大切な顧客の心をつかむために

メディア&エンターテインメント企業を取り巻く課題に対して、アドビがお手伝いできることをご紹介します。ホワイトペーパーを読む ›
 
 
 
パーソナライズで顧客のロイヤルティを獲得
 
 
 
特定顧客層を対象とする業界では、その属性に該当する見込み顧客を見つけ、獲得する必要があります。例えばメディア業界、放送業界、エンターテインメント業界は、サービスやコンテンツへの関心の高いオーディエンスをいかに増やせるかが事業を左右します。そのためには、対象セグメント、既存顧客と類似した新規オーディエンスへとリーチし、自社へ誘導する必要があります。新規オーディエンスはあらゆるチャネルに分散しており、自社に興味を持ってもらうためには相手の関心を引き付けるコンテンツを提供する必要があります。こうした新規顧客獲得のための広告は単独施策として実施されがちです。ところが他のマーケティング施策と連携していないと、適切な属性のオーディエンスにリーチし、チャネルに応じて適切なコンテンツを配信するのは困難です。

Thomson Reutersは出版だけでは満足していませんでした。顧客とさらに密接な関係を構築し、顧客が望むものを求める形で提供したいと考えていました。統合マーケティングツールを採用した同社は、定期購読の更新率を200%増やすことができ、今も顧客の期待を上回るものを提供し続けています。

一人ひとりに合わせたエクスペリエンスを、いつでもどこでも提供

オーディエンスの特性を理解すれば、コンテンツの親和性や消費パターン、統計データなどの特徴にもとづき、ターゲティングされたコンテンツや広告、購読のオファーを提供できます。こうしたオーディエンスプロファイルは、コンテンツとともに動的な広告の展開に活用できます。その実現には、動画視聴エクスペリエンスの中に広告を挿入し、コンテンツと収益化の仕組みをシームレスに統合できる、しっかりとしたプラットフォームが必要です

アドビがお役に立ちます。Adobe Audience Managerが、あらゆるオーディエンスのデータを収集し、統一されたセグメントを構築します。これにより、モバイルアプリやOTT(Over The Top)を含むさまざまなデジタルチャネルで同じ顧客をターゲティングできます。Adobe Primetimeとの統合を活用すれば、これらのプロファイルをもとに、動的にターゲティングされた広告を含む動画コンテンツを任意のデバイスに配信できます。


マーケティングの自動化でエンゲージメントを促進

データを洗練させ、電子メールとつなぎます。アプリ内のメッセージや通知とも連携させて、オンラインとオフライン、双方のチャネルをつなぎます。そのうえで、動画視聴を中断するといった、視聴者のアクションをトリガーとし、キャンペーンを自動で展開させる必要があります。効果的なエクスペリエンスをタイムリーに提供するためには、ユーザーが最初に訪問してからファンになるまでのカスタマージャーニーを、スムーズに導かなければなりません。

アドビがお役に立ちます。Adobe Campaignが、自動キャンペーンをパーソナライズし、あらゆるチャネルで展開します。Audience Managerの統合顧客プロファイルを利用して、顧客のセグメント化とターゲティングを正確に行うことができます。オンラインとオフラインのデータをひとつの顧客プロファイルに集約し、より効果的にパーソナライズされたメッセージをあらゆるチャネルに配信できます。データセグメントを利用して、電子メールキャンペーンを自動的にトリガーできます。また、クロスチャネルキャンペーンの成果を一元的に測定できます。


顧客理解を深めて、より効果的なターゲティングを

コンテンツがオーディエンスの心をとらえているかどうかを知ることが、エクスペリエンスを改善し、長期的な関係を築けるかどうかの鍵となります。コンテンツやキャンペーンと顧客がどのように関わっているかを常に把握し、問題があればすぐにエクスペリエンスを調整できるようにする必要があります。エンゲージメントと収益性を改善するためには、一人ひとりのオーディエンスがコンテンツや広告に対してどのように反応しているかを、包括的に把握するためのインサイトが必要です。

アドビがお役に立ちます。Adobe Targetなら、2つのバージョンのキャンペーンをテストして、どちらがより効果的かを判断できます。データにもとづいてパーソナライズされたコンテンツをリアルタイムに配信すれば、コンバージョンを増やすと同時に、作業負荷を軽減できます。また、Adobe Analyticsでは、インサイトをリアルタイムに入手できます。見込み客から得意客になるまでのカスタマージャーニー全体にわたって、顧客が決断にいたるまでの経緯を追跡できます。


ディスプレイ広告の自動配信で新しいオーディエンスにリーチ

コンテンツの利用状況やオーディエンスプロファイルをもとに、パーソナライズされた広告を提供する必要があります。そのためには、検索、ディスプレイ、ソーシャルメディアに対する広告配信を自動化する必要があります。

Adobe Media Manager
アドビがお役に立ちます。Adobe Media Managerが、パーソナラズされたコンテンツをデジタルチャネル全体にわたってリアルタイムに自動配信し、新しいオーディエンスを獲得します。また、webとモバイルの両方のディスプレイ広告を計画、変更、トラッキングできます。

ユーザー一人ひとりの詳細を把握

利用者一人ひとりの全体像を把握するうえで障害となるのは、個人情報と匿名データが別個のシステムで管理されていることです。すべてのチャネルとプラットフォームで、ターゲットとなる利用者を特定できる仕組みが必要です。
Adobe Experience Cloud
アドビがお役に立ちます。Adobe Experience Cloudコアサービスは、認証済みデータと匿名データを組み合わせて、顧客一人ひとりの全体像をこれまでにないスケールと確かさで提供します。どのアドビソリューションからもアクセスできる共通プロファイルを活用して、より効果的にパーソナライズされたエクスペリエンスを構築できます。
最適化されたコンテンツをタイムリーに提供するためには、複数のチャネルとデバイスをまたいで顧客にリーチするだけでなく、顧客の嗜好や行動をよく把握する必要があります。Adobe Experience Cloudは、オーディエンスを詳しく理解するために必要なあらゆるツールを備えています。web、ソーシャル、検索、モバイルのどれにおいても、同じ顧客をターゲットにできます。動的にターゲティングされた動画コンテンツを配信できます。オンラインとオフラインのあらゆるチャネルに向けて、パーソナライズされたキャンペーンを自動的に展開することも可能です。優良オーディエンスにリアルタイムにリーチします。Adobe Experience Cloudなら、一人ひとりの顧客にいつでも適切なエクスペリエンスを提供できます。
アドビが選ばれる理由
 
メディア、放送、エンターテインメント業界では、オーディエンスと直接やり取りできる持続的な関係を作り、サブスクリプションと広告を通じてコンテンツからの収益を得る必要があります。Adobe Experience Cloudが、既存のチャネルと新興チャネルの両方で、パーソナライズされた魅力的なエクスペリエンスをリアルタイムに提供します。分析、データマネジメント、最適化、パーソナライズをこれほどまでに深く統合しているシステムは、Adobe Experience Cloud以外にはありません。
企業Webサイトの匿名訪問者データを活用してプライベートDMPを構築するために、Adobe Audience Managerがお役に立ちます。
 

エクスペリエンスを強化するデータ活用

どの業界でも、データは顧客エンゲージメントの強化に役立ちます。各業界を通じて、データドリブン型マーケティングはどのように役立つでしょうか。