大切な顧客の心をつかむために
データドリブンへの道:データを駆使して顧客の全体像を把握するには? ガイドを読む ›
小売業のマーケティングマネージャーやデジタルセールスマネージャーは、さらなる顧客開拓のために、デジタル戦略の強化に取り組んでいます。
デジタル時代を迎えて消費者は膨大な情報に囲まれており、従来の手法を繰り返していては平凡な成果しか上げられません。顧客への影響力を増すデジタルチャネルの特性を活かし、顧客獲得を強化するには、どのような施策が求められるのでしょうか。
Time-Warner Cable
エクスペリエンスを構築する際、顧客とやり取りをする、それぞれの場面や環境、デバイスを考慮する必要があります。大規模なコンテンツ制作とカスタマージャーニーの整備について、大手メディア企業Time Warnerの事例をご覧ください。
顧客理解を深めるために、もっと多くのデータを

 

閲覧行動、コンバージョン履歴、検索連動型広告やキャンペーンに対する反応など、顧客の行動傾向を捉えたデータを集める必要があります。

Adobe Analytics
アドビがお役に立ちます。Adobe Analyticsは、モバイルからソーシャルメディアやwebサイトまで、あらゆるデジタルチャネルに統合されます。さらに、Adobe Media Managerから、キャンペーンの効果や検索連動型広告などの結果を引き出すことができます。

あらゆる顧客をセグメントに分ける

優良顧客の特徴にもとづき、ファーストパーティ、セカンドパーティ、サードパーティのデータを組み合わせて、新しい顧客プロファイルを構築できます。複数のアカウントまたはバンドルポリシーを持つような顧客がターゲットになります。

Adobe Audience Manager
アドビがお役に立ちます。Adobe Audience Managerなら、あらゆる顧客データを集約して、統合されたオーディエンスセグメントを作成できます。これにより、webサイト、ソーシャル、検索、モバイルのどれにおいても同じ顧客をターゲットにできます。


パーソナライズされた最適なエクスペリエンス

オーディエンスのプロファイルを作成したら、これらのセグメントをあらゆるチャネルにプッシュして、エクスペリエンスをパーソナライズすることができます。

Adobe Media Manager
アドビがお役に立ちます。Adobe Media Managerが、Adobe Audience Managerからオーディエンスのプロファイルを引き出し、それぞれのセグメントに対して最適な広告を提供します。動的な広告が、検索連動型広告、プログラム購入、ソーシャルプラットフォームに配信されます。

すべてを一元的に管理

顧客を引き寄せて定着させるための有効な手段のひとつは、パーソナライズされた広告を検索やディスプレイ、ソーシャルメディアに配信することです。このような広告を、特定の顧客のニーズや関心事にもとづいて自動的に配信するには、効率的な仕組みが必要です。

Adobe Target
アドビがお役に立ちます。Adobe TargetはAdobe Media Managerと連携してオファーや広告を評価し、適切な顧客にターゲットを設定し直します。これにより、パーソナライズされた適切なコンテンツでエクスペリエンスを向上させます。

最適なエクスペリエンスで優良顧客を獲得

顧客セグメントをよく理解し、顧客一人ひとりに最適化されたエクスペリエンスを提供できるようになれば、デジタルチャネルで有望な顧客を見つけ、得意客へと育てることができます。これらのプロファイルを従来のメディアと結び付けることもできます。これにより、デジタルチャネルでの顧客開拓計画と予算において、より大きな成果を上げることができます。

アドビが選ばれる理由

従来、統合されたデジタルマーケティングプランを展開するためには、いくつものポイントソリューションをつなぎ合わせる必要がありました。今では、Adobe Experience Cloudが必要なあらゆる機能をひとつの統合ソリューションとして提供します。分析、データ管理、最適化、パーソナライズの機能をこれほど緊密に統合しているソリューションは他にありません。

あらゆる広告チャネルをひとつのソリューションで管理

アドビがなぜリーダーなのか、Forresterの調査レポート「The Forrester Wave™:Omnichannel Demand-Side Platforms, Q2 2017」をお読みください。

エクスペリエンスを強化するデータ活用

マーケティングの新しい可能性