データ管理プラットフォームとは、オーディエンスへの理解を深めるための仕組み

マーケターはデータを渇望しています。顧客や施策、チャネルなどのデータを利用することなく、マーケティングの成果を上げることはできません。しかし、データから必要な情報を獲得することはできているのでしょうか。そのためには、システムごとに分断され連携していない様々なデータを理解する必要があります。データ管理プラットフォーム(DMP)を使用すると、データを解明し、顧客に対する理解を深めることができます。
顧客の全体像を把握し、適切な施策を展開するには?「全体像をとらえる」で解説します。 ガイドを読む ›

 

 

データの規模は毎日飛躍的に増大しています。データが別々のシステムで運用されていると、一貫性ある魅力的なブランドストーリーを語ることが困難な場合があります。DMPを使用すれば、消費者のプライバシーを危険にさらすことなく、匿名データの同期、データの補完、キャンペーンの改良を容易におこなえます。
 
マーケターやメディア企業、データを管理している代理店などは、次のような課題に直面しています。
 
  • オーディエンスデータの保護
  • あらゆるソースからのデータの取り込みと統合
  • 全社規模でのオーディエンスデータの共有
  • コンテンツのパーソナライズ
  • 広告在庫の価値の増大
  • 新しいデータドリブン型収益源の創出
  • 複数のデバイスにおける顧客の識別
 
DMPを利用すれば、様々なソースの匿名データを統合して価値の高いオーディエンスを特定し、統合されているマーケティングプラットフォームを使って、それらのオーディエンスを対象にした施策が可能です。
 
データの取り込みと整理
 
一般的に、データは様々なシステムで個別に運用され、分断されてしまっています。また、様々な関係者が、それぞれのシステムのデータを活用しています。そのため、個々のシステムのデータを統合して整理し、様々な関係者が利用できる共通のオーディエンスとセグメントを定める必要があります。DMPを利用して、分断しているデータを統合すれば、顧客がどのチャネルでブランドと接触しても、一貫性がありパーソナライズされたエクスペリエンスを提供できます。
 
各種チャネルからデータを収集して整理し、集約されたデータを用いれば、 顧客エクスペリエンスをパーソナライズし、向上させることができます。活用するデータが、ファーストパーティデータであるか、またはセカンドパーティやサードパーティのデータであるか、あるいはそれらを組み合わせたものであるかに関わらず、Adobe Audience ManagerのようなDMPを利用すれば、情報をシームレスに統合できます。内部データと外部のデータを連携することによって、最も価値の高い顧客の総合的なプロファイルを構築します。
 
適切なDMPを使用すれば、オーディエンスデータは常に保護されます。Adobe Audience Managerには、代理店などの外部企業と、あるいは社内でのデータ共有を厳格に管理するためのツールが組み込まれています。Data Export Controls機能が、データの安全性を担保します。個人情報(PII)はAdobe Audience Manager内に保存されません。顧客IDの管理権限は利用する企業が有し、アドビによるデータ取得や利用はできません。
 
 
プロファイル、オーディエンスセグメント、類似(look-alike)オーディエンスの作成
 
データを収集して整理したら、詳細にオーディエンスを分析します。年齢や性別、行動など、様々なオーディエンス間で共通する可能性のある特性がすばやく識別されます。Adobe Audience Managerの高度なオーディエンスセグメントの作成機能によって、特性を見極め、優良顧客のプロファイルを作成することで、ターゲティングとパーソナライゼーションを強化できます。
 
オーディエンスをセグメント化する際、様々な変数を追加して、何が最も多くのコンバージョンを生み出すかを判断できます。オンライン行動や地域性のデータなどをもとにしたルールベースのアトリビューションモデルを活用することで、セグメントを細かく作成します。何百万もの顧客接点のデータを認識可能なセグメントに分割し、データを微調整してターゲットにするオーディエンスを正確に定めます。ターゲットにするセグメントまたは高価値セグメントを定義したら、そのセグメントに向けて、より効果的にパーソナライズされた最適なコンテンツを提供します。
 
アドビのDMPに含まれるAudience Lab機能を使用すると、オーディエンスのセグメントを相互に排他的に分け、個別に管理することができます。例えば、ニューヨークに住み、大学教育を受けている女性のセグメントがある場合、このセグメントと同じ特性を有する重複のない2つのグループに分割して、テストに使用できます。
 
ひとつの高価値オーディエンスを特定すれば、共通する特性や行動を共有する類似(look-alike)オーディエンスを作成することによって、さらに別の高価値オーディエンスを見つけることができます。これは、この手法でなければ明らかにならなかったかもしれないオーディエンスを明らかにする手法です。この手法によって、優良顧客の特性と一致する新規オーディエンスにリーチできます。
 
テストグループに含まれる顧客が重複しないようにすることは困難な場合があります。Adobe Audience Managerの提供する強力なレポートツールを使用して、オーディエンスの重複やトレンドを確認し、ターゲティングの精度を向上させることができます。媒体社やマーケター、代理店は皆、何が役に立ち、何が役に立たないかをテストできます。
 
オーディエンスの管理と共有によって成果を向上
 
オーディエンスセグメントを作成したら、マーケティング関係者で共有することができます。Adobe Experience Cloudの様々なソリューションや、外部のマーケティングプラットフォームにセグメントを送信して、 マーケティング戦略および戦術を向上させます。
 
例えば、Adobe Media Managerで広告クリエイティブをテストして、25~35歳の自営業を営む男性オーディエンスからの応答率が最も高かったバージョンを確認できます。Adobe Experience Cloud以外のプラットフォームを使用している場合でも、プライバシーを懸念することなく、シームレスにオーディエンスセグメントを受け渡すことができます。
 
DMPを活用すれば、様々なプラットフォーム、チャネル、顧客接点をまたいで、オーディエンスの行動を結び付けることができます。分断したデータ管理は、顧客にストレスを感じさせるかもしれません。そうした懸念なく、確実にターゲティングできます。単なるデータが、ブランドのコンテンツと商品を渇望するオーディエンスへと変わるでしょう。
 
多種多様なマーケティングプラットフォームが有する特定のプロファイルを容易にターゲティングできます。Audience ManagerのようなDMPのアクティベーション機能によって、次のような目標を達成できます。
 
  • 市場投入までの時間を短縮。Adobe Experience Cloudとの緊密な統合により、チャネルをまたがるオーディエンス管理が容易になります。
  • 信頼できるマーケティング。Data Export Controls機能によって、データが使用される場面を管理し、プライバシーに対する懸念を減少させることができます。
  • 容易な拡張。APIフレームワークを使用して、任意のマーケティングソリューションにAudience Managerを容易に組み込むことができます。大規模なITチームは必要ありません。
  • スムーズに外部データを管理。Audience Marketplaceですばやく安全にセカンドパーティおよびサードパーティのデータを売買できます。
  • オーディエンスIDをカスタマイズ。顧客IDの関連付けや連携を管理することで、従来のシステムを活用することができます。
 
DMPの価値は、集計することだけではありません。内部ソースおよび外部から収集したデータは、企業が保有している最も価値ある資産のひとつです。データを利用すれば、より効果的にターゲティングをおこない、さらに魅力的でパーソナライズされたエクスペリエンスを構築することができます。顧客のニーズを把握することによって、信頼を築くこともできます。そして、よりスマートな広告展開やコンテンツの改善、少ないリソースでの収益向上が図れます。

アドビがお役に立ちます。

データ管理はオーディエンスのエンゲージメントに不可欠です。Adobe Audience Managerは必要なツールを備えており、役立つID管理戦略でマーケティング戦略を強化することができます。自信を持って、的確なメッセージを適切な消費者に、最適なデバイスでタイムリーに配信することができます。