データが示す顧客像から顧客のストーリーを描く

データはマーケティングの方向性を導きます。少なくとも、そうあるべきです。現代のビジネスでは、質問をするまでもなくデータがプロアクティブに回答を示してくれます。高度なデータ分析では、単に情報が得られるだけではありません。予測も立てられます。そうなれば、ただちに予測から行動に移すことができます。

データドリブン型マーケティング

Dellは、より優れたエクスペリエンスを提供するために、あらゆるデータを集約して顧客をさらに深く理解する必要がありました。豊富な分析結果を活用して、複数のデバイスにおけるカスタマージャーニーを最適化し、あらゆる顧客接点にわたってエクスペリエンスを充実させた事例をご覧ください。

あらゆる角度から顧客像を把握するマーケティング

どの顧客接点においても、顧客は自分自身や自分の関心事に沿った情報を望んでいます。サイト分析からマーケティングインサイトを導けば、オンライン/オフラインで収集したインサイトにもとづいて、顧客一人ひとりをあらゆる角度から把握できるようになります。顧客データを分析し、一人ひとりのカスタマージャーニーを把握することで、相手のニーズや好みに即したエクスペリエンスを提供することができます。

インテリジェンスのないデータは過去のもの

顧客の行動に反応するだけでなく、積極的に予測することが重要です。顧客の行動予測はますます難しくなっているので、マーケターは、変化する顧客の行動に合わせて自動調整できる仕組みを活用する必要があります。人工知能と分析能力を組み合わせた、新しいカスタマーインテリジェンスが出現してきています。顧客とブランド企業とのやり取りを監視し、顧客の行動パターンを把握して、顧客のニーズを予想することで、やり取りを的確に、しかも自動的に調整することができます。

インサイトにもとづく最適化

インサイトにもとづく最適化
消費者の期待だけでなく、社内のステークホルダーの期待も高まっています。データを集中管理して組織内で簡単にアクセスできるようにすることは、最良の方策、最高のエクスペリエンス、最も競合優位性の高いビジネス戦略を見つけるための鍵となります。データアナリストの手を借りずに、マーケターが自ら有益なインサイトを得ることができる仕組みが必要です。また、パフォーマンスやコンバージョン率の意味をすばやく解釈できることが重要です。これによって、KPIにつながる最適化をカスタマージャーニー全体にわたって適用することができます。

 

 

 

 

信頼できる将来予測

アドビのソリューションなら、データを一段階上のレベルで活用できます。単なるマーケティング分析にとどまらず、有益なインサイトと予測に優れた人工知能を組み合わせます。データドリブン型マーケティングは、有益な情報の提供という段階から一歩進み、完全な統合と予測の段階に入っています。顧客とのあらゆるやり取りで得たインサイトを活用し、最適化されたエクスペリエンスを提供することで、顧客のニーズを先読みしたサービスが可能になります。

統合されたデータから深いインサイトを得る

あらゆる顧客データとインタラクションを集約し、一元的に分かりやすく表示する方法について、アドビが作成したガイド「The Art of Integration」をご覧ください。

エクスペリエンスを強化するデータ活用

どの業界でも、データは顧客エンゲージメントの強化に役立ちます。各業界を通じて、データドリブン型マーケティングはどのように役立つでしょうか。