UNITE

 

 

 

 

 

顧客体験改善の第一歩:「カスタマージャーニーマッピング」がもたらす驚くべき5つのメリット

2017年07月11日

【POINT】
  • カスタマージャーニーマッピングのデザインに長けた企業は、顧客中心の思考を持っている
  • カスタマージャーニーに注目している企業は、していない企業よりもマーケティング投資の回収率が50%以上も高い
  • 自社ビジネスを顧客目線から見つめなおすことは、顧客によりよいサービスを提供する鍵となる

 

「カスタマージャーニーマッピング」で、顧客体験を改善

 
「カスタマージャーニーマッピング」で、顧客体験を改善
 
「カスタマージャーニーマッピング」に対する関心は高まっており、顧客体験の専門家だけでなく、あらゆるビジネスにおいて注目の話題となっている。
 
これは驚くべきことではない。カスタマージャーニーマッピングという手法には、顧客に関する知見を広げ、企業の内部効率を改善するフレームワークとしての実績がある。注目されるのは当然の話だ。実際、リサーチ企業のGartnerグループでは、社内にカスタマージャーニーマッピングをデザインする能力を設ける大企業の割合は、2015年の20%から、2018年までに60%に増加すると予想している。
 
もちろん、カスタマージャーニーマッピングは顧客体験を改善する唯一の方法ではない。しかし、「顧客体験改善のスタート地点」としてはうってつけの手法だ。設計と使い方を間違わなければ、顧客視点から自社のビジネスを見直すための強力なツールとなる。
 
適切に作られたカスタマージャーニーマップからは、顧客の要望、ニーズ、不満、改善の余地がどこにあるのかという点が、はっきりと見えてくる。カスタマージャーニーマッピングのデザインに長けている企業は、顧客中心の考えを持っている企業なのである。
 
 

カスタマージャーニー管理を実践する5つのメリット

 
カスタマージャーニー管理を実践する5つのメリット
 
まだカスタマージャーニーマッピングに取り組んでいない企業、あるいは、取り組み始めてはみたがフル活用には至っていない企業で、対応を急ぐべき根拠となる数字をいくつか紹介しよう。
 
テクノロジーサービス企業Aberdeenグループによるレポートでは、カスタマージャーニー管理プログラムを実践している企業と、していないすべての企業を、さまざまな側面で比較した結果を報告している。
 
カスタマージャーニー管理を実践している企業は、多くの利点を得ているが、このレポートでは以下の5つのメリットについて言及している。
 

(1) マーケティング投資の回収率(ROMI)が高い

購入者のジャーニーに注目している企業は、していない企業よりもマーケティング投資の回収率が50%以上も高い。
 

(2) ソーシャルメディアでの好意的なコメントが多い

当然ではあるが、カスタマージャーニーへの注目は、顧客体験の改善につながる。結果として、ソーシャルメディアでの好意的なコメントが25%近く多くなる。
 

(3) 顧客の口コミによる収益が高い

より優れた顧客体験は、よりポジティブな評判につながり、口コミからの収益が2.5倍以上にもなる。
 

(4) セールスサイクルが短い

セールスサイクル(コンタクトから購入までの平均時間)のスピードアップとは関係がないビジネスならば、この点は無視しても構わないが、カスタマージャーニー管理を行っていない企業のセールスサイクル短縮率は前年比0.9%だったのに比べ、行っている企業では16.8%を達成している。
 

(5) クロスセルとアップセルからの収益が大きい

クロスセル(関連商品の販売)とアップセル(上位商品の販売)で競合よりも55%も高い収益を得られる。
 
こうしたメリットこそ、カスタマージャーニー管理に急ぎ取り組むべき理由である。
 
 

カスタマージャーニー管理をはじめるために

 
カスタマージャーニー管理をはじめるために

 

カスタマージャーニー管理に取り組み始めるには、さまざまなやり方がある。カスタマージャーニーの知識を自社に取り入れていく方法について、まずは業界のエキスパートに話を聞いて見ることも、もちろん有用だ。
 
たとえば、顧客管理サービスを提供するMcorpCX は、ある大手生命保険企業で、カスタマージャーニーについての研修を行った。大企業らしく、集まったビジネスリーダーたちの職務は、幅広い分野に及んだ。高い関心を示し一番参加が多かったのは、企業に対してカスタマージャーニーマップを担う立場の業務部門のリーダーたち。その他にも、製品担当、コールセンター、投資管理、マーケティングといったさまざまな部署からの代表が集まった。
 
3日間の研修を終え、同社のビジネスプロセス管理VPは、以下のような感想を述べている。「なぜカスタマージャーニー管理というアプローチが効くのか、納得した。このプロセスは、我々の現行のソリューション定義と展開よりもずっといい結果を出し、何ヶ月分にもわたる時間と手間を省いてくれるだろう」
 
こうした反応は珍しくない。自社ビジネスを顧客目線から見つめなおすこと、すなわち「カスタマージャーニーを介した外からの目線」を持つことは、顧客によりよいサービスを提供する上で、大きな鍵となるのである。

 

おすすめ資料

関連資料
The Forrester Wave: クロスチャネルキャンペーン管理 2016年第2四半期
 
多様なチャネルをマーケティング活動に活用するのは複雑で大変な作業ですが、適切なツールを活用すれば、チャネルをまたいだキャンペーンも実行可能となります。「Adobe Campaign」はこの分野の「リーダー」であると評価されました。レポートではその理由が解説されています。
 

関連記事

 

2017年06月22日
カスタマージャーニーの最適化が成功するかどうかは、「マーケタージャーニー」にかかっている。これは、企業が真の顧客中心主義に向かう「社内改革の道のり」のことだ。マーケティングリーダーが自社のマーケタージャーニーの現状を評価するために役立つ、3つのチェックポイントを紹介する。
 

 

2016年11月17日
デジタル技術の進展により顧客と企業の関係は変わり、主導権は顧客のものとなった。企業は自らを新たな事業構造「エクスペリエンスビジネス」へと変革しなければならない。企業変革を推進するマーケティングリーダーが押さえるべき4つのポイントを挙げる。
 

 

2016年11月15日
カスタマージャーニーを本質的に理解するうえで非常に重要な考え方、それは、期待を上回る対応で顧客に喜んでもらうこと。快適な顧客体験へと導くために必要な3つの視点を、ブランド企業の事例を挙げながら見ていこう。
 

 

 

 

顧客に最高のエクスペリエンスを提供する、包括的なソリューション

顧客を理解し、顧客を魅了するために、あらゆるデータとコンテンツを集約し、一人ひとりに最高のエクスペリエンスを提供します。
 
  • Adobe Experience Cloud

    顧客に最高のエクスペリエンスを提供する、包括的なソリューション

    さらに詳しく