UNITE

 

 

 

 

 

変化する顧客ニーズを的確に捉えよ。動きのすばやい企業に見る差別化要素

2017年04月24日

【POINT】
  • 顧客ニーズの変化の速さに対応できなければ、顧客から選ばれるブランドになることは難しい
  • 市場変化の激しい時代には、小さなPDCAサイクルを連続的に実施する「アジャイルアプローチ」が適している
  • アジャイルアプローチへ切り替えるには、企業風土やプロセスだけでなく、組織のあり方も見つめ直すべき

 

変化の激しい時代に「先を見通す」ことは難しい

 
先を見通すことが難しい時代
 
近年の市場変化の速さに、苦戦している日本企業は多い。「性能をアップすれば売れていた商品」が売れなくなったり、旧来の人気サービスが新興企業による後発の魅力的なサービスに顧客を奪われたりなど、トレンドの移り変わりが早く、先を見通すことが難しい。
ただ、そんな難しい時代ゆえに慎重になり、「次の一手を誤らないよう、入念に調査や検討を重ねてからプロジェクトを進めたい」と考えているなら、その認識は早急に改めてほしい。
 
 

顧客ニーズの変化に対応するため「プロセスのスピード化」はマスト

 
プロセスのスピード化

 

いまや顧客ニーズは多様化し、時間の経過や状況に応じて移ろいやすい。いま、たとえ緻密に調査を行ったとしても、満を持してリリースした頃には、顧客の求めていることが変わってしまっている可能性も大きい。一人ひとりの顧客が何を求めているかをすばやく知り、顧客体験という形で適切に応えなければ、顧客の心はその企業からどんどん離れてしまうだろう。
 
もちろん、多くの企業は顧客のニーズを把握する必要性を認識している。購買データやサイトの訪問履歴、あるいはアンケート結果など、さまざまなデータを取得、保有しているだろう。しかし、カスタマー部門、製品開発部門、販促部門など、部門間の横の連携がとれていない縦割り体制であることが多い。そうなると、データもバラバラで活かしきれていないのが実情だ。顧客の声を吸い上げ、それを顧客体験に反映し、提供するまでに時間がかかり過ぎている。その過程のスピードアップを図ることが、市場で勝ち残る唯一の方法となるだろう。
 
 

スピードアップの早道は、顧客からのフィードバック機会を増やすこと

 
顧客からのフィードバック
 
では、企業はどのようにスピードアップしたらよいのか。製品やサービスを市場に出すまでのPDCAサイクルを早く回せばよい、と考えるのは早計だ。実はやり方にはコツがある。
 
典型的な製品やサービスの市場投入の始めには、まずできるだけ精度の高い計画を作ることが前提となっている。しかし、それでは売り手視点に立った計画になりやすく、市場に出した後の臨機応変な対応も難しい。顧客視点のフローに変えるには、顧客の声や反応を、頻繁に確かめることが重要となる。
顧客の声には、ポジティブで具体的な声もあれば、厳しいダメ出し、無反応まで様々だ。こうしたフィードバックは、いずれも製品と顧客ニーズとのギャップを埋めるために極めて役に立つ。顧客からのフィードバックを得る機会を増やせば、その分、改善機会も増やせるのだ。
 
 

小さなPDCAサイクルを素早く何度も回す「アジャイルアプローチ」

 
アジャイルアプローチ
 
そのためには、従来の単線型のPDCAサイクルをしっかりと回すのではなく、PDCAサイクルを短くして、そのサイクルを何度もすばやく繰り返すやり方が効果的だ。このアプローチは「アジャイル」と呼ばれる。市場環境の変化が激しい時代だからこそ、導入するべきアプローチと言えるだろう。
私たちが普段よく使う、モバイルアプリを思い出すと分りやすい。アプリのアップデートを促す通知が頻繁に来るのは、ユーザーにとってそのアプリがもっと快適に、便利になるよう、企業がリリース後も継続して機能改善を行っているからだ。新しい機能なども追って提供される。最初からすべてが揃った完全版のアプリをリリースするのではなく、まずは小さくスタートし、顧客の声を反映しながら進化させていくのだ。
 
結果的にはスピードアップにつながるし、予想外の変化が起きても市場とのギャップが広がらなくて済む。早く小さな失敗を積み重ねることで、軌道修正の機会を増やすことができるのだ。アプリの例ではこうして、市場ニーズにあった顧客体験を提供できる。
 
 

アジャイルアプローチを取り入れる利点は、スピードアップだけではない

 
組織のあり方や文化を見つめ直す
 
日本企業がいま改めて認識しなければならないことは、「いまや、自分たちが作りたいものや売りたいものを提供すれば、結果がついてくる時代ではない」ということだ。売り手視点の「プロダクトアウト」から、「マーケットイン」の考え方へ転換が求められているいま、アジャイルアプローチを取り入れることは、これまでのプロセスだけではなく、組織のあり方や文化を見つめ直し、進化させるきっかけとなる。
 
アジャイルな組織に変わるための必要性を感じたら、ホワイトペーパー『市場変化にすばやく適応するには マーケティング能力を高める5つのアプローチ』を、ぜひ参考にして欲しい。組織とマーケティングの関係に詳しい一橋大学の神岡太郎教授に、アジャイルな組織になるための5つのポイントを伺っている。組織を変革するために、メンバーはどのような意識を持つべきか、そしてリーダシップの在り方についても、理解の一助となるだろう。
 

おすすめ資料

関連資料
市場の変化にすばやく適応する競争力を育てるには
日本企業をとりまく市場の変化は非常に速く、消費者のニーズを的確に読み取り、最適な顧客体験をスピーディーに提供することが求められます。一橋大学 商学研究科 神岡太郎教授の取材協力のもと、マーケティングプロセスの高速化に取り組む方法を解説します。
 

優れた顧客エクスペリエンスを提供するために

効率的で安心できる基盤を構築したい

さらに詳しく ›

コンテンツマーケティングを効率化したい

さらに詳しく ›

 

 

顧客に最高のエクスペリエンスを提供する、包括的なソリューション

顧客を理解し、顧客を魅了するために、あらゆるデータとコンテンツを集約し、一人ひとりに最高のエクスペリエンスを提供します。
 

 

関連記事

 

顧客の志向を読み解き、感情を揺り動かすことが、最高の体験を生む
デジタルエコノミーの時代、企業はテクノロジーをどのように生かしライバルに差をつけるのか。その方向性を探るビジネスカンファレンス「Adobe Summit 2017」が3月、ラスベガスで開催された。基調講演より、企業が最重視すべき顧客体験の在り方について紹介する。
 

 

人工知能/機械学習で何が変わるのか――Adobe Sensei登場のインパクトを探る
人工知能が注目を集めている。さまざまなテクノロジーをビジネスに生かしてきた企業にとって、人工知能の活用は雲をつかむような話ではない。今回、「Adobe Summit 2017」で発表されたAdobe Senseiは、どのような意義をもち、どこがユニークなのか。人工知能の歴史から紐解く。
 

 

そのマーケティングは人工知能かもしれない
グローバルテクノロジー企業は、熱い視線をもって人工知能に投資を続けている。2016年、人工知能が熱く注目されていることは間違いないだろう。頭角を現しつつあるこの技術が、マーケティングの分野でどのような存在感を示しているかについて考察する。
 

 

  • Adobe Experience Cloud

    顧客に最高のエクスペリエンスを提供する、包括的なソリューション

    さらに詳しく