これまでの広告運用では、顧客にとって適切な体験にはなりません。未来の広告取引のあり方を解説します。レポートを読む ›
 
 
 

パーソナライズされたエクスペリエンスと広告収入を最大化

 

 
 
商品やサービスに興味を持っている見込み顧客を自社へと誘導するのに、広告ターゲティングは有効です。例えばメディア企業、放送企業、エンターテインメント企業は、商品やサービスごとに特定のセグメントを狙うことでしょう。顧客ごとに興味関心や検討段階は異なるため、行動、過去の取引、デモグラフィック情報などに基づいてセグメントを定義します。そして、相手に合わせて適切な広告を届けると効果的でしょう。注目されるモバイルやOTTへの広告配信も検討すべきです。

 

既存顧客に関する理解を深め、新たな顧客を開拓

Adobe Audience Manager

ターゲットに狙いを定めたキャンペーンを展開し、新たな顧客を獲得するには、まずオーディエンスの特性を知る必要があります。そのためには、すべてのデータソースを統合し、顧客とブランドとのインタラクションを詳細に把握できる仕組みが必要です。

Adobe Audience Manager

アドビがお役に立ちます。Adobe Audience Managerでは、あらゆるデータをひとつのプロファイルに統合し、すべてのチャネルで同じセグメントをターゲットとすることができます。また、価値の高いセグメントの属性にもとづいて、新たな顧客セグメントを開拓することも可能です。Audience Marketplaceを活用すると、優良顧客のセグメントを拡大して、多様なチャネルでターゲットに狙いを定めたコンテンツを配信できます。Audience Marketplaceとは、個別にパートナー契約を締結しなくても、セカンドパーティやサードパーティのデータを簡単に売買できる取引の場です。


 

顧客一人ひとりの全体像を把握する

Adobe Marketing Cloudコアサービス

顧客を理解しなければ、効果的な広告を配信することはできません。顧客の全体像を捉えるには、すべてのデータを統合したプロファイルを構築する必要があります。そうすれば、エクスペリエンスを改善する道筋が見えてくるでしょう。

Adobe Experience Cloud
アドビがお役に立ちます。Adobe Experience Cloudコアサービスでは、認証データと匿名データの両方を使用して、顧客一人ひとりの総合的なプロファイルを構築し、新たなデータを取り入れてプロファイルを最新に保つことができます。アドビの多様なソリューションからアクセスできる共通のプロファイルを作成することで、高度にパーソナライズされたエクスペリエンスを構築できます。


 

複雑なコーディングなしで、パーソナライズした広告を動画コンテンツに挿入

Adobe Primetime

モバイルやOTTも含め、あらゆるデバイスの視聴者一人ひとりに合わせた動画を配信できれば、視聴者を引き付けることができるでしょう。特定の年齢層や常連の視聴者など、共通の特徴にもとづいてオファーをターゲティングすることも効果的です。そのためには、動画コンテンツに動的な広告を挿入できる仕組みが必要です。

Adobe Primetime

アドビがお役に立ちます。Adobe Primetimeでは、あらゆるデバイスでいつでも視聴できる質の高い動画コンテンツを作成して配信できます。これにより、有料テレビサービスの付加価値を高め、ブランド親和性を強化することができます。また、ソフトウェア開発ツールを使用して動画エクスペリエンスを構築し、モバイルやOTTデバイスにすばやく配信することもできます。Adobe Primetimeでは、画面のサイズにかかわりなく、広告を動的に動画コンテンツに挿入することが可能です。


 

あらゆるチャネルを活用して顧客にリーチ

アドビが選ばれる理由

Adobe Experience Cloudは、あらゆるデバイスで広告収入を最大化できるツールを提供します。視聴者の行動を総合的に把握できるため、行動、取り引き、デモグラフィックなどの属性にもとづいてセグメントを定義できます。また、個別に契約を結ばなくても、簡単にオーディエンスデータを販売できるマーケットプレイスも用意されています。質の高い動画エクスペリエンスを構築し、あらゆるデバイスに配信しましょう。Adobe Experience Cloudなら、オーディエンスを理解し、あらゆるプラットフォームにコンテンツを配信し、収益拡大のチャンスを最大限に活かすことができます。

アドビが選ばれる理由
従来、統合されたデジタルマーケティングプランを展開するためには、いくつものポイントソリューションをつなぎ合わせる必要がありました。今では、Adobe Experience Cloudが必要なあらゆる機能をひとつの統合ソリューションとして提供します。分析、データ管理、最適化、パーソナライズの機能をこれほど緊密に統合しているソリューションは他にありません。

多様化する広告運用の未来は

複雑化するデジタル広告。これまでの広告運用では、顧客にとって適切な体験にはなりません。未来の広告取引のあり方を解説します。