンダーが、機能豊富なモーショングラフィックスをブラウザーテクノロジーを介して直接展開できる機能を開発し、提供するようになりました。これは、以前は主にFlash Playerが果たしていた役割です。HTML5、CSS3、JavaScriptおよびその他の最新のWebテクノロジーを使って、モーショングラフィックスをブラウザーを介して直接展開するケースが増加しています。アドビはこの傾向が今後も継続し、さらに加速するものと想定し、引き続き、このような流れの中でも重要な役割を担っていきます。

アドビは、主に2つの用途において、Flashランタイムが特に優れていると考えています。その用途とは、コンソール品質のグラフィックスを使った、機能豊富で表現力に富むゲームの開発および展開と、プレミアムビデオの展開です。

これらの用途に重点を置くといっても、既存のコンテンツが実行できなくなったり、ゲームやプレミアムビデオ以外のコンテンツにFlashが使用できなくなったりするわけではありません。しかし、今後の展開においては、ゲームとプレミアムビデオ向けの事項が優先されることになります。

ゲーム

ゲームは、最高クラスの機能、一貫性、パフォーマンスおよびアクセス性が求められる、実体験型のインタラクティブコンテンツです。統合されたベクトルおよびラスターグラフィックス、アニメーション、同期されたダイナミックサウンド、ビデオおよび応答性に優れたパフォーマンスのすべてをWebで提供できるFlashは、カジュアルでありながら複雑さが増す一方であるゲームに適したプラットフォームです。

HTMLベースのゲームについては、今後も引き続き注目が高まり、機能も充実するものと考えられますが、現時点においてはFlashランタイムの方がいくつかの重要なエリアにおいて、ゲームプラットフォームとしての特長とアドバンテージを有しています。

  • Flash Playerブラウザープラグインを介してあらゆる場所のPCをターゲットにできるほか、Adobe AIRを介してモバイルデバイスをターゲットにできる
  • ハードウェアアクセラレーションされた2Dおよび3Dレンダリングのサポートにより、コンソール品質のグラフィックスを表示できる
  • 規模の大きなゲーム開発者エコシステム
  • 信頼性の高いオブジェクト指向プログラミング言語
  • 新しい機能をすばやく追加し、幅広いユーザーに提供できる
  • Adobe Flash® Builder®、Adobe Flash® Professional、Adobe Photoshop®、Adobe Illustrator®など、世界トップクラスの開発者向けツール

Flashは、ゲーム開発者が機能豊富なゲームをより簡単に作成してより多くのユーザーに提供できるようにする、他のどのプラットフォームよりも優れたWeb向けのゲームコンソールです。Flash Playerブラウザープラグインは、追加インストールを必要とすることなく、99%のパーソナルコンピューターにリーチできます。これは13億台ものパーソナルコンピューターに導入済みということです。さらに、Adobe AIRを利用すれば、Flashベースのゲームをネイティブアプリケーションとしてパッケージ化し、それらをApple iPhone、Apple iPad、Androidスマートフォン/タブレット、Kindle Fireなど、様々なスマートフォンやタブレット端末に提供することができます。

アドビは、ゲーム関連のビジネス強化に重点を置いた取り組みを展開しています。

Flashランタイムによって障害が取り除かれたことで、幅広いユーザーをターゲットとしてエキサイティングなゲームを提供し、収益につなげることができるようになります。ゲーム業界の大手企業は、Flashベースのゲームに投資することで、毎年巨額の収益を上げていますゲームは、最も機能が豊富で、要件の厳しいインタラクティブコンテンツです。アドビは、迅速な技術革新を遂げ、幅広いユーザーをターゲットにできるFlashが、今後もゲーム制作に最適なツールとしての地位を維持すると確信しています

アドビのゲームに対する取り組みについて詳しくは、http://gaming.adobe.comを参照してください。

プレミアムビデオ

Adobe Flashは、多様なブラウザーおよびオペレーティングシステムに対応し、高い品質と安全性を備えた一貫性のあるパブリッシュ/再生プラットフォームを提供することで、オンラインビデオの爆発的な普及を後押ししてきました。高品質で一貫性のあるコーデック、ストリーミングプロトコルおよびコンテンツ保護テクノロジーを提供するFlashは、オンラインビデオの「ビデオエンジン」として推進役を担っています。さらに、低レベルのアクセスを提供するFlashでは、開発者自らが、従来高レベルのAPIを介してしか実現できなかった、カスタムのビヘイビアーやプロトコルをプログラミングすることも可能にしています。

Flashには、以下のような、基本的かつ固有のメリットが多数備わっています。

  • 多様なブラウザー、プラットフォームおよびオペレーティングシステムに対応する、単一の一貫した、プレーヤーおよびコーデックのサポート
  • プレミアムビデオコンテンツをオンライン配布用にライセンスすることを可能にする、コンテンツ保護(単一DRM)機能のサポート
  • 広告の挿入やアドビのProject Primetimeを用いた分析のサポートなど、プレミアムコンテンツオーナー向けの「ミッションクリティカル」なビデオプラットフォームを提供する、成熟し、あらゆる機能を備えた実証済みのソリューション

オンラインビデオはまだ開発途上の段階にあり、アドビは引き続き、放送用コンテンツやプレミアムコンテンツのオンライン配信が今後ますます活発になるものと考えています。これまでコンテンツの制作者や提供者は、テレビとデスクトップでの視聴だけを考慮すれば良かったといえるでしょう。しかし、今ではタブレットやスマートフォン、スマートテレビといった様々なビデオストリーミング端末に対応することが求められています。アドビはProject Primetimeを通じて、この分野にも注力しています。

アドビのProject Primetimeは、コンテンツがどのように視聴されているかを問わず、コンテンツ提供者が幅広く顧客とのリーチを確保することができる、クライアントとサーバー両方のテクノロジーであり、プログラマーや事業運営者に対して、ビデオのパブリッシュ/換金化/解析を網羅した単一のソリューションを提供します。アドビのProject Primetimeは、現時点でHDSおよびHLS、そして今後Adobe Access DRMとの連携が可能なターンキー形式のDASHを含む、複数のストリーミング形式に対応しています。

アドビは他にも、デジタル家電のOEMメーカーやその他のサードパーティー電子機器メーカーに対して、組み込み可能なPrimetime Media Player(PMP)を提供しています。PMPは、プログラマーや事業運営者がHDSおよびHLS(そしてまもなくDASH)を、インターネットに接続されたデジタル家電にストリーミングすることを可能にします。また、JavaScript APIを用いながら、Adobe Access DRMの完全な保護が確保された、オリジナルのビデオプレイヤーを開発することも可能です。

アドビの高度なビデオソリューションは、Flashランタイムとネイティブのモバイルプレイヤーを利用することによって、幅広い種類のデバイス共通で高品質なコンテンツをスムーズかつ安全に提供することを可能にします。また、アドビの換金化テクノロジーを利用すれば、コンテンツ所有者はダイナミック広告の挿入や高度な解析、QoS指標、オーディエンスセグメンテーションなどの機能を利用しながら、ビデオコンテンツから一層多くの価値を引き出すことができます。

テクノロジーロードマップ

ここでは、今後1年間に予定している、Flashランタイムのリリースおよび機能のロードマップを紹介します。なお、このドキュメントは所定の期間が過ぎた後、ロードマップの延長と再定義に伴って更新される予定です。ここに記載する情報は、Flashランタイムの今後の大まかな方向と、Flashに関して計画または検討されているいくつかの機能について、開発者やコンテンツプロバイダーが理解するためのガイドとして提供するものです。

このロードマップはFlashランタイムに関するアドビの現時点での計画および考えを表すものであり、変更される可能性があることをご了承ください。計画されているリリースが後になるほど、リリースの詳細が変更される可能性が高くなります。

情報や計画が変更された場合は、このドキュメントも更新されます。

Adobe AIR

以前、Adobe AIRとFlash Playerブラウザープラグインは、似てはいるものの別個の道を歩んでいました。ほとんどの場合、新しいFlash APIおよび新機能は、まずFlash Player プラグインでリリースされ、最終的にはAdobe AIRのリリースにも組み込まれます。将来は、Adobe AIRとFlash Playerブラウザープラグインのリリースが同期されることが増えて、同時リリースになる予定です。

Adobe AIR 3では、開発者がアプリケーションにネイティブの拡張機能をバンドルすることで、ランタイムのAPIサーフェスと機能を拡張できるようになりました。これらの機能拡張はより低いレベルの言語で記述され、Adobe AIRでは公開されない機能にアクセスできるようにします。

Adobe AIR 3からは、専属のAIRラインタイムとAIRの再配布可能ファイルをパッケージ化して配布する機能が追加装備されました。これにより、システムにどのバージョンのAdobe AIRがインストールされているかを問うことなく、アプリケーションが実行できるようになっています。AIRコンテンツに関してアドビは、対象システムにインストールされているAIRランタイムに依存することがないように、専用のランタイムを収録してすべてのAIRコンテンツを配布することを推奨しています。

Adobe AIRの将来の開発では、Flashランタイムコアの機能の組み込みに重点が置かれます。デスクトップやモバイル端末に特化したAPIの開発が行われることもあり得ますが、Adobe AIRの主な開発目的ではなくなります。Adobe AIR APIで直接提供されない機能を必要とする場合は、ネイティブの拡張APIを介してその機能を追加することを検討してください。

Flash Player 11.2およびAIR 3.2

2012年3月にリリースされたFlash Player 11.2とAIR 3.2は、ゲームおよびビデオ市場にとって重要な機能を追加することに重点を置いて開発されました。

このリリースに含まれている機能には以下のようなものがあります。

  • マウスロックのサポート
  • 右および中央のマウスクリックのサポート
  • コンテキストメニューの無効化
  • Apple iOSおよびAndroid向けの、ハードウェアアクセラレーションされたグラフィックス/Stage 3DのAdobe AIRを介したサポート
  • ハードウェアアクセラレーションされたコンテンツの普及を後押しするために、ハードウェアアクセラレーション対応ビデオカードのサポートを拡大(2008年1月より)
  • 新しいスロットルイベントAPI(Flash Playerがコンテンツをスロットリング、一時停止または再開するときにイベントを送出)
  • あらゆるデスクトッププラットフォーム上でビデオの全体的なパフォーマンスを強化する、マルチスレッドビデオデコードパイプライン
  • デバッグプレイヤーにおけるプレミアム機能の使用通知。リリース版プレイヤーではコンテンツを無制限に実行可能

Flash Player 11.3およびAIR 3.3

2012年6月にリリースされたFlash Player 11.3とAIR 3.3は、ゲーム市場において重要な機能や、開発者からの要望が多い機能を組み込むことに重点を置いて開発されました。

このリリースに含まれている機能には以下のようなものがあります。

  • フルスクリーンモードでのキーボード入力のサポート
  • 低レイテンシのオーディオに対応するための、オーディオサポートの強化
  • Stage 3Dコンテンツ向けにテクスチャをプログレッシブにストリーミングする機能
  • FirefoxでのFlash Playerの保護モード
  • フレームラベルイベント
  • BitmapDataからJPEGおよびPNG形式への圧縮のサポート
  • Mac OS X App Storeのアプリケーションサンドボックス要件のサポート
  • Stage3Dのテキストストリーミングのサポート
  • GPUドライバーの詳細に関するより充実した情報
  • 高品質APIによるビットマップ描画(新規)
  • Release outsideマウスイベントAPI
  • Mac OS用のFlash Playerのサイレントアップデートのサポート
  • Android 4.0デバイスでのスタイラスのサポート(Adobe AIR)
  • iOS向けのUSBデバッグ(Adobe AIR)
  • iOSシミュレーターのサポート(Adobe AIR)

Flash Player 11.4およびAIR 3.4

2012年8月にリリースされたFlash Player 11.4とAIR 3.4は、ゲーム市場において重要な機能や開発者からの要望が多い機能を組み込むことに重点を置いて開発されました。

このリリースに含まれている機能には以下のようなものがあります。

  • ActionScriptワーカー(個別のスレッドでActionScriptの並行実行が可能)
  • 高度なプロファイリングのサポート
  • ByteArray向けのLZMA圧縮のサポート
  • 2006に拡張されたStage3D用にハードウェアアクセラレーションされたビデオカードのサポート
  • Apple iOSをターゲットとした場合のActionScriptのパフォーマンスの強化
  • 現在の環境でのパフォーマンスについて通知する、パフォーマンスインデックスAPI
  • アルファに対応した圧縮テクスチャのサポート
  • StageVideo.attachCamera APIのサポート
  • iOS向けプッシュ通知のサポート(Adobe AIR)

Flash Player 11.4のプレミアム機能

このドキュメントには、以前、Flash Player 11.4のプレミアム機能についての記述が含まれていました。2013年1月からは、XC API(domainMemory APIとStage3DハードウェアアクセラレーションAPIの組み合わせ)のプレミアム機能指定が解かれており、これらの機能にアクセスするためにアドビから別途ライセンスを取得したり、使用料を支払ったりする必要がなくなっています。domainMemory APIの高速メモリオペコードと組み合わせてStage3D APIを使用することは、今後、標準機能として提供されるので、コンテンツ作成者がアドビとの別途ライセンス契約を締結する必要がなくなります。

プレミアム機能について詳しくは、後述のプレミアム機能のセクションを参照してください。

Flash Player 11.5およびAIR 3.5

2012年11月にリリースされたFlash Player 11.5とAIR 3.5は、主にパフォーマンスの向上と安定性に重点を置いています。

このリリースに含まれている機能には以下のようなものがあります。

  • ActionScriptワーカーでの共有ByteArrayのサポート
  • Flash Playerのリリース版ビルドでのデバッグスタックトレース
  • 様々なバグフィックス

Flash Player 11.6 およびAIR 3.6

2013年2月にリリースされたFlash Player 11.6とAIR 3.6は、主にゲームのパフォーマンスの向上、セキュリティ強化および安定性に重点を置いています。

このリリースに含まれている機能には以下のようなものがあります。

  • ランタイム時にグラフィックスベクトルデータにクエリをかける機能
  • フルスクリーン許可ダイアログのユーザーインターフェイス改善
  • AOTモードでiOSにデプロイしたAIRアプリケーションのランタイム時にSWFを読み込む機能
  • AIRアプリケーションとしてiOS端末にデプロイする際に、サポート対象の画像解像度をより細かく制御
  • Flash ProfessionalのHiDPIサポート
  • 高速のメモリ操作/組み込みへのActionScript 3アクセス

Flash Player 11.7およびAIR 3.7

2013年4月にリリースされたFlash Player 11.7とAIR 3.7は、引き続きセキュリティと安定性に重点を置き、ゲームの機能を追加しました。

このリリースに含まれている機能には以下のようなものがあります。

  • Androidのキャプティブランタイムのデバッグ
  • OUYAコントローラーのサポート
  • iOSで2番目のSWFファイルのリモートホスティング
  • iOSでの共有オブジェクトのバックアップ防止によるiCloudのサポート強化
  • 16 bitテクスチャのサポートによるメモリ管理の効率化

Flash Player 11.8およびAIR 3.8

現行のリリースであるFlash Player 11.8とAIR 3.8は、主にゲームの機能に重点を置き、セキュリティと安定性に関する機能も強化しています。

追加された機能には、以下のようなものがあります。

  • ムービークリップの再帰的なストップAPI
  • デスクトップブラウザーおよびAndroidでのGamePadサポート
  • サポートするテクスチャの最大サイズを4096 x 4096に拡大
  • 矩形テクスチャのサポート
  • iOSでのLZMA圧縮されたSWFのサポート
  • モバイルのAIRでのDatagramソケットおよびサーバーソケットのサポート
  • デスクトップのAIRのStageVideo

Flash PlayerとAIR「Irving」および「Jones」

2つの次期バージョンのリリースをそれぞれ2013年後半と2014年前半に予定しています。これらのリリースでも、プレミアムビデオ、ゲーム、セキュリティ、安定性に引き続き重点を置いています。

これらのリリースで開発中の機能には以下のようなものがあります。

  • デスクトップFlash PlayerおよびAIRのOSX Mavericksのサポート
  • iOSのパッケージ時間の大幅な削減
  • モバイルでのActionScriptの同時使用(ベータ版)
  • iOS 7のサポート(Appleのスケジュールによる)
  • Windows 8.1 PlayToのサポート
  • Windows 8.1のタブの扱いの改良
  • Windows Internet Explorer 11のバックナビゲーションキャッシュのサポート
  • AIR AndroidでのXXHDPIアイコンのサポート
  • Mac OS Xにpkgインストーラーをバンドル(現在は.dmg)

Flash Player「Next」

アドビは過去10年間にわたり、Web開発用の言語とバーチャルマシンの開発・発展において重要な役割を担ってきました。例えば、Flash Playerを通じては、いくつかのバーチャルマシンとその開発言語の発展と展開に寄与する一方で、ECMAScript / JavaScript言語の草案と規格の定義においても(現在進行中の「Harmony」も含め)リーダーシップをとり、精力的に貢献してきました。アドビは、Webとマルチメディアのランタイムを対象とした、次世代のバーチャルマシンと言語開発を専門に手がける、業界屈指のエンジニアリングチームを擁しています。

このドキュメントの過去のバージョンには、Flash Playerの根本的な再設計(通称、Flash Player「Next」とActionScript「Next」)を通じて、実験的なバーチャルマシンと開発言語の革新を手がけることへのロードマップが含まれていました。しかし、この手の設計・仕様変更は、従来との継続性に欠けることが多く、たいていは後方互換性を犠牲にすることになります。アドビはこれまでにも(ActionScript 2からActionScript 3への移行など)バーチャルマシンの世代交代を手がけてきましたが、そこで学んだのは、最新のランタイムでしか利用できない機能やAPIを利用できるようにするために、開発者に大きな負担がかかるということです。コンテンツやフレームワーク、ライブラリといった様々な要素を移植しなければならないといった、大がかりな事態になることもありました。このような経験とブラウザーベースのバーチャルマシンに対する要望の高まりを踏まえ、アドビは今後、Flash Playerに関する開発の焦点を、当初予定していた再設計版のバーチャルマシンやアーキテクチャー(通称、Flash Player「Next」)ではなく、既存のFlash Playerアーキテクチャーにあてることにしました。またこれと同時にアドビは、今後、より広範なWebコミュニティの一員として、Webベースのバーチャルマシンを手がけることを通じて、引き続き次世代のバーチャルマシンおよび言語の開発に携わっていく予定です。

一般情報

ここでは、Flashランタイムに関する一般的な情報およびガイドを示します。

プレミアム機能

アドビは2012年3月に「プレミアム機能」という名称を冠した、Flash PlayerのプレミアムAPIというコンセプトを発表しました。自らのコンテンツでプレミアムAPIを使用したい開発者は、アドビとの間で別途ライセンス契約を締結することが要件化されていました。当初プレミアムAPIにはStage 3Dと組み合わせて使用する、domainMemory APIを介した高速メモリアクセスが可能な、「XC API」と呼ばれるAPIが唯一含まれていました。

XC APIについては、2013年1月をもってプレミアム機能の指定が解除されており、今後はアドビとの別途ライセンス契約が不要になります。つまり、domainMemory APIの高速メモリオペコードと組み合わせてStage3D APIを使用することは、今後、コンテンツ作成者がアドビとの別途ライセンス契約を締結することなく行えるようになります。既にXC APIを利用したコンテンツをパブリッシュ済みの開発者およびコンテンツ提供者においては、今回のXC APIの取り扱い変更を受けて、既存のコンテンツを修正したり、使用料を納めたりしていただく必要はありません。

Flashランタイムについては、現時点でプレミアム機能の指定を受けているAPIおよび機能はありませんが、今後、プレミアム機能が再度指定される可能性はあります。

詳しくは、adobe.com/go/fpl_jpを参照してください。

プラットフォームのサポート

アドビでは、Flashランタイムの各リリースにおいてサポートされるプラットフォームを公開しています。各リリースでサポートされるプラットフォームのリストはアドビのWebサイトで公開されており、最新のリストはadobe.com/jp/products/flashplayer/systemreqs/にあります。

ブラウザー向けFlash PlayerプラグインとPCおよびデバイス向けAdobe AIRでは、サポート対象が異なる可能性があります。詳しくは、それぞれのリリースノートを参照してください。  

パーソナルコンピューター

アドビでは、PCのオペレーティングシステム向けに、Flash PlayerブラウザープラグインとAdobe AIRの両方を提供しています。さらに、サードパーティーと連携して、様々なブラウザーおよびオペレーティングシステム構成向けにFlashランタイムの開発/配布を支援しています。

Apple OS X:

アドビでは、Mac OS Xオペレーティングシステム向けに、Flash PlayerブラウザープラグインとAdobe AIRの両方のサポートを提供しています。Mac OS Xオペレーティングシステムでは、Adobe AIRアプリケーションを直接配布することも、Mac App Storeを介して配布することもできます。

Adobe AIR 3.3からは、新しいMac OS Xアプリケーションのサンドボックス要件に従ったAdobe AIRアプリケーションを、Mac App Storeで配布することができます。

Microsoft Windows:

アドビでは、Windowsベースのオペレーティングシステム向けに、Flash PlayerブラウザープラグインとAdobe AIRの両方のサポートを提供しています。

Windows 8

Microsoft Windowsオペレーティングシステムの最新バージョンにあたるのがWindows 8です。このオペレーティングシステムには、様々なユーザーインターフェイス構成(デスクトップおよびModern UI)や、様々なターゲットプロセッサーチップセット(x86/64およびARM)が組み込まれるため、Flashランタイムの開発ターゲットも多様化します。また、Windows 8のModern UIは、タブレットやタッチスクリーンデバイスの主要インターフェイスでもある一方で、デスクトップやノートパソコンで実行されるWindows 8においてもユーザー体験の中核を構成しています。

Flash Playerのリリース版およびデバッグ版プレイヤーは、x86/64とARMの両方のプラットフォーム上のWindows 8デスクトップとModern UI体験に対応しており、どちらでも利用することができます。

ユーザーにとって最善の体験を保証するために、MicrosoftはModern UIスタイルのInternet Explorerで適切に動作することが報告されている、HTMLおよびFlashコンテンツの表示互換性リストを公開しています。2013年3月12日時点で、MicrosoftはWindows 8およびWindows RT用のIEのFlashコンテンツがデフォルトで実行されるようにしました。Flashコンテンツは、adobe.com/go/flash_windows8_guidelines_jpにあるMSDN記事に詳述されている基準に基づいて互換性表示の一覧に掲載される可能性があります。

Adobe AIRは、x86ベースのコンピューター上のWindows 8デスクトップに対応しています。現在のところ、Windows 8 Modern UIアプリケーションおよびWindows Mobile向けのAdobe AIRをサポートする予定はありません。

アドビとMicrosoftは緊密な協働関係にあり、Windows 8やそれ以降のバージョンにおいても、WindowsのデスクトップとModern UIの両方で、引き続きFlash Playerを提供できるよう資源を投入しています。

Linux:

アドビはグーグル社と緊密に連携して、ブラウザー内でプラグインをホストするための新しい単一のAPIの開発に取り組んでいます。「Pepper」というコードネームが付けられたこのPPAPIは、プラグインとブラウザーの間に、ブラウザー実装とオペレーティングシステム実装との間の差異を取り除くレイヤーを提供することを目的としています。Pepper APIについて詳しくは、http://code.google.com/p/ppapi/を参照してください。

アドビはグーグル社との共同作業を通じて、Google Chromeブラウザーがサポートするすべてのx86/64プラットフォーム向けに、Flash Playerの「Pepper」実装を提供することができました。グーグル社は、Linuxを含むすべてのプラットフォーム上で、Chromeの一部として、この新しいPepperベースのFlash Playerを配布しています。

11.2後のFlash Playerのリリースにおいて、Linux向けのFlash Playerブラウザープラグインは、Google Chromeブラウザーの一部として「Pepper」APIを介してのみ利用可能になります。アドビから直接ダウンロードして使用することはできなくなります。Pepper以外のLinux向けFlash Player 11.2については、リリース後の5年間、引き続きアドビがセキュリティアップデートを提供します。

Linux以外のプラットフォームでは、非「Pepper」プラグインAPIを使用するブラウザーをFlash Playerが引き続きサポートします。

Linux版のFlash Playerブラウザープラグインにおいては、Pepperベースのデバッグプレイヤー実装を提供する予定はありません。

Linuxオペレーティングシステム向けのAdobe AIRについては、AIR 3をもってサポートは終了しています。

モバイル

Flash Player 11.1は、モバイルブラウザー向けFlash Playerプラグインの最後のリリースになります。アドビでは、新しいモバイル端末構成(チップセット、ブラウザー、OSバージョンなど)のサポートは追加しません。既存のモバイル端末構成については、2013年9月中は引き続き重要なバグ修正やセキュリティアップデートを提供し、ソースコードのライセンスを持つユーザーが独自の実装を作成およびリリースできるようにします。

アドビは今後も、開発者がAdobe AIRを使ってFlashベースのコンテンツをモバイル(およびデスクトップ)アプリケーションとして作成および展開できるようにするために、積極的に取り組んでいきます。

Android

2012年8月15日以降、Android用のモバイルブラウザー向けFlash Playerは、Flash Playerの実行が承認されている、Flash Playerがプリインストール済みのデバイスに対してのみ、Google Play Storeでの提供が行われます。Flash PlayerはAndroid 4.1ではサポートされていないため、ユーザーはAndroid 4.1にアップグレードする前にFlash Playerをアンインストールする必要があります。

開発者がリリース済みの旧バージョンのAndroid用Flash Playerを必要としている場合は、adobe.com/go/fp_archivesにあるリリース済みFlash Playerのアーカイブから必要なバージョンを探すことができます。なお、アーカイブからインストールした場合は、Google Play Storeを通してアップデートを受け取ることができません。

Android向けFlash Playerプラグインは、Android上のGoogle Chromeブラウザーでサポートされておらず、利用できません。

Android向けモバイルブラウザー用のFlash Playerプラグインについて詳しくは、adobe.com/go/fp_android_updateを参照してください。

詳細情報

ドキュメントのリリース履歴

  • 2013年8月16日:
    • Flash Player 11.6、11.7、11.8リリースについての情報を追加
    • Flash Player「Irving」およびFlash Player「Jones」リリースについての情報を追加
  • 2013年3月19日:
    • Flash Player「Geary」リリースについての情報を追加
    • Flash Player「Harrison」リリースについての情報を追加
       
  • 2013年3月12日:
    • ドキュメントの一般的な更新
    • Flash Player「Folsom」リリースについての情報を追加
    • Windows 8のサポートに関する情報を更新
  • 2013年1月30日:
    • ドキュメントの一般的な更新
    • SWFファイル形式の提供状況に関する情報を追加
    • XC APIのプレミアム機能指定解除
    • Flash Player「Folsom」リリースについての補足情報を追加
    • Flash Player「Geary」リリースについての補足情報を追加
    • 今後のFlash Playerアーキテクチャの開発方針に関する情報を更新
    • Windows 8のサポートに関する情報を更新
    • テレビのサポートに関する情報をビデオのセクションに移動
  • 2012年11月19日:
    • Flash Player「Folsom」リリースに対する新機能情報を追加
    • 「Ellis」のセクションに実際のバージョン番号(11.5)を記載し、最新リリースであることを示すように記述を変更
  • 2012年8月21日:
    • Flash Player「Ellis」リリースに対する新機能情報を追加
    • 「Dolores」のセクションに実際のバージョン番号(11.4)を記載し、最新リリースであることを示すように記述を変更
  • 2012 年 7 月 19 日:
    • 既存モバイルデバイス構成で動作するモバイルブラウザー用Flash Playerプラグインの重要なバグ修正およびセキュリティアップデートについて、アドビが確約する提供時期を2013年9月に変更(以前示されていた2012年9月は記載ミスです)
    • 「Dolores」リリースに関する情報を更新
    • 高速メモリオペコードにアクセスする新しいActionScript 3 APIは、「Dolores」リリースでは使用できません。このAPIは、ActionScriptの実行とAPIに関してActionScript「Next」で予定されている改良によって不要になります。
  • 2012年6月28日
    • Android用のFlash Playerプラグインのサポートに関する情報を追加
    • モバイルブラウザー用のFlash Playerプラグインのタイムラインに関する情報を追加
  • 2012年6月22日
    • Windows 8 Metro上のFlash Player開発者ガイドラインへのリンクを追加
    • 以前のアップデートで誤って削除されたWindows 8用のAdobe AIRのサポートに関する情報を復元
  • 2012年6月1日
    • Flash「Cyril」リリースに対する新機能情報を追加
    • 「Cyril」リリースから「Dolores」リリースにLZMA ByteArray圧縮を移動
    • 「Dolores」リリースから「Cyril」リリースにRelease outsideマウスイベントAPIを移動
    • Windows 8のサポートに関する情報を追加
  • 2012年3月28日
    • プレミアム機能のゲームセクションの情報およびFlashランタイム内でゲームを収益につなげるためのアドビの計画の情報を追加しました。
    • Flash Player 11.2リリースにdomainMemory APIへのアクセスに関する詳細を追加
    • 「Cyril」リリースに機能を追加
    • 「Dolores」リリースに機能と情報を追加
    • Flash「Next」リリースにAdobe AIRでのStageVideoに関する情報を追加
  • 2012年2月23日:小規模改訂および明確化。方針または計画の変更はなし。
  • 2012年2月22日:初回リリース