パーソナライズされたテレビ体験を、あらゆるデバイスでいつでも

パーソナライズされたテレビ体験を、あらゆるデバイスでいつでも
TV Everywhereの最新トレンドについては、「The State of Digital Video」のレポートをご覧ください。 今すぐ読む(英語) ›
エンターテインメントの選択肢は今までにない広がりを見せ、お気に入りのテレビ番組や映画を様々な方法で楽しめる時代になりました。マルチスクリーンでテレビ番組を楽しむ視聴者が増えている今日、主要なデバイスやプラットフォームをまたいで動画視聴できる魅力的な環境を提供しなければなりません。オーバーザトップ(OTT)やTV Everywhere(TVE)のコンテンツをパーソナライズして収益につなげるためには、視聴者を包括的に理解する必要があります。インテリジェントなテレビ体験の創出と収益化のために、アドビをお役立てください。

 

複雑なコードなしにパーソナライズされたテレビエクスペリエンスをあらゆるデバイスで提供

OTTアプリも含め、あらゆるデバイスの視聴者一人ひとりに合わせた動画エクスペリエンスをすばやく構築して配信することは不可欠です。オーディエンスの特性を把握できれば、常連の視聴者や特定の年齢層など、共通の特徴にもとづいてオファーをターゲティングできます。このために必要なのは、こうしたオーディエンスプロファイルを使用して動画コンテンツに動的な広告を挿入できる統合ソリューションです。

アドビがお役に立ちます。Adobe Primetimeでは、あらゆるデバイスを使っていつでも視聴できるパーソナライズされた動画エクスペリエンスを作成し、収益につなげることができます。マルチスクリーンのテレビプラットフォームを通じてOTT動画と広告の配信を簡素化し、エンゲージメントと収益を向上させます。Adobe Audience Managerで顧客データを収集し、統合オーディエンスセグメントを作成すれば、web、ソーシャル、検索、モバイルで一貫して同じ顧客をターゲティングできます。Adobe Primetimeとの連携機能により、こうしたプロファイルを使って動的にターゲティングした広告を動画コンテンツに挿入し、OTTやTVEデバイスも含めあらゆる画面向けに配信することもできます。



あらゆるデバイスのあらゆる視聴者を把握

ユーザーがどのようにサイトやアプリの動画コンテンツを視聴しているかを把握することは重要ですが、これには、認証された視聴者とOTTアプリ上でコンテンツを視聴しているユーザーについての詳細なデータが必要です。こうしたインサイトを取得して、エクスペリエンスの向上、さらには登録者数やブランドロイヤルティの向上に役立てるには、総合的な仕組みが必要です。

Adobe Analytics
アドビがお役に立ちます。Adobe Analyticsでリアルタイムのインサイトを獲得。顧客がどこでブランドと接していても、カスタマージャーニーの各段階で、顧客の決定に影響を及ぼす要因を分析し、認証された視聴者のエンゲージメントをOTTやTVEも含むあらゆるデジタルデバイスやプラットフォームで測定します。


顧客一人ひとりの全体像を把握する

顧客一人ひとりの全体像を把握するうえで障害となるのは、認証データと匿名データが別個のシステムで管理されていることです。必要なのは、多様な施策にまたがって活用できる、共通のプロファイルとオーディエンスを作成できる仕組みです。

Adobe Experience Cloud

アドビがお役に立ちます。Adobe Experience Cloudコアサービスが、認証データと匿名データの両方を使用して、顧客一人ひとりの総合的なプロファイルを構築し、新たなデータを取り入れてプロファイルを最新に保ちます。アドビの多様なソリューションからアクセスできる共通のプロファイルを作成することで、高度にパーソナライズされたエクスペリエンスを構築できます。


インテリジェントなテレビ体験を単一の統合ソリューションで構築し、あらゆるデバイスで提供

Adobe Marketing Cloudは、OTTやTVEも含め、あらゆるデバイス向けの高品質な動画エクスペリエンスを構築、配信するために必要なツールをすべて備えています。複雑なコーディングは必要ありません。動的にターゲティングした広告を動画コンテンツに挿入して配信することも、視聴者がどこでブランドと接しているかに関わらず、行動を総合的に把握することも可能です。
Marketing Cloudなら、オーディエンスを理解し、あらゆるプラットフォームにコンテンツを配信することにより、収益の向上につなげることができます。

アドビが選ばれる理由
従来、統合されたデジタルマーケティングプランを展開するためには、いくつものポイントソリューションをつなぎ合わせる必要がありました。今では、Adobe Experience Cloudが必要なあらゆる機能をひとつの統合ソリューションとして提供します。分析、データ管理、最適化、パーソナライズの機能をこれほど緊密に統合しているソリューションは他にありません。
Adobe Primetimeで成功したIDC

エクスペリエンスを強化するデータ活用

どの業界でも、データは顧客エンゲージメントの強化に役立ちます。各業界を通じて、データドリブン型マーケティングはどのように役立つでしょうか。