SWF/AMFテクノロジーセンター

 

インターネット経由でベクトルグラフィックス、テキスト、ビデオ、サウンドを提供できるSWFファイルフォーマットは、Adobe Flash PlayerとAdobe AIRによってサポートされています。Flash Playerは、インターネットに接続されたデスクトップの98%以上と、8億台以上のハンドセットおよびモバイルデバイスに搭載されています。

 

SWFファイル形式は効率的なバイナリ配信を目的に設計された形式であり、グラフィックスエディター間でグラフィックスを交換するための形式ではありません。

 

SWFファイル形式仕様(バージョン19)

SWF 19仕様では、バグの修正だけでなく、EnableTelemetryメタデータタグの追加も行われました。この仕様を実装した他の製品およびテクノロジーを開発できるように、SWFファイル形式はオープン規格として提供されています。SWF 9では、ActionScript 3言語と仮想マシンが導入されました。SWF 10仕様では、双方向テキストのサポートと、新しい DefineFont4タグによる複雑なスクリプトによって、テキスト機能が拡張されています。 DefineBitsJPEG4タグにより、アルファチャンネルによる不透明度と、スムージングフィルターを備えたJPEG画像を埋め込むことができます。SWF 10ではまた、無料のオープンソースSpeex音声コーデックと、既存のNellymoserコーデックでの高周波のサポートが追加されています。新しい EnableTelemetryタグは、Flash Player 11.4で導入され、SWFのすべてのバージョンに適用されます。

 

SWFファイル形式仕様のダウンロード(PDF、1.6 MB)

 

Action Message Format(AMF)仕様

Action Message Format(AMF)は、ActionScriptオブジェクトグラフをシリアライズするために使用されるコンパクトなバイナリ形式です。シリアライズされたAMFエンコーデッドオブジェクトグラフは、セッション間でのアプリケーションのパブリックステートの持続と抽出に使用できます。こうしたオブジェクトグラフを使用することで、厳密に型指定されたデータ交換による2つのエンドポイント間での通信が可能になります。

 

AMF(Action Message Format)仕様のダウンロード(PDF、107K)

 
ファイル形式仕様のアーカイブ

SWFファイル形式仕様バージョン10のダウンロード(PDF、1.1 MB)

 

アドビでは、SWFファイル形式仕様に対するすべてのご意見を真剣に検討しています。仕様に不明確な点や誤りと思われる内容がある場合は、fileformat@adobe.comまでメールでお知らせください。

 

注意:お送りいただいた電子メールは、使用条件に従って利用されます。