「画像一発差し替え」で、業務効率化を実現

Adobe StockをCreative Cloudの主要アプリと使えば、透かし入り画像でデザインを固めても、簡単に高解像度画像に差し替えることができる。作業の大幅な効率化を体感された株式会社LIGのデザイナー、藤田 遼さんにお話しを聞いてみた。

株式会社LIG デザイナー 藤田 遼さん

Adobe Stock User’s Voice Vol. 1 

株式会社LIG デザイナー 藤田 遼さん


効果としてもっとも大きいのは作業のスピードアップですね。今まで当たり前だと思っていた作業が短縮でき、余裕を持って進められるようになりました。効率化がクオリティを高められることを証明できるサービスだと思います。

 

 

Q1.普段、どんなお仕事をされていますか? 


LIGで主に携わっているのはコーポレートサイトのリニューアル、それにキャンペーンサイトの制作です。実作業はクライアントへのヒアリング、そこからのアートディレクションやデザインまで担当しています。抱える案件は常に複数あり、いずれもタイトなスケジュールでスピード感が要求されます。なので、常に頭の中を整理しつつ、業務効率を高めながらクオリティを維持することを心がけていますね。

 

Q2.ストックフォトをどんな風に活用していますか?


Webサイト制作の肝でもあるキービジュアルの選定に用いています。特に、クライアントから素材が提供されない、撮影費用が捻出できないというケースには、バリエーションが豊富なストックフォトサービスだととても重宝します。

株式会社LIG デザイナー 藤田 遼さん
株式会社LIG デザイナー 藤田 遼さん
Adobe Stock ユーザー活用事例
Q3.Adobe Stockを使ってみて、いかがですか?


やはり体感するのは作業時間の短縮ですね。ビジュアル探しって結構時間がかかるので、作業をしているPhotoshopから検索したストック素材をそのままデザインに用いることができるAdobe Stockはとても便利です。あと、本番画像に差し替えが簡単にできるのはありがたいです。これまでは、透かし入りのサンプル画像でデザインをある程度固めて、クライアントからOKをもらった上でストック素材のライセンス購入をしていました。そのため、高解像度画像をつかってもう一度同じデザインの制作作業を繰り返す必要がありました。

Adobe Stockなら、色味加工などを行っても、その作業内容はそのままで、画像だけを差し替えることができるのは、デザイナーにとって大いに助かります。まさに痒いところに手が届くポイントと言えますね。

Q4. Adobe Stock+Creative Cloudと組み合わせて使うことで仕事のスタイルは変化しましたか?


スピードアップという大きな変化をもたらしてくれました。今までのWeb制作では、デザインとWebサイト構築が同時進行することがほとんどで、透かし入りのサンプル画像と本番用画像を差し替える際は、その都度エンジニアに差し替えファイルを手渡して入れ替えてもらう……というフローを踏んでいたんです。でも、Adobe Stockを使えばボタンひとつで画像の差し替えを行うことができて、先ほどの作業がエンジニア一人でも完結できるんですよ。まるで今まで二度手間を踏んでいたような印象すら抱くほど。この時間短縮は作業負担の軽減に役立っていますね。

Adobe Stock ユーザー活用事例
株式会社LIG デザイナー 藤田 遼
プロフィール
株式会社LIG デザイナー 藤田 遼
2013年にWebデザイナーとしてLIGに入社。「クライアントの課題解決のためのデザイン」をモットーに、LIGのデザイナーとして堅実ながらも遊び心のあるWebサイト制作を心がけている。

今回の撮影で藤田さんにご使用いただいたストック素材はこちら

 

6,000万点のロイヤリティーフリー素材が利用できるAdobe Stock。
PhotoshopやIllustratorのライブラリパネルから検索や試用、購入することが可能です。
 

詳しくはこちら ›