Adobe Experience Cloudのご紹介

膨大な量のデータ、様々なデバイスやスクリーンの急増、際限なく高まる顧客の期待によって、企業はビジネスに対するアプローチの完全な見直しを迫られています。次にやってくる変革の柱は、エクスペリエンスです。顧客エンゲージメントを維持するために、先進的なブランドでは、顧客体験を再考してブランドのロイヤルティと成長を促進しようとしています。Adobe Experience Cloudは、企業が卓越した顧客体験を提供するために必要となる、あらゆるものを備えたワンストップのソリューションです。

Adobe Marketing Cloud

Adobe Experience Cloudとは

 
Adobe Experience Cloudは、最高のエクスペリエンスを顧客へ提供したいブランド企業のためのクラウドです。
 
Adobe Experience Cloudを利用すれば、キャンペーンの構築や広告の管理、ビジネスについての深いインテリジェンスを得るために必要な、あらゆるソリューションにアクセスできます。顧客プロファイルや集中管理されたアセット、強力なタギング機能、これらのソリューションの価値を拡張するパートナーやデベロッパーのエコシステムなどにアクセスできる強力なコアサービスによって統合されています。優れたエクスペリエンスを演出するために必要となるあらゆるものが揃います。

Adobe Advertising Cloud
動画広告やディスプレイ広告、検索連動型広告、ソーシャル広告など、クロスチャネル広告のための先進的な機能を提供します。
Adobe Analytics Cloud
データと分析は、もはや現状を知る道具ではなく、未来を予測するツールに成長しています。
Adobe Marketing Cloud
顧客一人ひとりに向けてパーソナライズされた適切なエクスペリエンスを、あらゆるチャネルをまたいで提供します。

Adobe Advertising Cloud、Adobe Analytics Cloud、Adobe Marketing Cloudの3つのソリューションには、Adobe Media ManagerからAdobe Analytics、Adobe Campaignまで、多彩な製品が含まれています。

そして、各製品が共通して利用できるプラットフォームAdobe Cloud Platformにより、各製品同士における機能、データ、コンテンツの連携を実現しています。さらに、サードパーティテクノロジーと連携するExchange、APIを提供するAdobe I/Oにより、多様なエコシステムを提供します。

Adobe Experience Cloudのソリューション構成

他のアドビ製品とも連携

Adobe Experience Cloudは、Adobe Creative CloudおよびAdobe Document Cloudと連携して動作し、優れたコンテンツの作成や、デジタルワークフローによるビジネスのスピードアップを可能にします。
Creative Cloudエンタープライズ版

Creative Cloudエンタープライズ版

優れた顧客体験は卓越したデザインとコンテンツから生まれます。

Document Cloudエンタープライズ版

文書処理がフルデジタルの顧客体験に変わります。

Adobe Experience Cloudユーザー事例

グローバルで71サイト30言語に及ぶWebエクスペリエンス基盤を構築、ブランドイメージ統一と地域性重視を両立させ、リッチで魅力的なサイトを実現しました。
デバイスの多様化によるサイト更新の負荷をAdobe Experience Managerで軽減。サイト改善のPDCAを高速化し、コンテンツの鮮度を維持、顧客満足の向上に貢献しています。
モバイルファーストとグローバル規模でのデジタルアセット一元管理を同時に実現するCMS基盤としてAdobe Experiece Managerを選定。時間短縮とコスト削減に貢献しました。

プラットフォームはすべての基盤

Adobe Cloud Platformは、任意のシステムから得られる顧客データやコンテンツを一元管理し標準化できる唯一のオープンプラットフォームです。深いレベルの顧客インテリジェンスを提供するマシンラーニングと人工知能のフレームワークであるAdobe Senseiを実装しています。アドビのソリューションを統合するために必要なコアサービスのレイヤーを提供するとともに、 Adobe I/Oを通じて提供されるAPIにより、パートナーやデベロッパーはアドビのプラットフォーム上に独自のアプリケーションを構築できます。
マイクロソフトとアドビ

シームレスな顧客エクスペリエンスの提供は、結合性の高いツールから

顧客志向への道筋:真に顧客の期待に応える組織になるための前提条件
モノ売りからコト売りへ――このような市場環境で企業が勝ち抜くため、「エクスペリエンス」を磨くことは企業にとって経営課題そのものになっている。企業が顧客と深く向き合い、理解するために、どのようなデジタルアプローチが必要なのか。
顧客の志向を読み解き、感情を揺り動かすことが、最高の体験を生む
デジタルエコノミーの時代、企業はテクノロジーをどのように生かしライバルに差をつけるのか。その方向性を探るビジネスカンファレンス「Adobe Summit 2017」が3月、ラスベガスで開催された。基調講演より、企業が最重視すべき顧客体験の在り方について紹介する。
人工知能/機械学習で何が変わるのか――Adobe Sensei登場のインパクトを探る
人工知能が注目を集めている。さまざまなテクノロジーをビジネスに生かしてきた企業にとって、人工知能の活用は雲をつかむような話ではない。今回、「Adobe Summit 2017」で発表されたAdobe Senseiは、どのような意義をもち、どこがユニークなのか。人工知能の歴史から紐解く。
顧客体験中心への変革とは

 

あらゆる業界で市場構造が激変している、デジタル時代。いま企業に求められているデジタル変革あり方と、目指すべき企業の姿エクスペリエンス ビジネス(顧客体験中心のビジネス)とは、どのようなものでしょうか。
「デジタル変革ナビ」で、確かめてみましょう。
それぞれの業界をリードする国内外のブランド企業が、アドビをビジネスパートナーとして選択しています。アドビのコミュニティの一員になることで、ソリューションだけでなく、さまざまな知見やベストプラクティスも共有できるからです。また広範なアドビのパートナーエコシステムにより、企業は既存投資を最大限保護しながら、戦略から運用までの幅広い支援を得ることができます。
 

消費者行動調査 2017

 
日本国内の消費者を対象に、商品やサービスに関する購買行動を調査しました。小売/金融それぞれの分野において、どのような要素が消費者を引きつけるのでしょうか?
 

デジタル時代の企業変革リーダーための情報サイト「UNITE」

 

市場環境が激変するなか、企業に問われているのがデジタル変革(デジタルトランスフォーメーション)の実践と深化です。そのためには、どのような視点が求められているのでしょうか。目的に向けて組織や戦略を一体化し、ビジネスとマーケティングのあり方を変革するための、トレンドやインサイトをお届けします。


さらに詳しく ›