消費者と企業のエンゲージメントのあり方が変わり、新たなコミュニケーションのあり方が求められます。 レポートをダウンロード ›
 
 
 

あらゆる旅行者に魅力的なオファーを提案

 

 
 
商品スイッチの起こりやすい業界では、顧客は価格や条件などを比較し、お買い得なところから購入します。旅行業界や観光業界はその例です。旅行を検討する顧客はたいてい、旅行料金やパック商品の内容を比較します。企業が顧客をつなぎとめるためには、相手のカスタマージャーニーの段階に応じて、相手の求める情報をオファーしなければなりません。例えば、見込顧客の検討している目的地、日程、予算感などにもとづいて、要望に近い料金プラン、限定サービス、関連商品などをオファーすると、興味を引くことができるかもしれません。そのためには、顧客の興味や行動を把握し、何をオファーすべきかを知る必要があります。

魅力的なエクスペリエンスをすばやく構築

お買い得な商品を狙っている顧客の目をこちらに向けるには、多様 なデバイスに対応するエクスペリエンスを、IT部門に頼らずに、すばやく構築できる必要があります。このようなスピード感を確保するためには、マーケターや制作担当者、外部パートナーが、承認済みのアセットを利用して複数のチャネル向けに魅力的なオファーを手軽に作成できるような、一元化された作業空間を用意することが効果的です。チャネルをまたぎ、最新の画像と動画を使ってキャンペーンを最新の状態に保つには、堅牢なソリューションが必要です。

Adobe Experience Manager
アドビがお役に立ちます。Adobe Experience Managerなら、コードを記述することなく、あらゆるデバイスに対応した魅力的な旅行の提案を容易に構築できます。ひとつの同じコンテンツから、デバイスの種類に応じて自動的に調整されたサイトとページを生成できます。 顧客はモバイルデバイスで取引を開始し、それをPCで引き継ぎ、タブレットで完了できます。取引をどこで中断しても、シームレスに再開できます。 さらに、あらゆるアセットはひとつの場所でまとめて管理されるので、承認済みのアセットをすばやく見つけ出し、複数チャネルにまたがるエクスペリエンスに迅速に組み込むことができます。

電子メールオファーを自動的にパーソナライズ

Adobe Campaign

オンラインとオフラインチャネルの施策をつなげるには、両者のデータと整備して電子メールを活用するとよいでしょう。そうするには、顧客のアクション(オファーの放棄など)をトリガーとして自動的に電子メールキャンペーンを展開するような仕組みを構築することが重要です。コンテンツの利用状況をもとに動的なプロファイルを作成して、顧客一人ひとりの嗜好や行動を把握します。見込み客から得意客になるまでのカスタマージャーニーをスムーズに導かなければなりません。

Adobe Campaign
アドビがお役に立ちます。Adobe Campaignが、旅行のオファーをパーソナライズして、あらゆるチャネルで展開します。顧客のセグメント化とターゲティングを正確に行います。オンラインとオフラインの両方から得たデータをもとに、詳細な顧客プロファイルをリアルタイムに作成します。これにより、顧客の行動の変化に対応して効果的にパーソナライズされたオファーを提供できます。自動的に電子メールによるオファーを配信したら、クロスチャネルキャンペーンの効果を一元的にモニターします。


適切な人に最適なオファーをタイムリーに提供

Adobe Target

配信したオファーが適切だったかどうかは気になるところです。適切でなかった場合は、どうすれば改善できるでしょうか。追加のオファーやメッセージなどのコンテンツをパーソナライズして提供するには、顧客がどのようにキャンペーンに反応してサイトを訪れているかを把握することが重要です。エクスペリエンスを改善してコンバージョンとブランドロイヤルティを向上させるには、顧客体験を計測してインサイトを導き出せる仕組みが必要です。

Adobe AnalyticsとAdobe Target
アドビがお役に立ちます。Adobe Targetを使用すれば、2バージョンの旅行のオファーをテストして、最も効果的なバージョンや組み合わせを容易に把握できます。また、異なるバージョンが収益に与える影響を調査できます。Adobe Analyticsは、あらゆるマーケティングチャネルでのインサイトをリアルタイムに提供します。webサイト上の顧客の行動にもとづいてパーソナライズされたオファーを送信すれば、コンバージョンを増やすと同時に、作業負荷を軽減できます。潜在客から得意客になるまでのカスタマージャーニー全体にわたって、顧客が決断にいたる経緯を追跡できます。

動的な広告配信でコンバージョンを促進

Adobe Media Manager

あらゆる検索連動広告やディスプレイ広告、ソーシャル広告において、パーソナライズされた広告を配信することにより、顧客を引き寄せてつなぎとめることができます。それには、個々の顧客が旅行に求めているものと関心にもとづいて、顧客に合った広告を自動配信できる仕組みが必要です。

Adobe Media Manager
アドビがお役に立ちます。Adobe Media Managerなら、Adobe Audience Managerで作成されるオーディエンスプロファイルにもとづき、より効果的にパーソナライズされた広告を作成できます。検索連動型広告、プログラマティック(広告自動取引)、ソーシャルプラットフォームを通じて、適切な顧客セグメントに動的な広告を自動的に配信できます。

パーソナライズされたオファーの配信を実現する統合ソリューション

アドビが選ばれる理由

旅行者は常に最新情報を求めているので、航空会社やホテル、船旅会社は、旅行商品の料金やスケジュールや内容の情報を、文字どおり分単位で更新する必要があります。Adobe Experience Cloudには、魅力的な料金に加えて関連商品や得意客向けの限定サービスを含んだオファーを提供するために必要なあらゆるツールが揃っています。
アドビが選ばれる理由
以前は、このような統合デジタルマーケティングを実践するためには、機能の異なる個別のソリューションをつなぎ合わせて使用する必要がありました。今では、Adobe Experience Cloudが必要なあらゆる機能をひとつの統合ソリューションとして提供します。分析、データ管理、最適化、パーソナライズの機能をこれほど深いレベルで統合しているソリューションは、ほかにありません。
顧客はそれぞれの好みによって異なる道筋を通ります。一人ひとりのカスタマージャーニーに沿ったコミュニケーションを行うには?
【 クロスチャネルマーケティングが「ロケット工学」ではない10の理由 】 をお読みください。
 

エクスペリエンスを強化するデータ活用

どの業界でも、データは顧客エンゲージメントの強化に役立ちます。各業界を通じて、データドリブン型マーケティングはどのように役立つでしょうか。