作成日

23 October 2012

ADC MEETUP Round 06「CREATE THE WEB TOUR」のセッション4は、アドビ システムズの製品マネージャーを務める Adam Lehma氏 から、HTML/CSS/JavaScript向けのコードエディタ「Brackets」についての紹介が行われました。

 

(00:40) 最初に口にした言葉は、Brackets はオープンソースのコードエディタと位置づけているということです。同氏は「テキストエディタではないという点が重要」だと強調しました。

(01:20) 既にたくさんのエディタがある中で、Brackets の特徴としては、Web 開発に特化したエディタであること、利用者に対するツールカスタマイズや制御の制限が無いこと、最新の Web 標準に準拠し続けていること、の3点が挙げられました。

(02:40) 先日Edgeツール&サービスの一員として発表された 「Edge Code」は、アドビが提供する Brackets のディストリビューションという位置づけの製品であり、他の Edgeツール&サービスとの統合が特徴だそうです。現時点では、Webフォントの統合、PhoneGap サービスとの連携機能の統合などが実現されています。

(03:15) 「しかし今日は Brackets の話です」と話題を戻して、再び Brackets の位置づけについて説明しました。Brackets の主目的はエディタの提供ではなく、サンドボックスの開発、すなわちコーディングに関連するいろんな新しいアイデアを試す土俵を作ることだそうです。

(04:00) 具体的に、試したアイデアの1つは「クイック編集」と呼ばれています。Brackets ではコードを表示するだけの画面を提供することをとても大事に考えているため、コード上に別のパネルを開くような構成にはなっていません。クイック編集では、Ctrl+E を押すと、カーソルの置かれたタグに関連づけられている CSS の一覧がインラインで表示されます。これにより、いくつものファイルを行ったり来たりすることなく CSS を直接編集することができます。

(05:50) また、複数のタグに対する CSS を同時に表示するすることもできます。その際も、Brackets のように開発者からコードを隠さないことが重要だとLehma氏は指摘しています。

(06:50) とはいえ、一部ではビジュアルツールも用意されています。例えば色の編集などは、数字だけで実際の色を想像することは難しいため、カラーピッカーが使えるようになっています。

(07:30) Brackets は、ブラウザーをデザイン用の画面として利用できます。これは、ファイルを「保存」してブラウザーを「再読み込み」して「確認」するという従来のワークフローを置き換えるものです。Brackets では、ブラウザーとエディタが直接通信するため、エディタでプロパティを変更すると、即座にブラウザー内の表示に反映されて結果を確認できます。

(09:00) 「Brackets はみんなで実験する場所だと考えている」とLehma氏は改めて強調しました。BracketsのコードはGitHub上にMIT ライセンスに基づいて公開されています。自由に商用利用することができ、大勢でコードを共有したり変更したりすることも簡単に行えます。

(11:00) また、Brackets はのコード自身がJavaScriptとHTML、CSS で記述されているため、エディタの開発にも Web 開発以外のスキルを必要としないそうです。

(11:50) 簡単に始められるように、スターターバグが GitHub に、スターターフィーチャーが Trello に公開されています。スターターバグとスターターフィーチャーの説明は以下の通りです。

  • スターターバグ:簡単に修正できるバグ。エディタの構造を学ぶのに最適
  • フィーチャー:製品バックログとしてリストされている。それぞれ誰が作業しているかわかるようになっている。アドビが何をしているかも確認できる。

スターターフィーチャー:比較的簡単に実現できる機能。コミュニティーからの参加がしやすい。実際に対応が増え始めている。

日本語対応も始まったので期待して欲しいとのことでした。

(15:30) Brackets には拡張機能用のAPIも用意されています。これは、実験用の機能を実装するための専用の API です。拡張機能という形にすることによって、標準機能の外側で動作させることができるため、より大胆な実験や実装が可能になるとのことです。

(16:30)アドビ社内のチームには7名のBrackets専任の開発者がおり、Freenode、Googleグループ、Rrackathons(集まって新機能の開発にトライする) などにおいてコミュニティを支援しているそうです。

(17:20) Brackets はアジャイル方式で開発が行われています。毎日全てのリクエストをレビューして、2.5 週間ごとに新しいリリースを公開します。さらに、外部からの貢献を内部で開発する機能よりも重視するというポリシーも持っているとのこと。

(19:25) 公開して最初の4ヶ月で、既に20名の外部開発者が Brackets に取り組み始めたそうです。また、Edge 製品を開発している他のチームも Brackets を使用して日々フィードバックを提供しています。

(20:35) 当面のゴールは、日々の仕事に必要な機能を提供することだとLehma氏は語りました。そして将来的にはクラウドとの連携機能なども視野に入れているとのことです。それが実現すれば、クラウド上でどこでも Brackets を使える環境が手に入るかもしれません。

最後に「皆さんからの貢献を期待しています」という言葉でセッションを締めくくりました。

関連ADC記事:
Adobe Edge Code:新しいコードエディタ