デジタル基盤の統合

最適な顧客体験を構築する鍵
テクノロジーの導入におけるCMOの役割とは?ホワイトペーパーを読む › 
 
チャレンジ

顧客に遅れを取らないために

マーケットは成長し、変化し、急速に拡大しています。そのスピードに乗り遅れないようにするにはどうすればよいでしょうか。顧客を魅了し続け、やり取りを取引にまで進めるための努力は並大抵ではありません。セールスにつながる案件を優先していながらも進展せず、この先どう進めていけばよいのかわからない。現代のマーケターなら、次のようにつぶやくこともあるでしょう。
「顧客一人ひとりの期待に応えるような、パーソナライズを実現する方法がわからない」
各組織には顧客に関する豊富なデータと情報が保管されているかもしれませんが、それらを集約し、効果的に分析する方法が必要です。
「チャネルごとにバラバラに使われているコンテンツを、効率的に管理する方法がないものか」
組織が分断していて、コンテンツが様々なプラットフォームに振り分けられていると、効果的に運用できません。
「リアルタイムに更新ができない」
新規にマーケティングキャンペーンを構築するには時間が必要で、予想外の出来事や新しいトレンドに対応するのは困難です。リアルタイムでオファーを提供し、最も効果のあるコンテンツにマーケティングの予算を自動的に振り分けることができるツールが必要です。これらはすべて、顧客エクスペリエンス向上につながります。

優れた顧客体験の提供を妨げる6つの壁

データシステムが連携していないので、顧客を十分に把握できない。
データやシステムが連携していないので、顧客像を正しく把握できない。
顧客の人物像を知ることができるような分析結果を得ることができない。
顧客の人物像を知ることができるような分析結果を得ることができない。
組織が分断されていて、全体的なカスタマージャーニーに対応できない。
組織が分断されていて、全体的なカスタマージャーニーに対応できない。
顧客インサイトをリアルタイムで得られない。
顧客ニーズの理解につながる情報がすぐ得られない。
コンテンツマーケティングのアセットに単一のリポジトリが必要。
コンテンツマーケティングに必要な素材がどこにあるか分からない。
デジタルマーケティングの実施や修正のためにIT部門に頼らなくてはならない。
デジタルマーケティング施策の実施や変更のたびに、IT部門の作業が必要
71%

「71%のマーケターが、カスタマージャーニーの最適化は、今後数年のビジネスの成長にとって非常に重要な要素になると言います」

「Adobe 2017 Digital Trends」レポート
space
 
解決策

デジタル基盤で複雑さを克服

分断されたデジタル基盤 vs 統合されたデジタル基盤
分断されたデジタル基盤は、それぞれ独立して動作する個別のアプリケーションで構成されています。企業の成長に伴い、ワークフローのデジタル化が進んでも、分断されたデジタル基盤ではいつまでも同じ問題が業務の足を引っ張り、フラストレーションと機会の損失をもたらします。
統合されたデジタル基盤は、互いにやり取りをおこない、連携するように設計されたアプリケーションで構成されています。ビジネスが成長して新たなアプリケーションを追加しても、相互接続されたデータ共有と管理のネットワークが拡張されて大きくなるだけです。そのため、プラットフォームを変更する必要も、ITリソースを増員する必要もありません。
あらゆる顧客の要求に効果的に応えるのは難しい課題かもしれませんが、統合されたデジタル基盤がそれを可能にします。
オーディエンスと、オーディエンスの関心事を知ることができます。
オーディエンスは誰なのかを把握し、相手の関心事を把握できます。
パーソナライズしたマーケティングメッセージで顧客を引き付けます。
 一人ひとりに合わせてパーソナライズしたメッセージで、相手を魅了できます。
チャネルをまたいで魅力的なデジタルエクスペリエンスを構築します。
チャネルをまたいで、魅力的なエクスペリエンスを構築できます。
ITの管理ではなく、マーケティングに集中できます。
システム管理ではなく、マーケティング施策に集中できます。
Chris Nguyen

デジタル基盤=ビジネスを成功導くための、データの収集/保管/分析、コンテンツの制作/配信、デジタルチャネル/オフラインチャネルにわたるコンテンツの一元管理を提供するテクノロジー

space
 

アドビの強み

デジタル基盤をアドビで構築

アドビ製品を活用すれば、安全でスケーラブルな統合されたデジタル基盤を構築できます。アドビのアプリケーションはクラウドベースに構築され、専任チームによってサポートされています。
コンテンツのオーサリングや配信、パーソナライゼーション、分析などのツールはデジタルエクスペリエンスに大きな影響を与えます。

アドビのテンプレートとwebコンポーネントを利用すれば、チャネルをまたぐ魅力的なデジタルエクスペリエンスを構築し、リソースの組み合わせや、コンテンツの最適化、結果の測定を同じインターフェイス上でおこなってプロセスを効率化できます。
お客様が顧客に優れたエクスペリエンスを提供しようとするのと同様に、アドビもお客様に質の高いエクスペリエンスを提供したいと考えます。そのため、クラウドホスティングサービスを提供し、専任のエキスパートが導入を一歩ずつサポートします。お客様のニーズを理解するためにトレーニングされたエキスパートが窓口となり、デジタル基盤の力を最大限に活用するお手伝いをします。

統合されたデジタル基盤が実現する4つのこと

既存のチャネルと新興チャネルをまたいでコンバージョンが向上します。

既存のチャネルと新しいチャネルをまたいでコンバージョンが向上します。

顧客をより深く理解することでロイヤルティを向上します。

顧客をより深く理解することでロイヤルティを向上します。

デジタルマーケティングの投資で高いROIを保ちながら、配信コストを削減します。

デジタルマーケティングの投資で高いROIを保ちながら、配信コストを削減します。

セキュリティとサービスの提供。

セキュリティとサービスを提供します。

アドビのデジタル基盤がこれらを提供します。

  • クラウドベースのインフラストラクチャー
  • 世界トップレベルのデータセキュリティ*
  • 使いやすいアプリケーションの統合プラットフォーム
  • コンテンツのオーサリングと配信
  • デジタルアセット管理
  • クロスチャネルのキャンペーン機能
  • オーディエンスのプロファイル作成とセグメンテーション
  • パーソナライゼーションツール
  • 分析とデータ管理
  • テンプレート
  • webコンポーネント
  • 専用のクラウドホスティングと専任のエキスパート
アドビのクラウドセキュリティは以下に準拠し、認定されています。
*アドビのクラウドセキュリティはこれらに準拠し、認定されています。
FedRAMP (The Federal Risk and Authorization Management Program)
医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(「HIPAA」)
グラム・リーチ・ブライリー法(「GLBA」)
ISO 27001
SOC 2
Safe Harbor Principles
space
 

ユーザーの声

PHILLIPS
ビジネスに成果をもたらす
Philipsは、アドビ製品でデジタル基盤を一から構築することで、あらゆるチャネルの管理を一元化しました。更新の際には、確実にすべてのページが更新され、顧客はシンプルでパーソナライズされたエクスペリエンスを楽しむことができます。

アドビのデジタル基盤を導入することで、Philipsはこれらを実現しました。

  • 100万ページのコンテンツを38か国語で管理
  • 毎日30,000以上の製品プロファイルを自動的に更新
  • webページの翻訳にかかる時間を75%削減
  • 翻訳の管理コストを全体で90%削減
  • ページビューに占めるモバイルデバイスの比率が15%から50%に上昇
  • webサイトに訪れる年間140億のアクセスを処理

適切な基盤がお客様の成功を支える

アドビは、膨大な数にのぼる企業のデジタル基盤を支えています。アドビのお客様は競争で優位に立ち、ビジネスでの成功とエクスペリエンスの革新をいち早く実現しています。データに溺れ、分断されたシステムと格闘する日々は終わりにしましょう。
顧客の全体像を把握できるので、エクスペリエンスをパーソナライズできます。
リアルタイムで容易に更新できます。
あらゆるデジタルチャネルを横断してコンテンツをシームレスに管理できます。
デジタルアセットを柔軟に、あらゆるチャネルにわたって展開できます。
リアルタイムで容易に更新できます。
顧客像を的確に把握し、エクスペリエンスをパーソナライズできます。

デジタル基盤を構築

より多くの顧客を引きつけ、コンバージョンを向上させ、ビジネスをさらなる成功へ導きます。