電子メールマーケティングの最新トレンド

電子メールはマーケティング活動に不可欠なツールですが、効果的に活用できていない場合も少なくありません。電子メールキャンペーンの進め方を改善し、顧客に向けてより的確で効果的なキャンペーンを展開するにはどうしたらよいでしょうか。

現状を把握する

電子メールマーケティングを進化させるためには、現状を把握することが大切です。現状において最も効果的と思われる電子メールマーケティング戦略とはなんでしょう。

基本型

基本的な機能である、宛先リストの拡充、セグメント化、再アクティベーション、パーソナライゼーション、クロスセル、ロイヤルティプログラムなどに重点を置きます。

動的コンテンツ型

デジタルチャネルのインサイトを取り入れたり、顧客行動に応じて電子メールを自動配信したり、モバイルデバイス向けにレスポンシブで動的なコンテンツを配信したりします。

コンテクスト重視型

場所、日時、好みなどのコンテクスト情報を活用して時宜に即した電子メールコンテンツを配信し、顧客にとって魅力的なエクスペリエンスを提供します。

現在の電子メールマーケティングの有効性と優先事項を把握しましょう

電子メールマーケティングの最新インサイトを提供

アドビは電子メールマーケティングの最大手企業や一流アナリストと協力して研究開発を進めています。その中から価値あるインサイトや効果的な戦略をお客様に提供いたします。
 

最新のブログ記事をご覧ください。


基礎からの電子メール戦略

アドビは電子メールマーケティングに関する最新のWebセミナーやプレゼンテーションを公開しています。ご活用ください。
電子メールマーケティングのアートとサイエンス(英語)
電子メールの有効活用(英語)
Forrester Research:The Next Frontier of Email Marketing(電子メールマーケティングの新時代)(英語)

Adobe Campaignユーザー事例

JustAnswer、強力なデータを活用してキャンペーンを最適化
アドビのリソースを活用して顧客行動の把握とキャンペーンの最適化に取り組み、電子メールマーケティングの成果向上を実現した相談サイトの事例をご覧ください。

Elsevier、新たな発見にもとづくデジタルマーケティング戦略を展開
Elsevierは、科学技術分野を得意とする国際的な出版社です。同社はキャンペーンのやり取りをすべてひとつのアドビソリューションに標準化して、顧客エンゲージメントを向上させました。

従来の電子メール配信サービスは非効率的

従来の電子メール配信サービスは、高い価格と時代遅れの戦略が原因で成長の妨げになっています。Adobe Campaignを活用すれば、より多くの成果を上げることができます。

クロスチャネルマーケティングが「ロケット工学」ではない10の理由

顧客はそれぞれの好みによって異なる道筋を通ります。一人ひとりのカスタマージャーニーに沿ったコミュニケーションを行うには?
 

ビジネスの問題を解決する方法を紹介します。

電子メールのベストプラクティスに関するユースケースをお読みください。