モバイルサービスを可視化

あらゆるモバイルアプリとモバイルサービスをひとつの中央ハブから監視して、より効果的にパーソナライズされたエクスペリエンスを提供します。

分析、戦略、パーソナライズ

モバイル戦略は、マーケティングプランの軸となる要素です。顧客の期待に応えるエクスペリエンスを提供するには、顧客によるアプリの利用状況を正確に把握する必要があります。その結果を踏まえて、アプリの変更をすみやかにトリガーし、エクスペリエンスを改善する必要があります。Adobe Experience Cloudでは、計測と分析、オファーのパーソナライズ、活発でない利用者への働きかけまで、あらゆる取り組みを包括的に実施することができます。

顧客一人ひとりに注目

Adobe Experience Cloudは、データから価値をもたらします。誰がどのようにアプリを利用しているかを把握し、その情報をすばやく有効活用できます。

計測

Adobe Analyticsでは、トレンドや起動回数、平均セッション時間、クラッシュ回数など詳細なモバイル指標を取得できます。

パーソナライズとテスト

Adobe Targetでは、一人ひとりのアプリ利用者にパーソナライズされたエクスペリエンスを提供でき、A/Bテストや多変量テストも実行できます。

アプリ外広告

Adobe Media ManagerとAdobe Audience Managerでは、検索連動型広告やディスプレイ広告を通じて、活発でない利用者をアプリに引き戻すことができます。

アプリを計測して情報収集

モバイルアプリを注意深く監視し、収集したデータを活用します。

ソリューションの制御

関連するあらゆるAdobe Experience Cloudソリューションを、モバイル専用のマーケティングインターフェイスで管理します。
 

カスタム通知の作成

モバイルアプリの利用状況にもとづき、例えばアプリを10日以内に起動していない利用者にプッシュ通知を送信することができます。
 

データの収集と配信

生産性の高いSDKを利用して、主要デバイスOSや開発ツールにまたがってデータを収集、提供できます。