UNITE

 

 

 

 

 

設立70年の伝統的な会社でもカスタマーエクスペリエンス改善を進められた6つのポイント

2016年08月12日

【POINT】
  • 単一のプロファイルがあれば、一人ひとりの顧客に対してそれぞれ最適な体験を生み出せる
  • 顧客情報の収集によって、良い顧客体験だけでなく、オーディエンスのニーズを満たす製品やサービスを開発することもできるようになる
  • 「顧客の希望通りの条件で」十分にリーチするには、顧客がブランドに出会う際の詳細状況を把握できるツールを活用する必要がある

今回は、設立70年の会社をデジタルマーケティングの先駆者に変えることに成功した戦略的なアプローチをご紹介する。歴史ある伝統的な企業であるにもかかわらず、デジタルマーケティングに関して先進的な取り組みを進めたその会社とは、Recreational Equipment, Inc.(略称REI)だ。
 
REIは、アウトドア用品やアウトドア衣料の小売業者として世界をリードする企業の1つ。1930年代末に協同組合として設立され、2013年の純売上高は20億ドル以上に達した。
同社は、独自のマーケティング改革によって、オフラインとオンラインのタッチポイントを一貫したカスタマージャーニーに集約している。
 
REIでデジタル小売および顧客サポート担当のシニアバイスプレジデントを務めるブラッド ブラウン氏は、2014年3月のイベントで同社の総合的なマーケティングビジョンについて語り、一貫した顧客体験の実現に不可欠な6つの要素を明らかにした。その内容を以下にまとめる。
 
 

一貫した顧客体験の実現に不可欠な6つの要素

 

1. 単一のプロファイル:

ブラウン氏は、顧客セグメントのための単一のプロファイルを作成することを推奨している。
REIでは顧客プロファイルを構築するにあたって、顧客からフィードバックを引き出す方法を改革した。デジタルチャネルを通じて取得したデータを使えば、完全なマーケティングプロファイルを作成できる。ただし、それで終わりではない。
 
REIは現在も、電話応対や店頭での顧客との会話、POSディスプレイなど、従来のチャネルを通じてフィードバックを収集し続けている。
 
そうすることで、オンラインとオフラインのデータを集約し、顧客についてあらゆる情報を多角的に集めた単一のプロファイルを作成しているのだ。
 

2. クリエイティブミックス:

次のステップは、顧客から見て統一感のあるクリエイティブミックスを展開することだ。
たとえば、バスでダウンタウンに向かう顧客をターゲットとして、
 
幹線道路沿いにビルボード広告を設置し
バス停にサイネージ広告をディスプレイし
検索連動型広告でモバイル広告を配信する
 
といったことが考えられる。
こうした過程全体を通じて、REIはその顧客とつながるために、さまざまなフォーマットを切り替えている。ブラウン氏によると、クリエイティブは、顧客の「タイミング」「デバイス」「場所」「環境」に合わせて調整する必要があるという。
 
顧客のオンライン行動分析データをクリエイティブに反映させるようにすることで、マーケターは、単一のプロファイルを活用して、ターゲットを絞り込んだデジタル(やアナログの)クリエイティブを作成できる。そう、REIがビルボード広告やモバイル広告で行っているようにだ。
 

3. リアルタイムのweb体験

静的なwebページは過去のものだ。もう、1つのサイトで万人向けに訴求しようとする必要はない。単一のプロファイルがあれば、一人ひとりの顧客に対してそれぞれ最適な体験を生み出せるからだ。
 
カスタマージャーニーを通じて顧客の情報が増えていくにつれて、リアルタイムで自分向けのコンテンツや誘導が表示されるという特別な体験を、顧客相手に提供できるようになっていく。
 
さらに体験の動的な管理(Activation)を行えば、カスタマージャーニーのマッピングが可能になり、明らかに意味のある方法でwebページをレンダリングできるようになる、ということにREIは気付いた。
 
顧客プロファイルがあれば、パーソナライズされたページを動的に生成できる。その際に参考とするのは、デジタルチャネルやアナログでのやり取り全体から取得したユーザー行動の情報と、現在アクセスしようとしているページの情報だ。こうした仕組みによって、かなり絞り込んだターゲティングが可能になるのだ。
 

4. オーディエンスターゲティング

顧客の行動をデータとして把握することで、ターゲットとすべきセグメントが見えてくる。そのために取得する情報は、「行動」「場所」「URL」など。
ブラウン氏が触れたように、行動のマッピングによって、「主にデジタルとオフラインでの顧客とのやり取りを通じて、毎回少しずつ、顧客のことがわかってくる」のだ。
 
われわれは、個人のプライバシーを犠牲にすることなく、マーケティング活動でより一段とターゲットを絞り込めるデータを豊富に持っている(これは顧客一人ひとりとの土俵でやり取りを行う際に重要だ)。
 
顧客の情報は、直接的および間接的なやり取りを通じて、時間をかけて収集される。こうしたプロセスによって、われわれは良い顧客体験を生み出せるだけでなく、オーディエンスのニーズを満たす製品やサービスを開発することもできるようになるのだ。
 

5. 個人を特定する

顧客体験をより効果的に作り出すには、「お客様ID」や「購買傾向」などの個人属性を確認し、蓄積しているデータと紐付ける方法を見つける必要がある。データにおいて個人を特定することは、ROI(費用対効果)の向上に不可欠だ。
 
ブラウン氏は、個々のユーザー行動を把握できるように、サイトにログインする気にさせるCTA(行動喚起、Call to Action)をテストすることを推奨している。
 
ユーザーがサイトにログインしてくれれば、顧客を識別でき、プロファイルに基づいた個人的で意味のある対話ができるようになるからだ。
 

6. デジタルとアナログの体験を組み合わせる

最後に、ブラウン氏のチームは、オンラインとオフラインの行動を統合して、REIのブランドでシームレスな体験をもたらすことに取り組んでいる。
 
たとえば、電子メールやダイレクトメールを送って、さまざまな時間にさまざまな意思決定ポイントで顧客を引き付けている。
また、来店などオフラインでのエンゲージメントでは、顧客としっかりとしたやり取りができる。実際に製品に触れながら自由に質問に答えたり、店頭での顧客の行動を観察することで、デジタルチャネルでは得られない細かな反応が得られたりするのだ。
 
一方で、アプリ上でのエンゲージメント、webサイトにおける行動、検索行動などのデジタル体験は、顧客がREIとの体験を途切らせることなく、あるアクティビティから別のアクティビティに移行できるような方法で、オフラインマーケティングを支援する。
 
REIは先ごろ、デジタルおよびアナログチャネル全体を通じてすべての在庫を可視化できる新しい注文管理システムを実装した。検索機能が改良されており、顧客はREIの最新の印刷カタログに目を通している時も、オンラインで在庫商品を検索している時も、購入方法/製品情報/製品に関する専門家のコメントなどにアクセスできるので、顧客体験を形作る助けになっている。
 
 
マーケターとしてのわれわれの改革は、オンラインおよびオフラインチャネルを通じて存在する絶妙なタッチポイントを活用しない限り、完結しない。
 
REIのブラウン氏が断言するように、「顧客の希望通りの条件で」十分にリーチするには、顧客がわれわれのブランドに出会う際の「だれが」「何を」「どこで」「いつ」「どのように」を理解できるツールを活用する必要がある(たとえばAdobe Marketing Cloudのような)。
そうすることによってわれわれは、顧客とのエンゲージメントにおいてふさわしいカスタマージャーニーを形成できるようになるのだ。

 

 

消費者一人一人の関心と好みに応じたマーケティング活動を実現するには
 
(2014年8月14日のブログ投稿より)
Matt Langie(アドビのデジタルマーケティング事業 戦略マーケティング シニアディレクター)

優れた顧客エクスペリエンスを提供するために

効率的で安心できる基盤を構築したい

さらに詳しく ›

コンテンツマーケティングを効率化したい

さらに詳しく ›

 

 

顧客を知り、関係を築く、総合マーケティングソリューション

顧客を理解し、顧客を魅了するために、あらゆるデータとコンテンツを集約し、一人ひとりに最高のエクスペリエンスを提供します。
 

 

関連記事

 

コミュニケーションロスが売上損失に直結。アドビ「消費者行動調査2016」に見るデジタル時代の消費者意識とは
アドビ システムズでは、2016年2月、一般消費者の購買行動における意識調査を実施した。デジタルメディア時代の消費者行動から、「消費者といつ、どこで、どのようなコミュニケーションをとれば、購買意欲を高めることができるのか」を探った。
 

 

海外の小売企業のマーケティング事例に学ぶ、最適な顧客体験とは?
Webやスマホの普及により、消費者の購買行動や、消費者と企業間のコミュニケーション形態が変化している。オンラインのタッチポイントの影響力が増しているのだ。こうした顧客の購買行動の変化に対し、企業はどのようにコミュニケーションしたらよいだろうか。小売業界の事例を参考に、いま求められている「顧客体験(カスタマーエクスペリエンス=CX)」を考える。
 

 

小売企業変革のヒント:デジタルマーケティングの価値を引き出すには
大多数の小売企業は、ビジネスをデジタル化する必要があることを認識しているが、その価値を正確に理解できず、デジタル戦略やリソース、予算配分において正しい選択ができなくなってしまうケースが多い。それを解決するためには?
 

 

  • Adobe Marketing Cloud

    顧客を知り、関係を築く、総合マーケティングソリューション

    さらに詳しく