UNITE

 

 

 

 

 

2020年「常時接続時代」に向けて。CMOの新しい役割「コネクテッドマーケター」とは

2017年07月11日

【POINT】
  • 2020年までには、一人当たり10台のコネクテッド デバイスと、40のセンサーを所有するようになる
  • CMOが率いる企業は、リサーチ、データ、データサイエンス、行動経済、体験マッピングを積極的に取り入れていく必要がある
  • プライバシーは、21世紀が進むにつれ、マーケターにとって贅沢なものになっていく

 

コネクテッドマーケターとは

 
コネクテッドマーケターとは
 
デジタルに依存した現代人は今、「コネクテッド」時代を生きている。コネクテッドとは、常時ネットにつながった状態のことだ。我々は、スマホなどの端末を肌身はなさず携帯していないと気が済まない。そうしたなか、業界ではそろそろ「コネクテッド マーケター」が台頭してもいい頃だという声が上がっている。
CMOにとって、新しいこの役割には、マーケティングの専門知識だけではなく、「フィジカル(実体)」と「デジタル」を融合する力が求められる。フィジカルとデジタルは、今や一体であるからだ。
 
このコンセプトは、2017年1月にサンフランシスコで開催された第1回「コネクテッド マーケター サミット」で詳しく議論された。 マーケティング企業のmCordis および Connected Marketer Institute の共同創立者であるポール バーニー氏は、イベント冒頭で以下のように述べている。
 
「モバイル端末は、今や我々の脳の一部となり、常に端末に気をとられている状態が当たり前になった。コネクテッド時代の企業は、フィジカル体験とデジタル体験を同期していかなければならない」。
 
 

増え続けるデバイスとセンサー

 
増え続けるデバイスとセンサー
 
バーニー氏は、コネクテッド時代について、次のような洞察を披露している。
 
「2020年までには、一人当たり10台のコネクテッドデバイスと40のセンサーを所有するようになると予想されている。人の手が触れるすべての面がインタラクティブになり、『コネクテッド』を極めるブランド企業は、『フィジカル』『デジタル』『センサー』の3つを融合し、『感情的』な一体感を生み出すようになる」。
 
この新しい環境をフルに理解して対応していくため、CMOが率いる企業は、リサーチ、データ、データサイエンス、行動経済学、体験マッピングを積極的に取り入れていく必要がある。その上で、人々の生活において、どんな役割を果たすブランドを目指すのかを、決めていかなければならない。例えば、化粧品小売のSephoraは「キュレーター」、Amazonは「ガイド」、Googleは「側近」、Uberは「変革者」という役割を選んできた。
 
 

コネクテッド時代のカスタマージャーニー

 
コネクテッド時代のカスタマージャーニー

 

もちろん、カスタマージャーニーはもはや一直線ではない。これからのカスタマージャーニーと呼べるものは、どうなるのだろうか。これを理解するうえで必要なのは、まずはセグメンテーションである。その次にペルソナ(対象とするユーザー像)、そして最後に顧客のプロファイルだ。モバイルはこれらの実現手段となりえるが、まだ難しい作業であることには変わりない。
 
ビッグデータは、小さな決断に貢献し、一人ひとりにあったメッセージを、適切な場所とタイミングを選んで届けられるようになる。しかし、ブランド企業が本来なすべきは、顧客にサービスを提供することにこそある。サービス提供において欠かせないのが、「理解」「認識」「自動化」「パーソナライズ」「コンテクストの関連性」などのキーワードだ。データは顧客個人にとっての“価値”を生み出すために使われなければならない。また、YouTube、Amazon、Facebook、Apple、Starbucksなどのブランドが、顧客の期待値を一新した事実をマーケターは直視しなければならない。今は、個人一人ひとりが担うマーケティングの規模をいかに拡大していくか、という時代なのだ。

 

 

21世紀のプライバシーとは

 
21世紀のプライバシーとは

 

プライバシーに関しては、21世紀が進むにつれ、贅沢なものになっていく。個人情報は、「消費者に関するデータ」ではなく、「消費者が何を伝えようとしているかを表したデータ」になるだろう。個人情報の使用許可はプロセスであって、機会ではない。「サービス利用規約」に替わるものとして、「信頼規約」へのシフトを考えなければならないだろう。
 
最後に、バーニー氏は以下のように結んでいる。
 
「これからのマーケターは、データを捉えるとともに、その新しい使い方を見つけていかなければならない。サイエンスとアートを融合して新しい何かを創造する人、それがコネクテッドマーケターだ」。

 

おすすめ資料

関連資料
消費者を引き付ける一瞬の機会を逃さないために
 
いまや不可欠なモバイル顧客接点。この新たな競争の舞台において、企業はいかにメッセージを届けることができるのか。カスタマージャーニー全体におけるモバイルメッセージングの本当の価値、モバイル活用に求められる要件を解説します。
 
2017年07月11日
ロンドン ヒースロー空港は、「空港を訪れる旅行客=顧客に世界最高の空港サービスを体験してもらうこと」を目指し、webサイト「heathrow.com」の刷新など、さまざまな取り組みを行っている。その顧客体験改善事例を紹介する。
 

 

2017年06月22日
カスタマージャーニーの最適化が成功するかどうかは、「マーケタージャーニー」にかかっている。これは、企業が真の顧客中心主義に向かう「社内改革の道のり」のことだ。マーケティングリーダーが自社のマーケタージャーニーの現状を評価するために役立つ、3つのチェックポイントを紹介する。
 

 

2016年11月17日
デジタル技術の進展により顧客と企業の関係は変わり、主導権は顧客のものとなった。企業は自らを新たな事業構造「エクスペリエンスビジネス」へと変革しなければならない。企業変革を推進するマーケティングリーダーが押さえるべき4つのポイントを挙げる。
 

 

優れた顧客エクスペリエンスを提供するために

効率的で安心できる基盤を構築したい

さらに詳しく ›

コンテンツマーケティングを効率化したい

さらに詳しく ›

 

 

顧客に最高のエクスペリエンスを提供する、包括的なソリューション

顧客を理解し、顧客を魅了するために、あらゆるデータとコンテンツを集約し、一人ひとりに最高のエクスペリエンスを提供します。
 

 

デジタル時代の企業変革リーダーのための情報サイト「UNITE」最新記事へ

 

  • Adobe Experience Cloud

    顧客に最高のエクスペリエンスを提供する、包括的なソリューション

    さらに詳しく