アクセシビリティ

Adobe Photoshop CS4 / CS4 Extendedポータルサイト デジタル画像編集の新たな未来を拓く

新機能紹介

3Dモデルとプロパティの編集 新機能

効率的に3Dモデルを操作、編集、加工


ダイアログボックスを必要としない効率的なインターフェイスで、3Dモデルのマテリアルや照明などの編集、加工、操作を行えます。光沢や反射率を調整して質感を変化させたり、スポットライトやポイントライトなどの照明、メッシュの調整も可能です。3Dモデルのローカル座標と地面を示すグローバル座標を使用すれば、オブジェクトの向きやカメラの位置を簡単に決めることもできます。さらに、環境マッピングの調整も可能です。

Photoshop CS4 Extendedは一般的な3Dフォーマットを幅広くサポートしているので、OBJ、U3D、KMZ、Colladaの各形式の読み込みと書き出し、および3DS形式の読み込みが行えます。

この機能が使えるのは × Photoshop CS4 | ○ Photoshop CS4 Extended
あらゆる3D要素の編集が可能な3Dパネル

あらゆる3D要素の編集が可能な3Dパネル



警告このコンテンツを視聴するには Flash が必要です

このコンテンツを視聴するには、JavaScript が有効になっていることと、最新バージョンの Adobe Flash Player を利用していることが必要です。

今すぐ無償 Flash Player をダウンロード!

Adobe Flash Player を入手


新機能トップに戻る