異なるデータを統合顧客プロファイルにまとめる

オンラインでもオフラインでも、顧客に関するあらゆる情報を一元的に統合します。これにより、顧客の興味に即したパーソナライズされたメッセージを提供することができます。

顧客データの統合

オンライン/オフラインを問わず、あらゆるチャネルで発生するインタラクションを追跡し、ひとつのプロファイルに統合します。

パーソナライズされたマーケティング

顧客データを利用して、クロスセル、アップセル、ロイヤルティなどのプログラムを提供できます。

Adobe Experience Cloudとの統合

Adobe Experience Cloudの8つの製品をフルに活用し、顧客データを収集して総合顧客プロファイルを構築できます。

LA Kingsがスラップショット戦略でファン数を拡大

アイスホッケーチームのLA Kingsは、Adobe Campaignを利用しファンをあらゆる角度から把握することで、予算を低く抑えながら、オンラインでのシーズンチケットの更新件数を10%増加させました。
 
「多種多様なデータソースを統合して顧客をより深く理解するには、AdobeのオープンなAPIが不可欠でした。その上、これらのプラットフォームは、増大し続けるマーケティング関連の高度なデータを長期にわたってサポートしてくれます」
 
— Aaron LeValley氏(LA Kings、CRMディレクター)
 

顧客とのつながりを強化する3つのステップ

消費者と企業のエンゲージメントのあり方が変わったいま、新たなコミュニケーションのあり方が求められます。その概念とは何か、実現に向けた3つのステップをご紹介します。

統合顧客プロファイルの事例を見る

オンラインとオフラインのマーケティングチャネルを介して1対1のメッセージを配信する手法の有効性についてご説明します。