包括的なデジタルマーケティング

Adobe Marketing Cloudは、デジタルマーケティングのあらゆるソリューションを統合した、業界で最も包括的な製品です。マーケティングコンテンツを利用、管理、パーソナライズするために必要な、あらゆる機能を提供します。また、顧客一人ひとりのインサイトをもとに、あらゆるチャネルをまたいで最良のエクスペリエンスをいつでも提供し続けることができます。

Adobe Marketing Cloud
優れたエクスペリエンスを管理

優れた顧客体験を実現

コンテンツやアセットを管理し、エンゲージメントを高め、エクスペリエンスを最適化します。
一つひとつの顧客体験をパーソナライズ

一人ひとりに合わせた対応

顧客一人ひとりに合わせて提供するコンテンツをパーソナライズし、体験を有意義なものにします。
カスタマージャーニーを調整

カスタマージャーニーを調整

顧客それぞれの関心に合わせたキャンペーンをクロスチャネルで展開し、相手を魅了します。

典型的な企業のニーズと、Adobe Marketing Cloudで解決できること

デジタルの活用が欠かせない今日のビジネス課題に対し、Adobe Marketing Cloudがどのように役立つか、具体的なユースケースでご覧ください。

Adobe Marketing Cloudユーザー事例

グローバルで71サイト30言語に及ぶWebエクスペリエンス基盤を構築、ブランドイメージ統一と地域性重視を両立させ、リッチで魅力的なサイトを実現しました。 
デバイスの多様化によるサイト更新の負荷をAdobe Experience Managerで軽減。サイト改善のPDCAを高速化し、コンテンツの鮮度を維持、顧客満足の向上に貢献しています。
モバイルファーストとグローバル規模でのデジタルアセット一元管理を同時に実現するCMS基盤としてAdobe Experiece Managerを選定。時間短縮とコスト削減に貢献しました。 

Adobe Marketing Cloudで実現できること

Adobe Experience Managerでコンテンツを管理

Adobe Experience Managerは、あらゆるアセットの管理、レスポンシブなサイトの構築、オンラインコミュニティの生成コンテンツ(UGC)の統合を支援します。

Adobe Campaignでチャネルをまたぐキャンペーンを実行

Adobe Campaignは、電子メールやモバイルアプリをはじめ、あらゆるチャネルでパーソナライズされたキャンペーンを展開します。

Adobe Targetであらゆる顧客体験をパーソナライズ

Adobe Targetは、テストを通じて最良なコンテンツをみつけ、適切なオーディエンスに最適な体験を提供してパーソナライズを推進し、データを成果に変えます。

Adobe Primetimeで動画を収益化

Adobe Primetimeは、一人ひとりに適した動画視聴体験を提供し、効率的に収益化します。

Adobe Socialでソーシャルマーケティングの価値を向上

Adobe Socialは、適切なソーシャルコンテンツを生成し、ソーシャルマーケティング効果の定量化に貢献します。

その他のソリューションについて

Adobe Advertising Cloud

Adobe Advertising Cloud

Adobe Analytics Cloud

Adobe Analytics Cloud

迫る2020年のカスタマーエクスペリエンスを読み解く

 

デバイスの多形化、人工知能、ビジネススタイルの変化。この3つのトレンドを押さえて先進企業を目指すために、いま始めるべきとは。

  • Adobe Cloud Platform:顧客体験の基盤

    コンテンツとデータを一元化する、業界唯一のプラットフォームです。アドビの人工知能(AI)とマシンラーニング(機械学習)を統合したフレームワークであるAdobe Senseiが組み込まれています。また、各機能を連動させるコアサービス、APIやパートナーによる拡張を可能にするAdobe I/Oも含まれています。これらは、様々なAdobe Experience Cloudのアプリケーションを効果的に統合するために役立ちます。
     
  • Adobe Cloud Platform:顧客体験の基盤

優れた顧客体験の構築をお考えですか

顧客志向への道筋:真に顧客の期待に応える組織になるための前提条件
モノ売りからコト売りへ――このような市場環境で企業が勝ち抜くため、「エクスペリエンス」を磨くことは企業にとって経営課題そのものになっている。企業が顧客と深く向き合い、理解するために、どのようなデジタルアプローチが必要なのか。
顧客の志向を読み解き、感情を揺り動かすことが、最高の体験を生む
デジタルエコノミーの時代、企業はテクノロジーをどのように生かしライバルに差をつけるのか。その方向性を探るビジネスカンファレンス「Adobe Summit 2017」が3月、ラスベガスで開催された。基調講演より、企業が最重視すべき顧客体験の在り方について紹介する。
人工知能/機械学習で何が変わるのか――Adobe Sensei登場のインパクトを探る
人工知能が注目を集めている。さまざまなテクノロジーをビジネスに生かしてきた企業にとって、人工知能の活用は雲をつかむような話ではない。今回、「Adobe Summit 2017」で発表されたAdobe Senseiは、どのような意義をもち、どこがユニークなのか。人工知能の歴史から紐解く。
それぞれの業界をリードする国内外のブランド企業が、アドビをビジネスパートナーとして選択しています。アドビのコミュニティの一員になることで、ソリューションだけでなく、さまざまな知見やベストプラクティスも共有できるからです。また広範なアドビのパートナーエコシステムにより、企業は既存投資を最大限保護しながら、戦略から運用までの幅広い支援を得ることができます。

デジタル時代の企業変革リーダーための情報サイト「UNITE」

 

市場環境が激変するなか、企業に問われているのがデジタル変革(デジタルトランスフォーメーション)の実践と深化です。そのためには、どのような視点が求められているのでしょうか。目的に向けて組織や戦略を一体化し、ビジネスとマーケティングのあり方を変革するための、トレンドやインサイトをお届けします。


さらに詳しく ›