アクセシビリティ

Adobe AIR 2.0 beta

2009年10月、米国ロサンゼルスで開催されたAdobe MAX 2009でAdobe AIRの次期バージョンが発表され、正式リリースの前に遂にAdobe AIR 2.0のパブリックベータ版がAdobe Labs*上で公開されました。AIR 2は、クロスプラットフォーム(Mac、Windows、Linux)で動作し、AIR 1と比べて更にOS機能と密接に統合されたバージョンになっています。

Adobe AIR 2で追加された主な機能:


Adobe LabsからAdobe AIR 2.0 betaのランタイムを入手し、日本や海外の開発者が作成したAIR 2 最新機能を使ったAIRアプリケーションをインストールして、デスクトップ向けRIA(Rich Internet Application)の世界をどのように変えて行くのか、一足先に体験してください!

Adobe AIR 2.0 Beta を入手する

Adobe Labs

Adobe AIR 2.0 の最新情報やパブリックベータ版のランタイム/開発者キット(SDK)、リリースノート(英語)、海外の開発者が作成したサンプルアプリケーションが無償で入手できます。Adobe Labsでは、Adobe AIR 2.0の他にも、Flash Player 10.1やリリース前のアドビ製品情報をキャッチできます。

日本人開発者が作成したサンプルアプリケーションや解説記事は以下で紹介していますので、是非ともご覧ください。



Adobe AIR 2.0 Beta サンプルアプリケーションを試す

日本で活躍する開発者が作成したサンプルアプリケーションで、AIR 2に追加される最新機能の可能性を体験できます。Adobe AIR 2.0 beta ランタイムをインストールしてからアプリケーションをお試し下さい。なお、ソースコードも公開されていますので、開発者の方は新APIの使い方の参考にしてください。

現在、Adobe AIR 1.xのランタイムがインストールされている場合はアンインストールしてから、Adobe AIR 2.0 beta のランタイムをインストールする必要があります。

 

Adobe AIR 2.0 Beta 関連記事を読む

Adobe Developer Center

AIR 2 サンプルアプリケーションを作成した開発者によるAdobe AIR 2 最新機能紹介がAdobe Developer Connectionに掲載されています。サンプルアプリケーションで使用しているAdobe AIR 2の新APIの記述方法を学べます。