メディア企業やエンターテインメント企業の様々な課題に対し、アドビがお手伝いできることをご紹介します。ホワイトペーパーを読む ›

データインテリジェンスで顧客を知る

マスメディア、放送、エンターテインメントの業界で生命線を握るのはオーディエンスです。新しいオーディエンスの獲得、リーチの拡大、ブランドロイヤルティの確立は難しい課題です。これらを達成するには、すべてのチャネルを横断してオーディエンスの全体像をつかむ必要があります。既存のオーディエンスを理解すれば、新たなセグメントの特定に役立ちます。

オーディエンスにフォーカスする

まず始めに行うことは、オーディエンスの特性を把握することです。顧客とブランドとの接点を完全に理解するために、すべてのデータソースをひとつに集約する必要があります。共通の特性を特定できれば、ターゲットに狙いを定めたキャンペーンが展開できます。また、優良顧客と似た特製を持つ、新たな顧客を開拓することもできます。

Adobe Audience Manager

アドビがお役に立ちます。Adobe Audience Managerが、あらゆるユーザーデータを収集して、統一的なオーディエンスプロファイルを構築します。これにより、電子メール、ソーシャル、デジタルコンテンツなどのあらゆるチャネルで、同様の利用者をターゲットにすることができます。 オンラインとオフラインのデータソースを統合し、統合プロファイルを作成することで、あらゆるデバイスにパーソナライズされたメッセージを配信できます。最も価値の高いオーディエンスセグメントの情報を参考にして、類似した関心と行動を示すオーディエンスセグメントの開拓も可能です。


オーディエンスにリーチし、エンゲージメントを確立する

コンテンツや広告に対するオーディエンスの反応や利用状況を把握すれば、より魅力的なエクスペリエンスを構築し、不具合をすぐに修正することができます。過去の行動を基にモデルを構築して、将来の成功を予測する必要があります。そのためには、すべてのインサイトを収集、統合し、エクスペリエンスを大幅に向上できる仕組みが必要です。エンゲージメントを促進しつつ、顧客獲得へのコンバージョン率を高めるためのソリューションです。

Adobe Analytics
アドビがお役に立ちます。Adobe Analyticsでリアルタイムのインサイトを獲得。あらゆる方向からの顧客行動の把握、強力な予測モデル、アルゴリズムによるクロスチャネルアトリビューションを利用して、効果的なデジタルマーケティングを実施できます。見込み客から得意客になるまでのカスタマージャーニー全体にわたって、顧客が決断にいたるまでの経緯を追跡できます。


一人ひとりの顧客を理解する

利用者一人ひとりの全体像を把握するうえで障害となるのは、個人情報と匿名データが別個のシステムで管理されていることです。すべてのチャネルとプラットフォームで、ターゲットとなる利用者を特定できる仕組みが必要です。

Adobe Experience Cloud

アドビがお役に立ちます。Adobe Experience Cloudコアサービスが、認証データと匿名データの両方を使用して、顧客一人ひとりの総合的なプロファイルを構築し、新たなデータを取り入れてプロファイルを最新に保ちます。アドビの多様なソリューションからアクセスできる共通のプロファイルを作成することで、高度にパーソナライズされたエクスペリエンスを構築できます。


新規オーディエンスを開拓する

Adobe Experience Cloudは、オーディエンスを詳しく理解するために必要なあらゆるツールを備えています。最も価値のあるプロファイルデータを活用し、類似した行動パターンを持つ新しいオーディエンスセグメントを開拓できます。オーディエンスとのあらゆる接点でデータを収集し、情報を統合して、オーディエンスの全体像をつかみましょう。Adobe Experience Cloudが、あらゆる利用者とデバイスに、常に最適なエクスペリエンスを提供します。

アドビが選ばれる理由
メディア、放送、エンターテインメントの業界では、企業はオーディエンスと直接やり取りできる持続的な関係を作り、サブスクリプションと広告を通じてコンテンツから収益を得る必要があります。Adobe Experience Cloudなら、既存と新興のあらゆるチャネルにおいて、パーソナライズされた魅力的なエクスペリエンスをリアルタイムで提供できます。
デジタルマーケティングの成熟度を高める
メディア企業が価値の高いユーザーを増やしエンゲージメントを強化するために、Adobe Audience Managerがお役に立ちます。
 

エクスペリエンスを強化するデータ活用

どの業界でも、データは顧客エンゲージメントの強化に役立ちます。各業界を通じて、データドリブン型マーケティングはどのように役立つでしょうか。