デジタル変革ナビ

Adobe Experience Cloud

デジタル変革とは

 

 

デジタル時代とは

デジタル時代とは

 

 

デジタル時代とは、モバイル、クラウド、ソーシャルの普及などをはじめとする、デジタルテクノロジーが社会に浸透した時代です。デジタル時代の顧客は、誰もがネットを利用し、モバイルデバイスを持ち歩き、いつでもどこでも情報や人々と繋がっています。ウェアラブル、IoT、VR/AR、人工知能(AI)への再脚光など、今後も新たなテクノロジーが次々に登場してくることでしょう。

デジタルテクノロジーの発展により、社会の姿は劇的に変化しました。いつでもどこでも欲しい情報が得られるだけでなく、膨大な情報が市場にあふれたことで、顧客(消費者、取引先)は情報を取捨選択するようになりました。企業の規模や知名度よりも、いかに一人ひとりの顧客を引きつけるかが、企業の競争を左右するようになったのです。


デジタル変革とは

 

 

デジタル変革(デジタルトランスフォーメーション)とは、デジタル時代にふさわしいビジネスのあり方に変わることです。そして、デジタル時代に求められるビジネスの姿とは、いつでもどこでも、一人ひとりの期待に応えることです。

デジタル時代の特色として、企業と顧客のコミュニケーションの主導権は顧客が握っている、ということがあります。こうした市場変化に対応するために、企業にはビジネスのあり方そのものが問われているのです。

デジタル変革とは

エクスペリエンスとは

エクスペリエンスとは

 

 

エクスペリエンスとは、企業と顧客とのやりとりの過程で生まれる、顧客の印象感情です。

企業の製品やサービスが提供する機能だけでなく、製品やサービスを利用する過程で得られる効能全般に対して、一人ひとりの顧客が、価値を得られたと感じること、あるいは期待を上回る感動や満足感を得られたと感じることが、顧客にとっての優れたエクスペリエンスと言えます。これを「顧客経験価値」と呼ぶこともあります。優れたエクスペリエンスを得られたと顧客が感じれば、その顧客にとっての商品やサービスへの信頼感が高まります。

顧客にとってのエクスペリエンスの良し悪しが、企業の競争力そのものを左右することになります。


エクスペリエンスビジネスとは

 

 

エクスペリエンスビジネスとは、顧客の印象や感情がもっとも高まるように、企業の商品やサービスをデザインし、顧客へ提供するビジネスモデルです。

商品やサービスの機能を起点とする従来のビジネスと違い、エクスペリエンスビジネスの起点は顧客となります。従来のビジネスは、商品やサービスを販売していました。エクスペリエンスビジネスでは、商品やサービスを利用する喜びや満足感を提供します。モノを売るビジネスから、コトを売るビジネスへと変革すること、と言い換えることもできます。

エクスペリエンスビジネスこそが、真の「顧客中心」のビジネスモデルなのです。

エクスペリエンスビジネスとは

エクスペリエンスビジネスについて詳しく知る

デジタル技術の進展により顧客と企業の関係は変わり、主導権は顧客のものとなった。企業は自らを新たな事業構造「エクスペリエンスビジネス」へと変革しなければならない。企業変革を推進するマーケティングリーダーが押さえるべき4つのポイントを挙げる。