「アプリ内画像検索」で、業務効率化を実現

Adobe StockならPhotoshopなどのCreative Cloudの主要なアプリ内から直接ストック素材を検索し購入することができる。これによりイメージを膨らませる時間を確保できた株式会社LIGのデザイナー、伊藤 潤一さんにお話しを聞いてみた。

株式会社LIG デザイナー 伊藤 潤一さん

Adobe Stock User’s Voice Vol. 2 

株式会社 LIG デザイナー 伊藤 潤一さん


Adobe Stockは、デザイナーにとって不可欠な「イメージを膨らませる時間」を確保するために必要なサービスだと言えます。複数のサイトやアプリを行き来することなく素材を利用できるので、デザインに専念できます。また、早い段階からクライアントとイメージを共有しながら作業できるので、後になって食い違いが生じることもありません。今後、このスタイルがスタンダードになっていくのだと思います。

 

 

Q1.普段、どんなお仕事をされていますか? 


LIGではWebデザイナーとして、コーポレートサイトやキャンペーンサイト、メディアサイトなどWebサイト全般のデザインを担当しています。サイトローンチ(公開日)が決まっている案件がほとんどで、いずれもデザインが組まれたうえでサイト構築が行われるという作業フローとなっているので、クオリティは維持しつつも常にスピードが求められます。デザインに不可欠な自分のイメージを膨らませる時間を持つためにも、作業効率を高めるための方法論はいつも意識するようにしています。
 

 

株式会社LIG デザイナー 伊藤 潤一さん
株式会社LIG デザイナー 伊藤 潤一さん
Q2.ストックフォトをどんな風に活用していますか?


主に用いているのは、デザインカンプの作成時ですね。中でもキービジュアルに多用しています。というのも、やはりここはクライアントからの要望やフィードバックがもっとも多い部分の一つなんですよね。それゆえストックフォトで予め複数のイメージを備えておくことが多いです。実際にいくつかのアイディアを用意しておけば、サイト制作時のイメージ共有という意味でも大いに役立ちますからね。

 

Q3.Adobe Stockを使ってみて、いかがですか?


実際に使ってみて感じるのは、Adobe Stockを使うことで今後さらにWeb制作のクオリティとスピードは向上するだろうな、ということです。Adobe Stock はPhotoshopから直接検索できるので、写真素材をいちいち探しに行く手間が省けてデザイン作業に集中できますし、制作スピードも上がりますね。手軽にさまざまなパターンを取り入れることができますから、イメージがより膨らんで、結果的に思い描いていた以上のWebサイトが出来上がります。Webサイトにおけるビジュアルの重要性を考えると、この利便性は手放しがたいですね。

Adobe Stock ユーザー活用事例
Q4. Adobe Stock+Creative Cloudと組み合わせて使うことで仕事のスタイルは変化しましたか?


今まで時間を取られていた作業がいくつもなくなり、着実に効率化が図られるようになりました。例えばデザイン提案をする際、「違うイメージのキービジュアルも見たい」という要望がクライアント側から出ることがあるのですが、PhotoshopとAdobe Stockさえあれば、その場ですぐに他の画像に差し替えてお見せすることができるんです。打ち合わせ内容を一度持ち帰って画像を差し替えて……という作業がなくなっただけでもかなり大きな変化ですね。使っている画像を気に入ってもらえれば、そのままライセンスを購入して作業を完了できるというシステムもすごく便利です。

株式会社LIG デザイナー 藤田 遼

プロフィール

株式会社LIG デザイナー 伊藤 潤一

2015年9月からデザイナーとしてLIGに入社。今年でキャリア6年目のWebデザイナー。2016年に手がけた「GREE SECONDARY PROJECT」のサイトでは、「CSS Design Awards S.KUDOS」をはじめ多くのアワードを受賞。すでにLIGのウェブ制作部では欠かせない存在となっている。

今回の撮影で伊藤さんにご使用いただいたストック素材はこちら

 

7,500万点のロイヤリティーフリー素材が利用できるAdobe Stock。
PhotoshopやIllustratorのライブラリパネルから検索や試用、購入することが可能です。
 

詳しくはこちら ›