デジタル変革ナビ

Adobe Experience Cloud

デジタルマーケティングとは

 

 

マーケティングとは

マーケティングとは

 

 

マーケティングとは、顧客の創造です。企業は製品やサービスを生み出し、欲求を持つ顧客から対価を得ることで存続します。

顧客を創造するためには、潜在顧客の欲求(ニーズやウォンツ)を把握し、見込み顧客に商品やサービスを提案します。企業の提案が顧客の要求に見合うと顧客が判断したとき、取引が成立します。

狭義には、製品部門が製品やサービスを開発し、マーケティング部門が宣伝/販促し、営業部門が販売すると捉えられがちですが、実際には、あらゆる部門の活動がマーケティングなのです。


デジタルマーケティングとは

 

 

デジタルマーケティングとは、デジタルテクノロジーによって実現される施策や活動が組み込まれたマーケティングです。

かつてデジタルマーケティングとは、オンラインマーケティングを意味していました。ところがいまでは、オンラインとオフラインの区別は困難になり、「デジタルの不要なマーケティング」というものが稀です。

つまりデジタル時代において、デジタルマーケティングはマーケティングと同義となった、と言えるでしょう。マーケティングは企業活動そのものであるので、デジタルマーケティングを担うのも、企業のあらゆる部門となのです。

デジタルマーケティングとは

デジタルマーケティングの目的

デジタルマーケティングの目的

 

 

デジタルマーケティングの目的は、データで顧客を理解し、コンテンツで顧客の欲求を満たすことです。

顧客の創造に必要なことは、顧客の理解と、顧客の欲求を満たすことです。デジタルマーケティングにおいても、目指すべきことは同じです。デジタルテクノロジーがマーケティングに組み込まれたことにより、顧客の欲求をデジタル化して把握し、顧客の欲求をデジタルエクスペリエンスの提供を通じて満たすことができるようになりました。

デジタルマーケティングについて詳しく知る

経営戦略としてデジタルマーケティングを推進していくうえでは、全社的な視点から部門横断的に取り組みをリードする「中央専門組織「Center of Excellence(CoE)」を作り、そこに機能を集約していくことが必要とされる。そのステップと国内成功事例を紹介する。