これまでの広告運用では、顧客にとって適切な体験にはなりません。未来の広告取引のあり方を解説します。レポートを読む ›
 

 

わずかな労力で多くの顧客にリーチ

 

 

 

ビジネスを成功させるには、適切な対象顧客へとリーチしなければなりません。これはオンライン、オフラインの区別なく、あらゆるチャネルにおいて目指すべき目標です。一方で顧客に関するデータは、オンライン、オフラインとで分断しており、両者を連動させることは困難でした。クロスチャネルにまたがる顧客のデータを関連付けできなければ、施策予算を効果的に割り当て、広告効果などを適切に把握することはできません。

 

広告をマーケティング施策の一貫として展開

Adobe Audience Manager

広告とマーケティングのすべてのアクティビティを、オンラインとオフラインの両方で同期させ、クロスチャネルの予算を最大限効率化しましょう。そのためには、チャネルとデータを結び付け、統一感のあるメッセージとエクスペリエンスを提供しなければなりません。そのためには、必要なデータをすべて一元的に管理する総合的なシステムが必要です。

Adobe Media Manager

アドビがお役に立ちます。Adobe Media Managerが、検索広告やディスプレイ広告、ソーシャル広告のチャネルを一元管理し、キャンペーンを正確にシミュレーションして予算案を提示します。さらに、オンライン広告がマーケティングチャネルに結び付けられるので、アクティビティの統合が容易になります。


 

マーケティングの現状を把握

Adobe Audience Manager

適切なキャンペーンメッセージでオーディエンスを効果的にターゲティングすることが必要です。そのためには、顧客とブランドがどのように接しているかを正確に明確に把握しなければなりません。

Adobe Audience Manager
アドビがお役に立ちます。Adobe Audience Managerが、オーディエンスをセグメント化し、さまざまなソースのオーディエンスデータを1本化します。これにより、広告とマーケティングを適切なオーディエンスに向けることが可能になります。 Adobe Analyticsが、顧客行動を詳細に把握して、より効果的なキャンペーンを実施し、エンゲージメントとコンバージョンを最適化します。 Adobe Campaignが、ROIを向上するリタゲーティングキャンペーンを可能にします。


 

データを集約

Abode Analytics

 
広告データを関連付け、顧客のインサイトにつながる正確な分析を行うのは簡単なことではありません。情報がさまざまなシステムに分散している状況では、それぞれがどう関連しているかを読み解くのは困難です。顧客のアクティビティを明確に把握するには、そうしたデータをひとつにまとめることが不可欠です。
 

アドビがお役に立ちます。Adobe Media Managerが、検索広告、ディスプレイ広告、ソーシャル広告のキャンペーン結果と、Adobe Analyticsからのオーディエンスのエンゲージメントデータとコンバージョンデータを集約します。あらゆるデータを一元的に管理するので、広告活動とマーケティング活動の連携状態を確認することも容易です。この情報と一意の顧客プロファイルをAdobe Audience Managerで組み合わせると、最も価値のあるオーディエンスを特定して、優良顧客リストを作成できます。この顧客リストをAdobe Campaignで活用すれば、理想的なマーケティングを展開できます。


あらゆるチャネルを活用して顧客にリーチ

アドビが選ばれる理由

Adobe Experience Cloudなら、あらゆるチャネルでオーディエンスへのリーチを拡大できます。あらゆるデータをひとつに集約することで、オンラインとオフラインのアクティビティの関連付けを実現できます。また、マーケティングが統合されるので、広告のレポーティングがシンプルになり、時間と労力の節約になります。Adobe Experience Cloudでは、様々なソリューションをひとつにまとめて、より多くの人にすばやく容易にリーチできます。

アドビが選ばれる理由
従来、統合されたデジタルマーケティングプランを展開するためには、いくつものポイントソリューションをつなぎ合わせる必要がありました。今では、Adobe Experience Cloudが必要なあらゆる機能をひとつの統合ソリューションとして提供します。分析、データ管理、最適化、パーソナライズの機能をこれほど緊密に統合しているソリューションは他にありません。

多様化する広告運用の未来は

複雑化するデジタル広告。これまでの広告運用では、顧客にとって適切な体験にはなりません。未来の広告取引のあり方を解説します。
 

マーケティング成果を高めるために