顧客を引き付けるコンテンツを活用して優れた顧客体験を実現するのに不可欠な7つのトレンドとは。ホワイトペーパーを読む ›
コンテンツを有効活用して、よどみないエクスペリエンスを

コンテンツを有効活用して、よどみないエクスペリエンスを

作成するコンテンツが増え、短時間での応答が求められるようになると、すばやさ、つまり、コンテンツベロシティの向上が必要になります。
Hyatt - コンテンツマーケティング
Hyattにとって何より重要なことは、カスタマージャーニー全体を通じて最高のエクスペリエンスを提供することです。最適化したコンテンツをあらゆるデバイスに配信できる能力を得たことにより、提供するカスタマージャーニーが常に一貫性を維持し、顧客にとって魅力的であることへの確信が得られました。

ワークフローを効率化

コンテンツ管理

複数のチャネルに向けてより多くのキャンペーンを展開するには、制作担当とマーケティング担当のやり取りを効率化しなければなりません。もちろん、制作作業を妨げないようなワークフローが求められます。コンテンツの作成から提供まで、制作プロセス全体を効率化するには、各作業をシームレスに管理できる統合ソリューションが必要です。


アドビがお役に立ちます。
アドビ製品ファミリーによる連携したワークフローは、制作チームの混乱を解消し、市場投入までの時間を短縮します。緊密に統合されたAdobe Creative CloudとAdobe Experience Cloudにより、アセットの制作、確認、承認を一元的に実行できるので、時間の節約と負担の軽減になります。Adobe Creative Cloudに含まれるAdobe Illustrator CC、Photoshop CC、InDesign CCといったPCアプリケーションから、ワークフローに直接アクセスできます。また、Adobe Experience Managerを利用して、あらゆるアセットを一元管理できます。

 

コンテンツを集約する

コンテンツマネジメント

マーケティング施策で扱うアセットは膨大になります。アセットを扱うマーケターや制作者、代理店側担当者などの誰もが必要なアセットをすぐに探し出し、さまざまなチャネルで一貫したエクスペリエンスを構築するためには、あらゆるアセットを集約して管理する仕組みが不可欠です。堅牢なアセット管理ソリューションがあれば、最新の画像や動画をあらゆるチャネルで的確に利用する仕組みが整います。

Adobe Experience Manager

アドビがお役に立ちます。
Adobe Experience Managerを利用すれば、web、モバイル、ソーシャルなど、あらゆるチャネルにわたって魅力的なエクスペリエンスを容易に構築、管理し、動的に配信することができます。クリエイティブとマーケティングのワークフローを連携させ、取り込んだアセットへのメタデータタグの割り当てを自動化し、ひとつのアセットから店頭ディスプレイを含むあらゆるデバイス向けのコンテンツを自動生成できるようにすれば、デジタルアセットの管理は容易になります。最先端のデジタルアセット管理を導入し、あらゆるマーケティングチャネルに向けたコンテンツを、すばやく容易に提供できるようにしましょう。


 

あらゆるチャネルで心をつかむ

コンテンツ配信

相手の印象を高めるには、webサイトやモバイル、動画、ソーシャルなど、どのチャネルにおいてもエクスペリエンスに一貫性が求められます。 そしてそれは効率的でなければ持続しません。コストの増加やプロセスの複雑化を招いたり、IT部門に頼ったりすることなく、どのような画面やデバイスにも一貫性のあるブランドエクスペリエンスを構築できるソリューションが求められます。

Adobe Experience Manager

アドビがお役に立ちます。
Adobe Experience Managerが、PC、タブレット、モバイルに対応した、1つの魅力的なエクスペリエンスを容易に構築します。しかも、開発のためにコードを記述する必要はありません。ひとつの同じコンテンツから、デバイスの種類に応じて自動的に調整されたサイトとページを生成できます。ソースコードを1回更新するだけで、webサイトエクスペリエンスとモバイルアプリの両方に変更を適用できます。デバイスやスクリーンごとに個別に更新する必要はありません。Adobe Experience Managerなら、PCサイトとモバイルサイトを別々に制作することなく、両方のオーディエンスの心をつかみます。

 

最適化されたコンテンツで効果的にリーチ

コンテンツ最適化

何が効果的で、何が効果的でないかを知る必要があります。顧客がサイトやキャンペーンにどう反応しているかを把握すれば、エクスペリエンスを微調整したり、思いどおりの成果が出ていない部分を改良したりできます。ただし、これを迅速に行うには、エクスペリエンスとブランドロイヤルティの向上につながる有益なインサイトをもたらす統合ソリューションが必要です。

Adobe Target & Adobe Analytics

アドビがお役に立ちます。
Adobe Targetなら、2つのバージョンのコンテンツをテストして、どちらがオーディエンスに適しているかを容易に判断できます。また、Adobe Analyticsを使用すれば、データの可視化機能と使いやすいダッシュボードによって、どのコンテンツが顧客の心に響き、魅力的なエクスペリエンスを生み出しているかを確認でき、リアルタイムのインサイトが得られます。顧客の意思決定にともなう現象を的確に把握して、成長につながる魅力的なエクスペリエンスを構築しましょう。

 

ソーシャルバタフライを解き放て

ソーシャルチャネルで生成したリアルなコンテンツ

 

顧客は常に魅力的で信頼性のあるコンテンツを求めています。とはいえ、そのようなコンテンツをすばやく作成するのは簡単なことではありません。そこで必要になるのが、ユーザーがソーシャルチャネルで生成したリアルなコンテンツを再利用できる仕組みです。そのような仕組みがあれば、時間をかけることなく、コミュニティやロイヤルティを促進する魅力的なアセットを確保することができます。

 

Adobe Experience Manager

アドビがお役に立ちます。
Adobe Experience ManagerとExperience Manager Communitiesに含まれているLivefyreを利用して、影響力のあるインフルエンサーやファンが作成した数十億件のコンテンツに、すばやく容易にアクセスしましょう。FacebookやTwitter、Instagramに提供された、美しくて関連性が高く、信頼できるコンテンツを取り込みます。使用許諾を求めるやり取りを容易に管理しながら、コンテンツをフォルダー内で整理できます。顧客自身が生み出したコンテンツは、ロイヤルティを大きく向上させてくれるでしょう。

 

迅速なパーソナライズに必要な機能を網羅

パーソナライズされたコンテンツ

膨大な量のアセットと複数のキャンペーンを多様なチャネルに向けて効果的に展開するには、コンテンツを制御し、パーソナライズされたエクスペリエンスをすばやく構築して提供する必要があります。

アドビが選ばれる理由

アドビの統合されたソリューションには、あらゆるチャネルとデバイス向けに最適化され、パーソナライズされた魅力的なエクスペリエンスを提供するのに必要となるあらゆるツールが揃っています。膨大な量のマーケティングアセットを一元的に作成、管理できます。実行しやすいテストを通じて、最適なコンテンツを特定できます。顧客に関する深いインサイトを入手できます。Adobe Creative CloudとAdobe Experience Cloudを組み合わせれば、一人ひとりの顧客にいつでも適切なエクスペリエンスを提供できます。
コンテンツを自在に操るには?一人ひとりを魅了するためのコンテンツを提供するうえで企業が直面する課題、あるべきワークフロー、そしてアドビがどのようなソリューションを提供できるかをご紹介します。
 

マーケティング成果を高めるために